【全曲解説】 SHIMA 『BLAST』

2019年04月22日 (月) 19:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

全曲解説テキスト by YUSUKE HIKIDA(Gt/Vo)



1. I'M HOME

Let's BLAST!!!!


2. LINDAMAN


MVにもなっているアルバムのリード曲です。まずタイトルでリンダマンって誰やねん!ってなると思いますがそれは置いといて。もうリフの応酬&猛攻。刻みまくり。テンションブチ上がり中毒性ヤバめな曲です。目まぐるしい展開に乗り遅れるな!乗りこなせ!


3. すすれ-Re麺ber-


SHIMA初のシングルとして先にリリースされた曲です。みんな麺類好きでしょ?じゃーこの曲も好きだわ、絶対。ヘビーなリフにラーメン、ソーメン、スパゲッティ、チャンポン、うどん、そばが絡み合ってズルズル〜っと耳に入ってくる。食欲ない時食べやすい!元気がない時聴きやすい!アツいうちに爆音で召し上がれー!


4. VICE

この曲は一つのリフをちょっとずつ変化させながらこれでもかってくらい弾いてます(笑)。サビのバックですらリフの変化系という徹底ぶり!潔い!結成当初に作った曲のリアレンジですが、更にドライブ感とスピード感マシマシとなっております。ヤセっ!


5. BEER & DOG

個人的な嗜好を曲にしてバンドでやる。うーん、なんて贅沢なんだ。作曲者の特権ですな。大好きなビールと犬の曲です。犬の曲はこれで3作目。どんだけ好きやねん。シンガロングとシャウトの掛け合いから始まって、エッジーなリフから軽快なスカパンクへとなだれ込むご機嫌なパーティーチューン。ビールと犬でパーティーやー!


6. MUSIC

イーヤー!いっきなりのシャウト!音楽の起源ってたぶん原始的な雄叫びだよなーって思って作った曲。とにかくテンションMAXです。SHIMAでは珍しくギターソロもがっつり弾いてます。調子に乗ってワウなんて踏んじゃってますからね。もうイケイケです。でも最後のサビではどこか切ないメロディーとユニゾンがグッとくるという名曲です。で、ラストはやっぱりシャウトで〆るっていう(笑)。


7. BE MY FRIEND

すぐできました(笑)。今作のプロデューサーである猪狩とお酒を飲んでる時に“友達の曲とか作ってみたらどうですか?”って言われて次の日に作りました。シンプルでキャッチーでヘビーでラウド。んー、90年代のニオイがするー!某バンドとか某バンドのテイストを感じるー!ルーツから新しいモノを作るってサイコー!


8. TAKE A STEP FORWARD

SHIMAで初めて作った曲。この曲も今回リアレンジされております。曲中何度も力強く繰り返される“SHIMA GO!!”。この曲は歌詞も僕が書いてるんですけど、当時SHIMAを結成して夢と希望に満ち溢れている感じが歌詞にも出てますね(笑)。まさにポジティブパワー全開。当時の自分に改めて背中を押されました。ガンガンいこうぜ!


9. PPPP

ピンポンパンポンぶっとい滝だな〜。ってなんやねん(笑)!まじ意味不明(笑)!でもエガッチョが突如発したこのワードにビビッときちゃったんですよねー。“これは曲にしなきゃ!”って思ってこの曲を作りました。ヒキダ式ワード先作曲術です(笑)。言葉から曲が生まれる。いやー、言葉のパワーって素晴らしいですねー!


10. DOUGEN

SHIMAのメンバーが愛して止まないあるお店があるんですけど、好き過ぎて曲にしちゃいました。仮歌詞の段階から語呂感とか韻を踏むこととかに拘った曲です。この曲を作った時はそのお店の曲でしかなかったんですけど、最終的にエガッチョが含みを持たせた歌詞を付けた事で曲の世界がグッと広がりました。ラストのサビとかまじ壮大!愛だろ、愛っ!


11. KOMATSU NAMI

僕、小松菜のお浸しをよく作るんですけど、ある日メンバーと飲んでる時に作ったらエラく好評で。後日エガッチョに“こんな曲作って欲しいとかある?”って聞いたら、“小松菜美味しいって曲”と“RANCIDの「Ruby Soho」みたいな曲”って言われて作ったんですけど、お浸しと同じくらいすぐにできました(笑)。しみじみ美味い、そんな優しい味付けの曲です。


12. WE ARE SHIMA

この曲はアルバムの1曲目として作りました!アルバムの始まりにふさわしい勢い溢れる曲になったと思います!って、アルバムの12曲目になっとるやんけ!ん、でも待てよ。最後にこの曲が来るとなんかこれからの始まりを予感させるやん!決意表明って感じするやん!この曲こそアルバムの締めにふさわしい曲でした。This is the right way!迷わず行けよ、行けばわかるさ!


SHIMA 『BLAST』

GENRE:PUNK, MELODIC HARDCORE
猪狩秀平(HEY-SMITH)プロデュースで起きた化学変化
破壊力抜群の脳天直撃盤が完成

北九州発の4人組の2ndアルバムがとにかく素晴らしい。今作も前作に続きHEY-SMITHの猪狩秀平(Gt/Vo)をプロデューサーに迎え、新しいSHIMAサウンドを引き出すことに成功。もともと好きだったメタルやハードコアなどのエッセンスに、EGACCHO(Vo)ワールド炸裂の独自の言語センスが合わさり、それらが絶妙な配分で楽曲に散りばめられた。硬派マシマシ、おふざけ要素はちょっと控えめにした曲調はどれもライヴ映え抜群の凄まじい熱量に満ち溢れている。全体的にヘヴィさは格段にアップしているのだが、結果的にキャッチーな魅力も高まっており、聴き応え十分の脳天直撃盤と言えるだろう。PANTERAなどを手掛けてきたHowie Weinbergのマスタリングも文句ナシのクオリティ!
荒金 良介【ライター推薦】

ご購入はこちら

BLAST

CD

BLAST

SHIMA

価格(税込) : ¥2,592

発売日: 2019年04月17日


%%message%%

最新情報を受け取る

激ロック x HMV (2016〜)へ戻る

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る