KANDYTOWN メジャーデビュー前の作品と今年発表のデジタル限定作品をアナログ化

2019年11月07日 (木) 22:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス


世田谷をベースにする総勢16名によるクルー、KANDYTOWNが2015年に自身のレーベルであるKANDYTOWN LIFEからCDリリースしたグループとしての初のオフィシャル作品『BLAKK MOTEL』、そして2019年2月にデジタル限定でリリースしたEP『LOCAL SERVICE』の2タイトルが待望のアナログ化。ともに完全限定プレスでのリリースで『BLAKK MOTEL』はオリジナルCD音源をリマスタリングした2枚組仕様でリリース予定だ。



『BLAKK MOTEL』
世田谷をベースにする総勢16名によるクルー、KANDYTOWNがメジャー・デビュー前の2015年1月に500枚限定CDとして初めてリリースしたストリート限定のオフィシャル作品『BLAKK MOTEL』。そのCDは長きに渡って中古市場では数万で取り引きされるほどの人気&入手困難な状態が続き、先日新たにリマスタリングされてCDが再販されたことが話題となりましたが、まさかのアナログでのリリースも決定!翌2016年にリリースされるメジャー・デビュー・アルバム『KANDYTOWN』でも聴けるサンプリング主体とするサウンドをベースに、キャラの立ったMC陣が様々な組み合わせで聴かせてくれる全19曲を収録し、「His Game」(YOUNG JUJU、RYOHU、IO)や「ON ZA BOOGIE」(DONY JOINT、RYOHU、IO)といったライブでも人気の高かった曲を収録。完全限定プレスでのリリースにつき争奪戦必至。




『LOCAL SERVICE』
2016年11月にメジャー・デビュー・アルバム『KANDYTOWN』をリリースして以降、活発化するメンバーのソロ活動と並行して2017年の「1TIME4EVER」、2018年の「Few Colors」とコンスタントに楽曲リリースしてきたKANDYTOWNが2019年2月14日(メンバーである故YUSHIの命日)にサプライズでリリースしたEP『LOCAL SERVIC』が『BLAKK MOTEL』とともにアナログ化!サンプリング主体のビートメイカー、Kem制作のビートをNeetzが再構築したフレッシュなサウンドは『BLAKK MOTEL』期を彷彿とさせ、ミュージック・ビデオも公開されたRyohu、Masato、BSCによる「Till I Die」やGottz、KEIJU、MUDによる「Prove」等、すでにライブでもお馴染みな楽曲を収録。こちらも完全限定プレスでのリリースにつき争奪戦必至。


リリース情報


■ KANDYTOWN『BLAKK MOTEL』
発売日:2019年12月04日
品番:PLP-6956/7
フォーマット:2LP
仕様:オリジナルのCD音源をリマスタリング
封入特典:ジャケデザインのステッカー


■ KANDYTOWN『LOCAL SERVICE』
発売日:2019年12月04日
品番:PLP-6958
フォーマット:LP
仕様:レッド・ヴァイナル
封入特典:ジャケデザインのステッカー


メジャー1stアルバム
KANDYTOWN (4枚組/180グラム重量盤レコード)

LPレコード

KANDYTOWN (4枚組/180グラム重量盤レコード)

KANDYTOWN

価格(税込) : ¥5,280

会員価格(税込) : ¥4,752

発売日: 2017年07月26日


%%message%%

最新情報を受け取る


日本人アーティストのアナログレコード 最新リリース情報へ戻る

KANDYTOWNに関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る