ナガノ/ムソルグスキー:『ボリス・ゴドゥノフ』1869年原典版

2019年08月09日 (金) 17:50 - HMV&BOOKS online - クラシック


ケント・ナガノがBIS初登場!
超充実の『ボリス・ゴドゥノフ』原典版!


SACDハイブリッド盤。ケント・ナガノがBISレーベル初登場です。それもムソルグスキーの歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』という、オペラをほとんど出さないBIS異例の演目に二度驚かされます。しかし演奏がBISと縁の深いエーテボリ交響楽団、また名作『ボリス・ゴドゥノフ』も珍しい1869年原典版ということで、このレーベルらしさ満載となっています。
 ムソルグスキーは1869年に『ボリス・ゴドゥノフ』を完成させ、帝室マリインスキー劇場委員会に提出するものの、上演を却下されます。その大きな理由は登場人物が男ばかりで、オペラの醍醐味であるヒロインの魅力や男女の悲恋が全くなく、男臭い歴史悲劇なのが受けないと判断されたためとされます。その意見を受け、ムソルグスキーは1871〜2年に大改訂を施し、ヒロインの悪女マリーナを登場させ、1時間ほど拡大させました。それが今日知られる版の中心ですが、ムソルグスキーの時代を先んじた天才性と狂気は1869年原典版にこそ最も強く現れています。
 これまでCDはゲルギエフとマリインスキー劇場、映像ではヴァイグレとバルセロナ・リセウ大劇場のものがあり、ケント・ナガノも2014年にBelAirレーベルからバイエルン国立歌劇場での映像をリリースしていました。そこでも当ディスクと同じアレクサンドル・ツィムバリュクがボリスを演じていますが、映像ではスーツとネクタイをキメた現代のサラリーマン風で、民衆が安部首相をはじめとする各国の首脳のポートレートを掲げ抗議するシーンが話題となりました。
 今回はその3年後、スウェーデンの団体との演奏ですが、演奏はさらに練れて説得力満点。ムソルグスキーの凄すぎる才能を全開、恋愛エピソードがなくともオペラ・ファンを満足させる魔力に満ちています。(輸入元情報)

【収録情報】
● ムソルグスキー:歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』1869年原典版 全曲


 ボリス・ゴドゥノフ:アレクサンドル・ツィムバリュク(バス)
 シュイスキー:マクシム・パステル(テノール)
 ピーメン:ミカ・カレス(バス)
 グリゴーリー:セルゲイ・スコロホドフ(テノール)
 警史:オレグ・ブダラツキー(バス)
 農夫ミチューハ:アントン・リュングクヴィスト(バス・バリトン)
 シチェルカーロフ:ワシーリー・ラデューク(バリトン)
 ワルラーム:アレクセイ・チホミロフ(バス)
 ミサイール/聖愚者:ボリス・ステパノフ(テノール)
 旅籠の女将:オッカ・フォン・デア・ダメラウ(メゾ・ソプラノ)
 乳母:マルガリータ・ネクラソワ(メゾ・ソプラノ)
 クセニヤ皇女:ハンナ・フサール(ソプラノ)
 フョードル皇子:ヨハンナ・ルドストレム(メゾ・ソプラノ)
 エーテボリ歌劇場合唱団
 ブルンスブー音楽学校合唱団
 エーテボリ交響楽団
 ケント・ナガノ(指揮)

 録音時期:2017年3月2-11日
 録音場所:エーテボリ、コンサートホール
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ&セッション)
 *演奏会形式上演のライヴをメインにセッションを部分編集

 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
70件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて