ゴウラリ/『Elusive Affinity』

2019年04月16日 (火) 12:03 - HMV&BOOKS online - クラシック


芸術を通して広がる音楽のつながりと影響を探求するゴウラリECM3枚目のアルバム

ロシアのピアニスト、アンナ・ゴウラリはECMで3枚目となる、この想像力に富み、きめ細かく演奏されたアルバムで、芸術を通して広がる音楽のつながりと影響についての探求を行っています。
 ここでは3つの現代音楽が聴けます。アルフレート・シュニトケの『5つの格言』は友人であるヨシフ・ブロツキーの詩から受けた衝動を描いています。ロディオン・シチェドリンの『日記 - 7つのピアノ作品集』はゴウラリに献呈され、彼女の演奏に霊感を受けており、一人のピアニストと作曲家の人生を反映しています。ヴォルフガング・リームの追悼が並ぶ『Zwiesprache』は、音楽学者のアルフレート・シュレーとハンス・ハインリヒ・エッゲブレヒト、指揮者のパウル・ザッハー、芸術・社会学者のヘルマン・ヴィースラーに捧げられています。これら一連の作品の間に、ギヤ・カンチェリの劇と映画からの2つの小品、そしてアルヴォ・ペルトの初期のティンティナブリ様式の『アリヌーシュカの癒しに基づく変奏曲』があります。
 芸術の関係性に関するゴウラリの研究は、ヴェネツィアの作曲家アントニオ・ヴィヴァルディとアレッサンドロ・マルチェッロの作品からのバッハ編曲に囲まれる形になっています。ポール・グリフィスはライナーノーツに次のように書いています。「アンナ・ゴウラリはこれらのバッハの緩徐楽章も、私たちのものにした。そして新しい音楽のほうは大切に育てられ、元気を与えられている」。(輸入元情報)

【収録情報】
● J.S.バッハ:ラルゴ(協奏曲ト短調 BWV.975〜第2楽章、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲 RV.316による)
● シュニトケ:5つの格言 (1990)
● カンチェリ:ピアノ小品 第15番
● シチェドリン:日記 - 7つのピアノ作品集 (2002)
● ペルト:アリヌーシュカの癒しに基づく変奏曲 (1977)
● リーム:Zwiesprache (1999)
● カンチェリ:ピアノ小品 第23番
● J.S.バッハ:アダージョ(協奏曲ニ短調 BWV.974〜第2楽章、マルチェッロのオーボエ協奏曲 S.Z799による)


 アンナ・ゴウラリ(ピアノ)

 録音時期:2018年1月29-31日
 録音場所:ドイツ、ノイマルクト・イン・デア・オーバープファルツ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
『Elusive Affinity〜バッハ、シュニトケ、カンチェリ、シチェドリン、ペルト、リーム』 アンナ・ゴウラリ

CD輸入盤

『Elusive Affinity〜バッハ、シュニトケ、カンチェリ、シチェドリン、ペルト、リーム』 アンナ・ゴウラリ

価格(税込) : ¥2,808

会員価格(税込) : ¥2,127

まとめ買い価格(税込) : ¥1,826

ご予約商品 - 2019年05月24日 発売予定

4件中1-4件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて