ブラウティハム/ベートーヴェン:変奏曲、バガテル、小品全集(6SACD)

2019年07月22日 (月) 17:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


鬼才フォルテピアノ奏者ブラウティハムによる
ベートーヴェンの変奏曲、バガテル、小品全集が遂にセットになって登場!


SACDハイブリッド盤。鬼才フォルテピアノ奏者、ロナルド・ブラウティハムは2003年から2015年にかけてベートーヴェンのピアノ独奏曲全曲録音を完成させました。既にピアノ・ソナタ全32曲(ピアノ独奏曲全集 Vol.1〜8)及び初期作品集(ピアノ独奏曲全集 Vol.9)を収めた9枚組のボックスはリリースされておりますが、ついに変奏曲、バガテル、小品全集(ベートーヴェン:ピアノ独奏曲全集 Vol.10〜15)を収めた6枚組のボックスがリリースされます!
 第10集から第15集は2010年よりスウェーデンのエステローケル教会にて毎年8月に録音し、2015年に全録音が完成に到りました。快活明瞭なアプローチが魅力のブラウティハムですが、当ベートーヴェンは作品年代に合った解釈で、当時の趣きを表現しております。
 楽器は作曲された時代のレプリカで、ポール・マクナルティ製作によるフォルテピアノを使用しております。マクナルティ製作の楽器を使用して演奏・録音していることについてブラウティハムは「マクナルティは古い楽器を研究して、それを新しく作り出してくれるという点だけでなく、彼の製作したレプリカを演奏していると、演奏解釈の面でも新しいインスピレーションを得ることができる」と語っており、ブラウティハムがイメージする最善の状態の楽器を使用することで、ごく自然な雰囲気を作り出していることがわかります。フォルテピアノによるベートーヴェンのピアノ独奏曲全曲決定盤です!(写真c Marco Borggreve)(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:変奏曲、バガテル、小品全集


Disc1 ピアノ独奏曲全集 Vol.10
● 7つのバガテル Op.33
● 11のバガテル Op.119
● 6つのバガテル Op.126
● アレグレット ハ短調 Hess69
● バガテル ハ長調 Hess73
● バガテル 変ホ長調 Hess74
● アレグレット ハ短調 WoO.53
● バガテル「楽しい - 悲しい」 WoO.54
● バガテル ハ長調 WoO.56
● バガテル ハ短調 WoO.52
● エリーゼのために WoO.59
● やや生き生きと WoO.60
● アレグレット ロ短調 WoO.61
● ピアノ曲ト短調 WoO.61a
● バガテル ハ長調 Hess57

 録音時期:2010年8月

あの「エリーゼのために」も収録しているピアノ独奏曲第10集。フォルテピアノで奏されると新鮮さもひとしおで、初めて聴くような印象を受けます。また、普段聴くことのできない初期作も多数含まれているのも秀逸です。
Disc2 ピアノ独奏曲全集 Vol.11
● ヴラニツキーの「森の乙女」のロシア舞曲による12の変奏曲 WoO.71
● グレトリーの「燃える情熱」による8つの変奏曲 WoO.72
● サリエリの「まさにその通り」による10の変奏曲 WoO.73
● ヴィンターの「子よ、おやすみ」による7つの変奏曲 WoO.75
● ジュスマイアーの「ふざけと戯れ」による8つの変奏曲 WoO.76
● 創作主題による6つの変奏曲 WoO.77
● エロイカ変奏曲 Op.35

 録音時期:2010年8月

ベートーヴェンは当時流行していたオペラの旋律に基づく変奏曲をたくさん残していますが、初期作品とはいえベートーヴェンらしさが横溢していて聴き応え満点。ブラウティハムの誠実かつエネルギッシュな演奏に魅せられます。
Disc3 ピアノ独奏曲全集 Vol.12
● ドレスラーの行進曲による9の変奏曲 WoO.63
● スイスの歌による6の変奏曲 WoO.64
● 「恋人よ来たれ」による24の変奏曲 WoO.65
● デッタースドルフの「赤ずきん」による13の変奏曲 WoO.66
● ヴァガノのメヌエットによる12の変奏曲 WoO.68
● パイジェッロの「田舎者の恋は何と美しく」による9の変奏曲 WoO.69
● パイジェッロの「うつろな心」による6の変奏曲 WoO.70

 録音時期:2011年8月

「ドレスラーの行進曲による9つの変奏曲」はベートーヴェン13歳の作で、後に「ディアベリ変奏曲」や第9交響曲の第3楽章等で魔術的な域にまで至る変奏曲という分野第1号という記念碑的作品です。「恋人よ来たれ」による24の変奏曲は演奏時間20分の大規模な作品で、後年の作風の萌芽が見られます。
Disc4 ピアノ独奏曲全集 Vol.13
● ロンド ハ長調 WoO.48
● ロンド イ長調 WoO.49
● ロンド 変ロ長調 Kinsky-Halm Anh.6
● ロンド ハ長調 Op.51-1
● ロンド ト長調 Op.51-2
● ロンド・ア・カプリッチョ「失くした小銭への怒り」Op.129
● エコセーズ 変ホ長調 WoO.86
● 6つのエコセーズ WoO.83
● アンダンテ「アンダンテ・ファヴォリ」 ヘ長調 WoO.57
● 幻想曲 Op.77
● ポロネーズ ハ長調 Op.89
● エリーゼのために(1822 年版)
● 最後の楽想 ハ長調(アンダンテ・マエストーソ) (1826)

 録音時期:2013年8月

ロンド集と「エリーゼのために」(1822年版)、「失くした小銭への怒り」を含む充実の小品集。フォルテピアノならではの温かみのある音とブラウティハムの研ぎ澄まされたタッチがこの名曲に新たな光を与えます。
 このほか、最後の楽想(原曲は弦楽五重奏のための冒頭のスケッチ)やアンダンテ・ファヴォリなど、演奏機会に恵まれない、しかし素晴らしい作品を名手によりその魅力を最大限に引き出してくれます。
Disc5 ピアノ独奏曲全集 Vol.14
● 創作主題による6つの変奏曲ヘ長調 Op.34
● 「ゴッド・セイヴ・ザ・キング」による7つの変奏曲ハ長調 WoO.78
● 「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲ニ長調 WoO.79
● 創作主題による32の変奏曲ハ短調 WoO.80
● 創作主題による6つの変奏曲ニ長調 Op.76
● 2つの前奏曲 Op.39
● フーガ ハ長調 Hess.64
● 前奏曲 ヘ短調 WoO.55
● メヌエット ヘ長調 WoO.217
● アルマンド イ長調 WoO.81
● アングレーズ ニ長調 WoO.212
● メヌエット 変ホ長調 WoO.82
● ワルツ 変ホ長調 WoO.84
● ワルツ ニ長調 WoO.85

 録音時期:2014年8月

ベートーヴェンはイギリスの歌による変奏曲を2篇作曲し、そのひとつがイギリス国歌が主題の「ゴッド・セイヴ・ザ・キング」による7つの変奏曲、もうひとつはアーンの仮面劇「アルフレッド」の主題を用いた「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲です。ベートーヴェンらしい見事な変奏曲です。
Disc6 ピアノ独奏曲全集 Vol.15
● ディアベリのワルツの主題による33の変奏曲(ディアベリ変奏曲)ハ長調 Op.120
● 6つの国歌による変奏曲 Op.105

 録音時期:2015年8月

シリーズ最終巻はディアベリ変奏曲と6つの国歌による変奏曲です。33もの変奏からなる長大な作品であるベートーヴェンの晩年の傑作『ディアベリ変奏曲』ですが、ブラウティハムのきらめくタッチと情感豊かな演奏で、48分半ほどの演奏はあっという間に感じられます。
 ロナルド・ブラウティハム(フォルテピアノ)

 録音場所:スウェーデン、エステローケル教会
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

SACDニュースへ戻る

22件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて