コジェナー&ラトル/『ソワレ』〜「わが母の教えたまいし歌」他

2019年07月11日 (木) 17:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


大注目盤、なんとラトルがピアノを演奏!
コジェナーと仲間たちによる珠玉の歌曲集
『わが母の教えたまいし歌』も収録!


SACDハイブリッド盤。これは驚きのリリース! ラトルがピアノ演奏でコジェナーとの夫婦共演が実現しました!
 『ソワレ(夕べ)』と題された当アルバムは夕刻から仲間たちとアンサンブルを楽しむというコンセプトで、コジェナーが絶大なる信頼を寄せる名手と珠玉の歌曲を歌い上げます。
 選曲も秀逸。ブラームス、ドヴォルザーク、ヤナーチェク、ショーソン、ラヴェル、R.シュトラウス、ストラヴィンスキーの歌曲をコジェナーとアンサンブルが温かみのある歌声と演奏で聴かせてくれます。また、ドヴォルザークでは『わが母の教えたまいし歌』も収録。コジェナーの母国であるチェコへの思いも感じられる注目の録音です。ラトルのピアニストとしてのデビュー盤であるとともに愛妻コジェナーが仲間たちと音楽を楽しんだディスクが完成しました。(輸入元情報)

【収録情報】
● ショーソン:終わりなき歌 Op.37 (1898)〜メゾ・ソプラノ、弦楽四重奏とピアノのための
● ドヴォルザーク:歌曲集〜メゾ・ソプラノ、フルート、クラリネット、弦楽四重奏とピアノのための(ダンカン・ワード編)

 1. 私の歌が鳴り響く、愛の賛歌(ジプシーの歌 Op.55, B.104 (1880)より第1曲)
 2. 大きくゆったりとした軽い亜麻の服を着て(ジプシーの歌 Op.55, B.104(1880)より第6曲)
 3. 私の心はしばしば痛み(4つの歌 Op.2 (1882)より第3曲)
 4. 草を刈る娘(民謡風の歌曲 Op.73, B.146 (1886)より第2曲)
 5. わが母の教えたまいし歌(ジプシーの歌 Op.55, B.104 (1880)より第4曲)
 6. 弦の調子を合わせて(ジプシーの歌 Op.55, B.104 (1880)より第5曲)
 7. おやすみ(民謡風の歌曲 Op.73, B.146 (1886)より第1曲)
● ブラームス:2つの歌 Op.91 (1863)〜メゾ・ソプラノ、ヴィオラとピアノのための
● ストラヴィンスキー:シェイクスピアによる3つの歌 (1953)〜メゾ・ソプラノ、フルート、クラリネットとヴィオラのための
● ラヴェル:マダガスカル島民の歌 (1925-26)〜メゾ・ソプラノ、フルート、チェロとピアノのための
● ブラームス:5つのオフィーリアの歌 WoO.22 (1873)〜メゾ・ソプラノと弦楽四重奏のための
● ヤナーチェク:韻ふみ歌 (1925)〜メゾ・ソプラノ、クラリネットとピアノのための
● リヒャルト・シュトラウス:明日! (1894)


 マグダレーナ・コジェナー(メゾ・ソプラノ)
 サー・サイモン・ラトル(ピアノ)
 ヴォルフラム・ブランドル(ヴァイオリン)
 ラヘル・リリング(ヴァイオリン)
 ユリア・デイネカ(ヴィオラ)
 ダヴィド・アドリヤン(チェロ)
 アンドリュー・マリナー(クラリネット)
 カスパル・ツェーンダー(フルート)

 録音時期:2017年7月
 録音場所:ベルリン、マイスターザール
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

 ディジパック仕様
『ソワレ』〜マグダレーナ・コジェナーと仲間たち サイモン・ラトル(ピアノ)、ヴォルフラム・ブランドル、ユリア・デイネカ、他

SACD輸入盤

『ソワレ』〜マグダレーナ・コジェナーと仲間たち サイモン・ラトル(ピアノ)、ヴォルフラム・ブランドル、ユリア・デイネカ、他

価格(税込) : ¥3,179

会員価格(税込) : ¥2,385

発売日: 2019年09月20日

SACDニュースへ戻る

59件中1-20件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて