ビル・エヴァンスのResonance名盤が2枚組LPで嬉しい復刻

2019年12月06日 (金) 21:00

|

HMV&BOOKS online - ジャズ


毎回、ジャズファンが楽しみにしているResonance RecordsによるRECORD STORE DAY限定商品が、今年のBLACK FRIDAYにも2タイトルリリースされた。

Bill Evans / Live at Art D'Lugoff's Top of the Gate
まずは本命、ビル・エヴァンス。1968年、ヴィッレッジ・ゲイトの「階上」(2階)にあったトップ・オブ・ザ・ゲイト。最長の活動歴となったゴメス、モレルとの第二期トリオの最初期のライヴを捉えた作品『Live at Art D'Lugoff's Top of the Gate』が2枚組LPで登場。ジャズ・ファンの間で、すっかりおなじみとなったResonanceの原点的一枚でもある作品で、かつてリリースされていた45回転盤の3枚組は廃盤でもあり、嬉しい復刻だ。

『ポートレイト・イン・ジャズ』の中でも超名演とされる“枯葉”におけるブロック・コードを使ったお馴染のイントロ、またシンコペーションを多用して美しくもスリリングなソロを展開する演奏など、エヴァンス・ファンには嬉しい演奏を聴くことができる。一方、ライヴならではの、テンポの走りなどにはジャズの“生”な感じがあり、エキサイトしたパッションの証も感じられる。

録音はResonanceの社長であるジョージ・クラビンが担当。エヴァンスのマネージャーであったヘレン・キー ンと交流があったクラビンは、「新しいトリオが演奏するから、録音してほしい」とのリクエストをヘレンから直々に“受けて”機材を持ち込んで録音したとのこと。それを今や“ジャズ探偵”との異名も手にした(当時はまだ駆 け出しのプロデューサーであった)ゼヴ・フェルドマンが発見し作品化した。


Thad Jones - Mel Lewis Orchestra / All My Yesterdays:The Debut 1966 Recordings at the Village Vanguard
もう1タイトルは、1966年2月7日、世界のジャズの殿堂、ヴィレッジ・ヴァンガードで産声を上げた、サド・ジョーンズ=メル・ルイス・オーケストラ(通称サドメル)の誕生の時の音源と、その1ヵ月半後の演奏。当時の興奮と熱狂を現代に伝える奇跡の作品だ。

『Live at Art D'Lugoff's Top of the Gate』と同様、Resonanceの社長、ジョージ・クラビン氏自らが録音したもので、2月録音では6本のマイクを、3月録音では10本のマイクを立てて録音。音質が良好なのはもちろんのこと、ビッグバンドの魅力を描き出す臨場感も抜群。

サド・ジョーンズ、メル・ルイスはもちろんのこと、ピアノにはハンク・ジョーンズ、ベースにリチャード・デイ ヴィス、ペッパー・アダムスや、ジェローム・リチャードソン、スヌーキー・ヤング、そしてボブ・ブルックマイヤーなどなど、名だたるメンバーが集合。正にジャズの歴史を、NYで創り、今なお、現役で活動するバンドの貴重な記録。王道のスウィング・チューン、サドの十八番であるファンク、バラード、1960年代後半〜70年代前半に流行した独特なリズム…様々なグルーヴが次々登場し、豪華メンバーの演奏を多彩な切り口で楽しめる。

リリース情報


■Bill Evans / Live at Art D'Lugoff's Top of the Gate
発売日:11月29日(金) RECORD STORE DAY BLACK FRIDAY
※オンライン販売解禁は12月6日(金)
品番:HLP9012B
フォーマット:2LP(180g重量盤)
仕様:手書きシリアルナンバー入り、全世界4,000枚完全限定盤
マスタリング・エンジニア:バーニー・グランドマン/RTI

収録曲


Side A
1. Emily Take (4:46)
2. Witchcraft (5:44)
3. Yesterdays (5:07)
4. ‘Round Midnight (6:24)
Side B
1. My Funny Valentine (4:44)
2. California Here I Come (5:43)
3. Gone With The Wind (6:55)
4. Alfie (5:07)
Side C
1. Turn Out The Stars (4:37)
2. Yesterdays (4:48)
3. Emily (5:08)
4. In A Sentimental Mood (4:06)
5. ‘Round Midnight (6:26)
Side D
1. Autumn Leaves (5:30)
2. Someday My Prince Will Come (5:13)
3. Mother of Earl (4:21)
4. Here's That Rainy Day (5:15)

■Thad Jones - Mel Lewis Orchestra / All My Yesterdays:The Debut 1966 Recordings at the Village Vanguard
発売日:11月29日(金) RECORD STORE DAY BLACK FRIDAY
※オンライン販売解禁は12月6日(金)
品番:HLP9023
フォーマット:3LP(180g重量盤)
仕様:手書きシリアルナンバー入り、全世界3,000枚完全限定盤
マスタリング・エンジニア:バーニー・グランドマン/RTI

収録曲


Side A
1. Back Bone (13:21)
2. All My Yesterdays (4:22)
3. Big Dipper (5:51)
Side B
1. Mornin' Reverend (4:49)
2. The Little Pixie (14:24)
3. Big Dipper (Alt. Take) (5:44)
Side C
1. Low Down (4:38)
2Lover Man (Oh Where Can You Be?) (5:24)
3. Ah, That's Freedom (10:08)
Side D
1. Don‘t Ever Leave Me (4:28)
2. Willow Weep For Me (6:15)
3. Mean What You Say (5:51)
Side E
1. Once Around (12:44)
2. Polka Dots & Moonbeams (4:02)
3. Mornin' Reverend (5:49)
Side F
1. All My Yesterdays (4:24)
2. Back Bone (12:58)


%%message%%


ジャズのアナログレコード 最新リリース情報へ戻る

Bill Evans (piano)に関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る