ハーデリッヒ/ブラームス、リゲティ:ヴァイオリン協奏曲

2019年02月19日 (火) 15:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


アウグスティン・ハーデリッヒ/ブラームス、リゲティ:ヴァイオリン協奏曲

アウグスティン・ハーデリッヒは1984年イタリアで生まれ、5歳からヴァイオリンを始め、7歳からステージに立ち、神童として名を馳せました。15歳で火事により医者も見放すほどの全身火傷を負い、一度は演奏家生命どころか生命までをも危ぶまれたものの、20回の手術を乗り越え見事に復帰したのです。2006年のインディアナポリス国際コンクールで、圧倒的な実力を見せつけて優勝。その後世界中のオーケストラと競演。2008年1月にはカーネギー・ホールでデビュー、ニューヨーク・タイムズでも絶賛されています。2016年には「デュティユー作品集」でグラミー賞を受賞しています。2018年にワーナーより発売した『パガニーニ:24のカプリース』では「痛切な音色、ヴァイオリンの限界に迫る表現、既成概念を超えた名演」と高い評価を得ています。
 ブラームスのこの曲には、内面的な独白を演じるような部分も多く、その部分のフレーズにはそれぞれ意味があり、その内容に合った音が求められます。ハーデリッヒの演奏はそれを大事にしたもので、押さえ気味の丁寧な音で全体を演奏していきます。3楽章では溌剌とした演奏が多い中、あふれ出る喜びの旋律を抑制しており、いままで読み取られなかったブラームスの音楽がここに録音されています。
 戦後現代音楽最大の巨匠のひとり、リゲティによる難曲『ヴァイオリン協奏曲』でも、ハーデリッヒの演奏はブラームスに準じています。抑制された運弓、禁欲的で落ちつきをもった演奏は、独特な孤独感と悲愴感が感じられるものです。このリゲティをハーデリッヒが演奏するために、トーマス・アデスがあらたに書いたカデンツァが使用されています。(輸入元情報)

【収録情報】
● ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77
● リゲティ:ヴァイオリン協奏曲


 アウグスティン・ハーデリッヒ(ヴァイオリン)
 ノルウェー放送管弦楽団
 ミゲル・アルト=ベドヤ(指揮)

 録音時期:2017年5月30日〜6月2日(ブラームス)、2018年9月3-7日(リゲティ)
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

15件中1-15件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて