アントン・バタゴフ/『BIG MY SECRET〜ピアノ・リサイタル 2017』

2019年02月18日 (月) 00:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


BIG MY SECRET〜アントン・バタゴフ/ピアノ・リサイタル

個性派ピアニスト、バタゴフのライヴ・アルバム。前半ブゾーニ編曲版バッハのコラール前奏曲(トラック4、6、8、10)には、コラール旋律に基づく前奏を付与するなど独自の編曲も加え、ゆったりとしたテンポで作品の深淵を覗きこむような、バタゴフならではの個性的な解釈。動きのあるラモーやブルとの好対比を聴かせます。そして後半はマイケル・ナイマンの映画音楽という、がらっと変わった趣向。自身も映画音楽の作曲家として活躍するバタゴフらしく、独特なテンポ運びとメリハリのある進行で、純粋な音楽としての作品の素晴らしさを引き出しています。両プログラムを繋ぐようなモーツァルトの、沈鬱にして美しい表情も聴きものです。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1

1. ラモー:プレリュード(クラヴサン曲集第1集 RCT1より)
2. ブル:ガリアルダ
3. ラモー:ラ・リヴリ(コンセールによるクラヴサン曲集より)
4. J.S.バッハ:『目覚めよと呼ぶ声あり』 BWV.645
5. ラモー:ラガサント(コンセールによるクラヴサン曲集より)
6. J.S.バッハ:『来たれ、異教徒の救い主よ』 BWV.659
7. ラモー:内気 - 第1ロンド(コンセールによるクラヴサン曲集より)
8. J.S.バッハ:『我汝の名を呼ぶ、主イエス・キリストよ』 BWV.639
9. ラモー:内気 - 第2ロンド(コンセールによるクラヴサン曲集より)
10. J.S.バッハ:『主なる神よ、いざ天の扉を開きたまえ』 BWV.617
11. ラモー:軽はずみなおしゃべり(コンセールによるクラヴサン曲集より)
12. モーツァルト:幻想曲 ニ短調 K.397/385g(バタゴフの即興による終結)

 4,6,8,10:ブゾーニ編曲、バタゴフ補編曲

Disc2
ナイマン:
1. フライ・ドライヴ(「キャリントン」)
2. アトラクション・オブ・ザ・ペダリング・アンクル(「ピアノ・レッスン」)
3. 羊飼いにまかせとけ(「英国式庭園殺人事件」)
4. ビッグ・マイ・シークレット(「ピアノ・レッスン」)
5. ヒア・トゥ・ゼア(「ピアノ・レッスン」)
6. あの時芽生えた気持ち(「ピアノ・レッスン」)
7. ディープ・スリープ・プレイング(「ピアノ・レッスン」)
8. シルバー・フィンガード・フリング(「ピアノ・レッスン」)
9. ロスト・アンド・ファウンド(「ピアノ・レッスン」)
10. シープ・アンド・タイズ(「数に溺れて」)
11. 楽しみを希う心(「ピアノ・レッスン」)
12. 時の流れ(「ZOO」)

13. モーツァルト:幻想曲 ハ短調 K.475
(アンコール)
14. J.Sバッハ/シロティ編:前奏曲 ロ短調 BWV.855a

 アントン・バタゴフ(ピアノ/Steinway D)

 録音時期:2017年12月13,15日
 録音場所:モスクワ国際音楽堂
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
7件中1-7件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて