新年号「令和」の発表で売れている本

2019年04月02日 (火) 15:45

|

HMV&BOOKS online - 文芸


「令和」を記念したステッカー(150枚以上)とクリアファイル、
さらに元号や日本の成り立ちをわかりやすくまとめたスペシャルBOOKのセットです。

新しい元号は「令和」

祝! 令和 ステッカー&クリアファイルBOOK

祝! 令和 ステッカー&クリアファイルBOOK

価格(税込) : ¥842

ご予約商品 - 2019年04月 発売予定


作品紹介
日本人の祈りの心が込められた「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味を持つ元号
●世の中の空気を変える改元
●好景気をもたらす改元
●元号の選定
●憲政史上初となる事前の元号公表
●元号に使用される漢字と出典
元号の変遷は社会を映し出す鏡
●元号とはそもそも何か?
●「令和」を含めて248ある日本の元号
●改元のタイミング
●2ヶ月の短命で終わった元号
●同時期に2つの元号が存在
●ハレー彗星の出現で改元
●新元号を誤報した号外?!
●数十年に渡って法的に根拠がなかった「昭和」

「昭和」の復興期から「平成」早見年表
昭和、平成の日本を彩った出来事

新年号「令和」から万葉集に注目が集まっています!

「令和」は、 梅の花の歌、三十二首の序文「初春の令月にして気淑(よ)く風和(やわら)ぎ 梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き 蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす」という意味があり、その出典は『万葉集』であることから、これまで中国の古典からの出典が多かった慣習から、今回初めて日本の古典から引用されたことで万葉集に今熱い注目が!!

新年号の由来本が『万葉集』だとわかって、あらためて万葉集読んでみたい! とはいえ、調べてみたらたくさん出ていて何から読めばいいの?という方に。 こんな選び方はいかがでしょう?

いま売れている本

いま売れている「万葉本」【1】

万葉集 ビギナーズ・クラシックス 角川ソフィア文庫

万葉集 ビギナーズ・クラシックス 角川ソフィア文庫

角川書店・編

価格(税込) : ¥734

発行年月: 2001年11月


作品紹介
メディア紹介で大反響1200年目のベストセラー
「初春の令月にして、気淑風和ぐ」新元号の出典「梅花の宴」序文を収録。原文も現代語訳も総ルビ付きですらすら読めるビギナー向け「万葉本」。さまざまな階層の人々が自らの心を歌ったわが国最古の歌集「万葉集」から名歌約140首を選び丁寧に解説。参考歌を含めて約200首を収録。参考情報を付しながら、歌に託した万葉人のさまざまな思いがよくわかるように構成。原文も現代語訳も総ルビ付きで、朗読にも最適。

いま売れている「万葉本」【2】

万葉の秀歌 ちくま学芸文庫

万葉の秀歌 ちくま学芸文庫

中西進編

価格(税込) : ¥1,728

発行年月: 2012年07月


作品紹介
宮廷の貴族が、秘めた愛や篤き友情を詠み交わした「相聞歌」。防人が異国の地で望郷の想いをうたった「防人歌」。農民が戯れに紡いだユーモアあふれる「東歌」。古えの日本の心を豊かに伝えてきた『万葉集』全4500余首より珠玉の252首をセレクト。万葉研究の第一人者があらゆる地域、階層の万葉人の心に寄り添い、歌に隠された数々のドラマや四季折々の日本の風景に想いを馳せながら、丁寧に味わい、深く読み解く。巻一から二十まで順を追って辿り、それぞれの巻の歴史的背景や、用語などの基礎知識を学びつつ鑑賞できる『万葉集』解説の決定版

いま売れている本 【3】

万葉集 日本の古典をよむ

万葉集 日本の古典をよむ

小島憲之 / 木下正俊 / 東野治之

価格(税込) : ¥1,944

発行年月: 2008年04月

作品紹介
1300年前に誕生した日本最古の歌集『万葉集』全四千余首より、代表歌317首を収録。生きる歓び、人生の哀しみ、恋、そして別れ――。はじめて日本語で歌をうたう若々しさが全篇に溢れる。 生きる歓び、人生の哀しみ、恋、そして別れ―。日本語でうたう喜びにあふれた若々しき万葉の歌声。歌の魅力をそのままにわかりやすい現代語訳と解説ですらすらよめる新編集。

「万葉本」「令和」関連の新刊

著者から選ぶ


著者紹介
万葉学の第一人者、中西進 博士
東京出身。久松潜一に学び、30代で博士論文『万葉集の比較文学的研究』により1963年第15回読売文学賞受賞。以後日本古代文学の中国文学との比較研究を始める。漢字本文・現代語訳・注を収めた、文庫『万葉集』のテキスト講談社文庫『万葉集』(全4冊と万葉集事典1冊)を編集。研究・評論も多く著書は100冊を超える。
作品紹介
『万葉集』は日本人の心の古典であり、貴族から庶民に至る各階層が、見事に謳いあげた、世界に比類なき民族詩の金字塔である。いま、その万葉を、原典との照応が一目理解できるよう、原文、読み下し文、全訳、語注をそろえ、万葉学の第一人者である中西進博士がその蘊蓄を傾けて贈る。


著者紹介
1882(明治15)年、金瓶村(現上山市金瓶)の守谷熊次郎の三男に生まれる。医者を目指して96年、東京にいる同郷の斎藤家に寄宿。東大医学部を卒業して精神科医の道に進んだ。一方で伊藤左千夫に師事して1908年の「アララギ」創刊に参加、13年の第1歌集「赤光」で注目されて以降、生涯アララギの中心的存在として活躍した。51年に文化勲章受章。53年没。昨年亡くなった作家の北杜夫氏は次男。
(出典:朝日新聞掲載「キーワード」より)

現代風に万葉集の世界を知りたい


内容紹介
折口信夫は、『万葉集』の全体を当時の読者にも親しんで読めるようにした。さらに口述による現代語訳で古代の人々の思いが篭った歌を直に味わうという、画期的な試みをおこなった。本書により『万葉集』は、広く国民に愛読される古典となった。
・上巻:巻第一〜巻第七まで(解説:持田叙子)
・中巻:巻第八〜巻第十二まで(解説=安藤礼二)
・下巻:巻第十三〜巻第二十まで(解説=夏石番矢)

令和にちなんでこんな本までベストセラーに

日本人として知っておきたい憲法をトコトンやさしく!

オールカラー マンガで楽しくわかる日本国憲法 ナツメ社やる気ぐんぐんシリーズ

オールカラー マンガで楽しくわかる日本国憲法 ナツメ社やる気ぐんぐんシリーズ

川岸令和

価格(税込) : ¥1,296

発行年月: 2019年01月


新年号とともに「平成」に思いを馳せる

特別付録は新元号「令和」の朝日新聞の号外

ドキュメント 新天皇誕生 AERA (アエラ)2019年 5月 22日号増刊

ドキュメント 新天皇誕生 AERA (アエラ)2019年 5月 22日号増刊

AERA編集部

価格(税込) : ¥1,300

ご予約商品 - 2019年05月15日 発売予定

内容紹介
新天皇と皇后雅子さま、愛子さま、秋篠宮ご一家を含む「新しい天皇家」の歩みとこれからを、 AERAや朝日新聞のよりすぐりの記事や写真に新たな取材を加えてつづる保存版です。 私たちが初めて体験する天皇の生前退位と即位の2日間を完全ドキュメントで展開するほか、 退位と即位の儀式から一般参賀に至るまで、一連の行事をグラビアに収めます。 「新天皇と皇后が作る新しい皇室」をテーマにした識者の特別インタビューも必見。 退位する天皇、美智子さまを含めた3世代の天皇家のグラビアもたっぷり収録します。

本でこの30年を振り返ってみました

【特集】平成時代を彩った名著

私たちにとって「平成」とはどんな時代だったでしょうか。5月1日からいよいよ「令和」へと新しい年号でスタート。「平成」のこの30年を本で振り返ってみました。

HMV&BOOKS online-文芸|2019年04月10日 (水) 20:00

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る