【映像】ティーレマン&SKD/シューマン:交響曲全集、東京ライヴ

2019年10月15日 (火) 15:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


話題の日本公演が遂に映像でリリース!
ティーレマン&ドレスデン、シューマン:交響曲全集


2018年秋にクリスティアーン・ティーレマンとシュターツカペレ・ドレスデンが行った、東京・サントリーホールでのライヴ映像がリリースされます。シューマンの交響曲を引き下げて北京、広州、マカオをまわったアジア・ツアーの最終地が日本公演でした。
 シューマンの交響曲は、ティーレマンにとっても初期の頃頻繁に取り上げていた重要な作品群。シューマンがクララと結婚した翌年(1841年)の春に初演され、シューマンが交響曲作家として踏み出した第1番。ライプツィヒからドレスデンに移り住んだ際に病の最中に完成した第2番。そしてケルン大聖堂にインスピレーションを受けて書かれたという第3番(出版順で3番となっていますが、事実上最後の交響曲)。第4番も、2番目に作曲されたましたが(1841年)、改訂版(1853年初演)が第4番として出版。クララの誕生プレゼントとして贈られたといいます。
 シュターツカペレ・ドレスデンの特徴である厚みと柔らかさを兼ね備えた弦楽器セクション、くすんだような独特の木管楽器の音色、そしてオペラで鍛えられている強固なアンサンブル。そこに、ティーレマンの推進力と圧倒的なエネルギーが加わった圧巻の演奏が繰り広げられています。
 ボーナスには、ティーレマンがシューマンの交響曲についてのインタビュー映像が含まれています。(輸入元情報)

【収録情報】
シューマン:交響曲全集


● 交響曲第1番変ロ長調 Op.38『春』
● 交響曲第2番ハ長調 Op.61
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.97『ライン』
● 交響曲第4番ニ短調 Op.120

 シュターツカペレ・ドレスデン
 クリスティアーン・ティーレマン(指揮)

 収録時期:2018年10月31日、11月1日
 収録場所:東京、サントリーホール(ライヴ)

● 特典映像:ディスカヴァリング・シューマン(ティーレマン、シューマン交響曲について語る)
 原語:ドイツ語、字幕:英韓日

 収録時間:182分(本編155分、特典27分)
 画面:カラー、16:9
112件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて