南インド古典音楽『聴覚(Shravanam)』が逆向き再生仕様で初アナログ化

2019年07月18日 (木) 12:00

|

HMV&BOOKS online - ワールド


イタリア電子音楽のパイオニア、イル・グアディアノ・デル・ファロによる1979年アルバム『Oasis』。日本のフュージョン・ギタリスト、鳥山雄司による80年代前半の実験的なインスト楽曲を集めたコンピレーション『Choice Works 1982-1985』。大御所ビル・ラズウェルが手掛けたエチオピア人シンガー、ジジのデビュー作をラズウェル氏自ら2003年にダブ・リミックスしたアルバム『Illuminated Audio』の初アナログ化と、国境とジャンルを超越したリリースを続ける東ロンドンを拠点にした再発盤専門レーベル、Time Capsule の4作目は南インドの古典音楽に焦点を当てる。

2011年頃にこのアルバムを聞いて以来虜になったのが、レーベルプロデュースを務めるKay Suzuki。
「何と言ってもインド古典音楽の古いレコードにありがちな音質とは一線を画した00年のスタジオ録音の匠が冴えるこの高クオリティなプロダクションにまずヤられた。毎回聴く度にこんな小さなアンサンブルがこんなに宇宙的で広大な音景色を作り上げている事に驚かされる程、各音が精密に作り込まれている。難解な拍子のパーカッションの音は全てがクリアに聴こえていて、それぞれがどんぴしゃの位置空間とタイミングのポケットに収まっている。このグルーヴを追いかけるだけでも意識は時間を超越した空間に持って行かれるが、更にこのゴージャスなドローンの上に乗る彼女のゴスペル・シンガーにも通じるヴィブラートを聞いていると、まるで万華鏡の様にメロディの中に更に細かいメロディが聴こえて来るんです。」

Beauty & The Beats のDJの一人であり、社会学の大学教授でインド古典音楽にも造詣が深い Jeremy Gilbert 氏がライナーノーツでも述べている通り、彼女の卓越した技術に裏付けられた深い精神世界の表現力は、古典インド伝統音楽全てに共通する目的、すなわち神への献身により、全ての創造の瞬間に内包する美と、宇宙そのものが一体化するインド哲学の”梵我一如”の次元に、聴く者全てを導く力を秘めているのである。

リリース情報


ボンベイ・S・ジャヤシュリ 『聴覚(Shravanam)』
発売日:2019年6月28日(金)
品番:TIME004
フォーマット:LP
仕様:180g重量ヴァイナル/逆向き再生仕様(レコードの内側から外側へ向かって再生)
・ボーナストラック付、無料ダウンロード
・ベルリン在住アーティスト、ペトラ・ピータファイによるオリジナルアートワーク
・東ロンドン大学教授ジェレミー・ギルバートによるライナーノーツ
リマスター:クラウディオ・パサヴァンティ(Sunlightsquare / Doctor Mix)

収録曲


[Side A]
Sada Bala (Slokam) 1:43
Bhajeham Bhajeham 19:37
[Side B]
Kalimaheshwari 21:02
[Bonus Tracks (digital download)]
Keshvaya Namaha 10:11
Raghavam 9:46

オンラインでのご予約はこちら

聴覚 (Shravanam)(アナログレコード)

LPレコード

聴覚 (Shravanam)(アナログレコード)

ボンベイ S ジャヤシュリ

価格(税込) : ¥3,850

発売日: 2019年07月19日



こちらもご一緒にどうぞ


ワールドのアナログレコード 最新リリース情報へ戻る

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る