無人島 〜俺の10枚〜 【KERA 編】

2019年05月07日 (火) 15:41

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

約3年ぶりのソロ・アルバム『LANDSCAPE』を完成させた KERA が「無人島 〜俺の10枚〜 」に登場。多彩な参加ミュージシャンとともにビッグバンド編成で懐かしくも新しい世界をゴージャスに繰り広げた新作をナゴムレコードよりリリースした彼の選んだ10枚とは?



無人島 〜俺の10枚〜 【KERA 編】

P-MODEL 『パースペクティブ』

1982年にリリースされたP-MODELの4枚目。ジャケも音も彼らの最高傑作だと思う。当時バイトしていたコンビニの店内で大音量でヘヴィロテしていたらクビになった

▼オススメ楽曲
PERSPECTIVE
PERSPECTIVE II



デヴィッド・ボウイ 『LOW』

このアルバムがレコーディングされたというだけの理由で、私は90年代にやっていたユニット、LONG VACATIONの最初の一枚をベルリンのハンザ・トン・スタジオでレコーディングした。

▼オススメ楽曲
サウンド・オブ・ヴィジョン
ワルシャワ



ジャンゴ・ラインハルト 『ANTHOLOGY』

ジャンゴはSP盤時代の人なので、アナログ盤やCDは編集盤しか出ていない。私の作る舞台で最多使用曲は彼の曲だと思う。

▼オススメ楽曲




ビックス・バイダーベック 『Volume1: Singin' The Blues』

サッチモのライバルと目されていたビックスは1929年の世界大恐慌で全財産を失い、確か20代で亡くなった。おそらく2マイクの一発録りだ。なにもかも素晴らしい。

▼オススメ楽曲
Singin’ The Blues
I'm Coming Virginia

ヒカシュー 『うわさの人類』

P-MODELと並んで高校時代の私を夢中にさせたヒカシュー。2つ共、脱テクノ初期がいいんだよ。このアルバムもジャケからして抱きしめたくなる。

▼オススメ楽曲
うわさの人類
アウト・キャスト



Felix Kubin 『ZEMSTA PLUTONA』

独エレクトロニクスの奇人フェリックス・クビンを知ったのは最近のこと。洗練されぬヘンテコリンな楽曲の数々。彼が日本人だったら絶対ナゴムに誘っていた。

▼オススメ楽曲
Piscine R sonnez!



No Lie-Sense 『JAPAN’S PERIOD』

ここからの4枚は自分が携わる作品。これは鈴木慶一先輩とやっているユニットの二作目。ほかの誰がこんなアルバムを作れる?

▼オススメ楽曲
ミュータント集団就職
困ったの花
未来人街



ケラ&ザ・シンセサイザーズ 『BROKEN FLOWER』

ここ最近活動していないので解散したかのかと思われていたら心外。今のところの最新作である本作は、自分で言うのもなんだが、「LANDSCAPE」と並んで私の音楽歴の頂点かと。

▼オススメ楽曲
BROKEN FLOWERS
リスト
シャープさんフラットさん



有頂天 『カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ』

有頂天は再結成してからもう5年近く経つ。私は断固、無人島にもっていくなら昔の作品でなくて、この最新作だね。

▼オススメ楽曲
ニーチェズ・ムーン
カフカズ・ディック
懐かしさの行方



KERA 『LANDSCAPE(アナログ)』

コレを聴く為にわが家のアナログ盤を聴くシステムを格段にグレードアップした。問答無用の最高傑作。でも無人島でアナログ盤聴けるかな?

▼オススメ楽曲
LANDSCAPE SKA
キネマ・ブラボー
ケイト



無人島 〜俺の10枚〜 とは

音楽好きには、超定番の企画「無人島 〜俺の10枚〜」。なんとも潔いタイトルで、内容もそのまんま、無人島に持って行きたいCDを10枚チョイスしてもらい、それぞれの作品に込められた思い入れを思いっきり語ってもらう。ミュージシャンとしてルーツとなるもの、人生を変えた一枚、甘い記憶がよみがえる一枚、チョイスの理由にはそれぞれのアーティストごとに千差万別だ。

「無人島 〜俺の10枚〜」過去のアーカイブはこちら


KERA アルバム『LANDSCAPE』 商品情報

2019年5月8日発売


KERA、約3年半ぶりのソロアルバムが完成した。
「1920〜30年代のクラシカルなジャズの彼流の解釈」というコンセプトは前作『Brown, White & Black』から引き継がれたものだが、ビッグバンド編成の曲がグッと増えており、今の彼にしかなし得ない、懐かしくも新しい世界がゴージャスに繰り広げられている。


参加ミュージシャンも多彩。
まずは伏見蛍(ギター)、ヒカシューの坂出雅海(ベース)、佐藤真也(ピアノ及びキーボード)らお馴染みのメンバー。 ホーンセクションにはTRI4TH(トライフォース)から織田祐亮(トランペット)と藤田淳之介(サックス)、くるりからファンファン(トランペット)、近年KERAのソロ活動をサポートしてきた湯浅佳代子(トロンボーン)、ハラ ナツコ(サックス)、時々自動の鈴木光介(トランペット)、ロング・バケーション時代からの盟友である上石統ら、超豪華メンバー。
さらに、ともさかりえ、犬山イヌコ、峯村リエ(以上コーラス)、緒川たまき(ウクレレ、作詞)ら、KERAの演劇活動を支え続けてきた女優陣が参加。
特筆すべきは、かつてロング・バケーションで長くKERAと共に活動した中野テルヲが『キネマ・ブラボー』で楽曲提供していることだ。ライブでのゲスト共演を除けば、約25年ぶりのコラボとなる。

● KERA コメント

ある事情があってずっと手元になかった、幼い頃の写真を収めたアルバムを開いたことが、本作『LANDSCAPE』の方向性を決定づけた。
写真たちを眺めながら歌詞を書いた結果、これまでに無くパーソナルな音盤に仕上がった。
子供の頃飼っていた犬(親友だった)に捧げる歌が出来た。なけなしの小遣いを握りしめて映画館に通い詰めた小学生の自分に捧げる歌が出来た。20代の頃活動を共にした、ナゴムレコードの戦友たちに捧げた曲もある。
カバー曲も(BOOWYの『B.BLUE』を除けば)幼い頃、ジャズマンだった父がよく家で聴いていた曲ばかり。
こうしたセルフ・ポートレートのような作品を作っておくのも悪くないと感じている。
近年僕が作った演劇作品(『百年の秘密』『キネマと恋人』)からの楽曲も2曲収録されているから、きっとそちらのファンにも楽しんでもらえるはず。
前作もそうだったが、この度も、有頂天やシンセサイザーズでは絶対にできないし、やらない類の楽曲ばかりを収めている。鈴木慶一さんとやってるNo Lie−Senseならばやれないこともないが、あちらはもっとストレンジな音楽を目指している。
これもまた、あれらとは別の、極めて自分らしい音楽だと思っている。とてもとても愛おしい音楽だ。買って。
あ、それから、今回CDだけでなく、自腹でアナログ盤(2枚組)も作りました。CD未収録の曲が4曲入っており、バージョン違いもいくつか。ジャケも曲順も異なります。もちろんミックスも。
ぜひとも両方聴いてほしい。よろしくお願い。


先着特典

・缶バッチ

※CD盤のみの特典となります。
※特典は無くなり次第終了となります。ご購入前に必ず商品ページにて特典の有無をご確認下さい。

CD収録曲


  • 1. cheek to cheek
  • 2. 木の歌
  • 3. ビバップ・バトン・ビバップ
  • 4. ケイト
  • 5. stardust
  • 6. キネマ・ブラボー
  • 7. 食神鬼
  • 8. B-BLUE
  • 9. じんじろげ
  • 10. シリーウォーカー
  • 11. サンキュー
  • 12. 見上げてごらん夜の星を
  • 13. LANDSCAPE SKA

LANDSCAPE

CD

LANDSCAPE

ケラリーノ・サンドロヴィッチ (KERA)

価格(税込) : ¥3,240

発売日: 2019年05月08日


アナログ盤 収録曲


  • SIDE-A
  • 1 Stardust
  • 2 ケイト
  • 3 サンキュー
  • 4 キネマ・ブラボー
  • SIDE-B
  • 1 cheek to cheek(Take2)
  • 2 じんじろげ(LONG VERSION)
  • 3 見上げてごらん夜の星を
  • 4 LANDSCAPE SKA
  • SIDE-C
  • 1 木の歌
  • 2 ビバップ・バトン・ビバップ
  • 3 B・BLUE
  • 4 シリーウォーカー
  • SIDE-D
  • 1 アンパンとジャズ※
  • 2 食神鬼
  • 3 夢で逢いましょう※
  • 4 ベルリンレゲエ※
  • 5 サニー・グッジ・ストリート※
  • ※アナログ盤のみ収録曲

LANDSCAPE (2枚組アナログレコード)

LPレコード

LANDSCAPE (2枚組アナログレコード)

ケラリーノ・サンドロヴィッチ (KERA)

価格(税込) : ¥5,940

発売日: 2019年05月15日


ライブ情報

〜KERA ソロアルバム『LANDSCAPE』発売記念ライブ 2〜 ビッグ・バンド編

2019.8.25(日)
1stステージ 開場15:30 開演16:30
2ndステージ 開場19:00 開演20:00


【参加メンバー】
KERA(ボーカル)

伏見蛍(ギター)
佐藤真也(ピアノ/キーボード)
坂出雅海(ベース)
佐久間亮(ドラム)
杉山圭一(キーボード/マニピュレート)
湯浅佳代子(トロンボーン)
ハラ ナツコ(サキソフォン)
上石統(トランペット)
滝本尚史(トロンボーン)
副田整歩(サキソフォン)
和田充弘(トロンボーン)
MAKOTO(トランペット)
上原弘子(サキソフォン)
重住ひろこ(コーラス)


〜KERA ソロアルバム『LANDSCAPE』発売記念ライブ 1〜 スモール・ユニット編

出演:KERA
バックメンバー
伏見蛍(G.)
佐藤真也(P./Key.)
杉山圭一(Key.)


6月16日(日)
会場:渋谷 LOFT HEAVEN


%%message%%

「お気に入り登録」をして最新情報を受け取る

無人島 〜俺の10枚〜へ戻る

ケラリーノ・サンドロヴィッチ (KERA)に関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る