【全曲解説】 G-FREAK FACTORY 『FLARE/Fire』

2019年05月23日 (木) 17:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

全曲解説テキスト by 茂木洋晃(Vo)


今回のシングルはジャケット制作を地元の仲間に
ツアーゲストには地元のバンドも招いて行うことにしました。
自分たちなりの拘りを持ってリリースさせていただいた作品です。


1. FLARE


長いことG-FREAKはこういった質感の曲を前面に押し出して活動することを自然に遠ざけてきた気がします。メンバー全員が映える曲を作りたくて全員で手がけました。スタジオでは照れくささを帯同してましたが、制作が進むにつれて、直球を投げることしか知らなかった頃の投手のフォームに変化していったのはある意味びっくりしました。本当はMVも全員で作りたかったけど、原田の腰が爆発して、急遽一人での作品になったことも良い思い出としたいなと。


2. Fire


着火して欲しいと思える曲ができた。レコーディングを進める中でFireが生まれた時は明らかにスタジオの雰囲気が、そして士気が変わった瞬間でした。何よりバンドマンとして自分が飛べることを思い出させてくれました。“消す”力の方が圧倒的に強くなってきたような寂しさと虚しさに覆われた時代で、可能性を秘めた火は消えて欲しくないという思いから、この曲は手法や理屈とかでカテゴライズするものではなく、今俺が欲しいものを全部連れた会心の曲ができたんだと思います。


3. GOOD OLD SHINY DAYS

重苦しい世界観の2曲とは対照的に、今回のシングル3曲の中で一番馴染みやすい曲だと思います。この曲を表題曲に推すメンバーも居ました。日々めまぐるしく変わる時代の中で古き良き頃の感覚と、途中である今の環境や感情を歌に込めた曲です。G-FREAKは、過去に3曲入りシングルを製作した際はライブでなかなか演らない曲が混在していたものでした。しかし、ダブルA面から漏れはしましたが、この曲は自然と演奏頻度が高くなると感じています。



G-FREAK FACTORY 『FLARE/Fire』

GENRE:REGGAE ROCK, PUNK ROCK
バンドの本質を堂々と鳴らした令和初のダブルA面シングル
G-FREAK FACTORYの約11ヶ月ぶりになるシングル。「FLARE」はヘヴィなリフをアクセントにテンポ感のいいリズムで進んでいく。キメ細かなアレンジも聴きどころであり、約3分半の中に多彩な表情を封じ込めた1曲と言っていいだろう。メランコリックなイントロを配した「Fire」は、歌心を前面に押し出しつつ、ストリングスを効果的に導入。途中に挟まれるブルージーなギター・ソロも楽曲の哀感を炙り出していて、ストーリー性豊かな曲調に引き込まれてしまう。「GOOD OLD SHINY DAYS」は、朗らかな明るさが漂うナンバーだ。徐々にアップテンポになり、自然と身体が揺れ動く心地よさを運んでくれる。また、後半のコーラス・ワークもいい味つけになっている。
荒金 良介【ライター推薦】


FLARE/Fire 【初回限定盤】(+DVD)

CDシングル

FLARE/Fire 【初回限定盤】(+DVD)

G-FREAK FACTORY

価格(税込) : ¥1,760

会員価格(税込) : ¥1,584

まとめ買い価格(税込) : ¥1,584

発売日: 2019年05月15日

FLARE/Fire

CDシングル

FLARE/Fire

G-FREAK FACTORY

価格(税込) : ¥1,100

会員価格(税込) : ¥1,012

発売日: 2019年05月15日


G-FREAK FACTORY ライブ情報


激ロックxHMV 5月のレコメンド

激ロック×HMV&BOOKS online vol.74

5月は、G-FREAK FACTORY、Dizzy Sunfist、KHRYST+、Mardelas をクローズアップ。その他、レコメンド全8タイトルのレビューを公開。

HMV&BOOKS online-ジャパニーズポップス|2019年05月23日 (木) 17:00

%%message%%

「お気に入り登録」をして最新情報を受け取る

激ロック x HMV (2016〜)へ戻る

G-FREAK FACTORYに関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る