レ・パシオン・ド・ラーム/『ヴァラエティ』

2019年08月16日 (金) 16:45 - HMV&BOOKS online - クラシック


切れ味のある斬新なリズム的解釈によるオーストリア・バロックの弦楽器の清華
スイス、ベルン発の気鋭のピリオド楽器アンサンブルによるDHMへのアルバム第4弾


このアルバムは、オーストリアのバロック作曲家であるビーバー、フックス、シュメルツァーの3人の弦楽器のための作品を集めたものです。特に『パルティータ』(このアルバム内では、パルテ、パルティアとも)という形式にこだわっています。J.S.バッハ以降の18世紀ドイツにおいて「共通の主題やモチーフないしは情緒によって、統一性をもって構成された組曲」という意味ですが、ここに収録された作曲家が活躍した17世紀では「変奏曲」の意味でした。ヴァイオリンを中心とする弦楽器の鮮やかな技巧、スコルダトゥーラ(変則調弦あるいは特殊調弦)による響きの面白さ、作品に付された表題的な要素、打楽器の効果など、多彩な名技性が発揮された音楽が集められています。
 「レ・パシオン・ド・ラーム」は、4年間の入念な準備期間を経て、高度なピリオド楽器演奏と歴史的知識を持ったヨーロッパの奏者によってベルンで結成されたアンサンブル。楽団名の意味は、1649年に哲学者ルネ・デカルトによって執筆された著作物「情念論」から取られました。リーダーは、ベルン生まれでヨーロッパ各地の古楽音楽祭に出演し高い評価を得ているバロック・ヴァイオリニスト、メレット・リューティ。メンバーには、フライブルク・バロックオーケストラのメンバー、アントワープ音楽院教授、ベルン芸術大学の教授なども含まれています。このアンサンブルの鮮烈な演奏はたちまち話題となり、このアルバムでも、どれもがヴァイオリンの妙技による楽しい作品が盛り込まれ、華やかに演奏されています。なお、このアルバムに2曲が含まれているビーバーの『技巧的で楽しい合奏音楽』からのパルティアは、彼らのファースト・アルバムである「SPICY」にも含まれており、来年以降に発売される次作でも取り上げられ、この曲集の全曲の録音が完結することになります。(輸入元情報)

【収録情報】
● ビーバー:『宗教的、世俗的弦楽曲集』よりソナタ第3番
● ビーバー:『技巧的で楽しい合奏音楽』よりパルティア第1番ニ短調
● ビーバー:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第5番ハ短調よりパルテ I & II
● フックス:7声のロンドー
● ビーバー:『宗教的、世俗的弦楽曲集』よりソナタ第1番
● シュメルツァー:『1つの弦楽器のためのソナタ集』よりソナタ第3番ト短調
● ビーバー:『技巧的で楽しい合奏音楽』よりパルティア第5番変ホ長調


 レ・パシオン・ド・ラーム(ピリオド楽器アンサンブル)

 録音時期:2018年11月6-8日
 録音場所:オーストリア、フォアアールベルク州、ザンクト・ゲロルト修道院
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
『ヴァラエティ〜ビーバー、フックス、シュメルツァーのヴァイオリン作品による変奏の芸術』 レ・パシオン・ド・ラーム

CD輸入盤

『ヴァラエティ〜ビーバー、フックス、シュメルツァーのヴァイオリン作品による変奏の芸術』 レ・パシオン・ド・ラーム

価格(税込) : ¥2,592

会員価格(税込) : ¥1,776

まとめ買い価格(税込) : ¥1,633

発売日: 2019年09月13日

3件中1-3件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて