ゲルギエフ&ミュンヘン・フィル/マーラー:交響曲第8番『千人の交響曲』

2020年01月17日 (金) 16:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


ゲルギエフ&ミュンヘン・フィル/マーラー:交響曲第8番

マーラーの大作、交響曲第8番が初演されたのは「ミュンヘン博覧会1910」と題された音楽祭でした。ほぼ4か月間に渡る大規模な音楽祭のメイン・イベントとして企画され、9月12日、13日ともに3000枚の切符が初演2週間前には売り切れたというほどの人気を獲得しました。もちろん初演は大成功。嵐のような熱狂が30分近くも続き、マーラーにとっても記憶に残る勝利の瞬間だったのです。
 この初演を担ったのが、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の前身であるカイム管弦楽団であり、以降、マーラーの第8番交響曲はオーケストラにとっても大切な作品となり、幾度となく演奏され続けています。とりわけ、2018/2019年のオーケストラ創立125周年記念シーズンでは複数回のコンサートが開催された中の一つで、フィルハーモニー・ド・パリでのライヴが、このアルバムに収録されたものとなります。
 『千人の交響曲』とも呼ばれるほど大規模な編成を持つだけでなく、至るところに複雑な対位法が仕組まれたマーラーの作曲技法が極限まで駆使されたこの作品、全てを掌握するのは指揮者にとても大変ですが、オペラを得意とするゲルギエフは、物語の流れを重視し、聴き手をぐいぐいと作品に引き込んでいきます。とりわけ第1部での厳格なフーガでの息を飲むような迫力はゲルギエフならではの仕上がり。第2部でもゲーテの「ファウスト」の最後の情景が迫真の響きで描かれていきます。独唱者、合唱、オーケストラ、全ての奏者たちの持てる力を集結した素晴らしい演奏です。(輸入元情報)

【収録情報】
● マーラー:交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』


 ジモーネ・シュナイダー(ソプラノ)
 ジャクリーン・ワグナー(ソプラノ)
 レグラ・ミューレマン(ソプラノ)
 クラウディア・マーンケ(メゾ・ソプラノ)
 カタリーナ・マギエラ(メゾ・ソプラノ)
 サイモン・オニール(テノール)
 ミヒャエル・ナジ(バリトン)
 エフゲニー・ニキーチン(バス)
 オルフェオン・ドノスティアラ合唱団
 アウグスブルク大聖堂少年合唱団
 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団&合唱団
 ワレリー・ゲルギエフ(指揮)

 録音時期:2019年2月17日
 録音場所:フィルハーモニー・ド・パリ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 マスタリング:クリストフ・スティッケル
200件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて