プリンス・バスターのコンピ『Let’ s Go To The Dance』からのシングルカット第2弾決定

2019年01月23日 (水) 12:50

|

HMV&BOOKS online - ワールド


世界中のスカ・ロックステディ愛好家をうならせたプリンス・バスターのコンピ『Let’ s Go To The Dance』からのシングルカット第2弾リリースが決定した。 入手困難なオリジナル盤はもちろん、これまでロッカシャッカからリリースされた7インチも再発にもかかわらずオークションでは高値で取引される貴重なリリース。レアなだけではない、男気と哀愁のつまったプリンス・バスター・プロデュースによる珠玉のロックステディが嬉しいシングル化。

<第2弾作品 3タイトル>

side-A : Prince Buster / All My Loving
side-B : Righteous Flames / You Don't Know

ロッカシャッカより以前リリースした7インチもすでにオークションで4万円を超える、バスターのなかでも 最も人気があり、かつ入手困難なキラーロックステディ「All My Loving」(ビートルズのカバー)。 カップリングはライチャス・フレイムスがスタジオ・ワンに残したレア・ロックステディの別バージョン。

side-A : Larry Marchall / Suspicion
side-B : Larry Marchall / Broken Heart

ラリー・マーシャルのレア・ロックステディ2曲、オリジナル・カップリングでの再発。 「Suspicion」はエルビス・プレスリーのアルバムに収録され、その後1964 年にテリー・スタフォードにより 全米ヒットとなった楽曲。ラリー・マーシャルのスピリット溢れる歌声が胸に迫る。

side-A : Freddie McKay / Giving You Try Girl
side-B : Freddie McKay / Red Eye Girl

後にスタジオ・ワンで名声を得るフレディー・マッケイの初期レコーディング。洗練されすぎず、曲にぴったりと ハマったボトムライン、そしてフリーダム・シンガーズがスタジオ・ワンに残したレア・チューン「パヤカ」を 彷彿させるバッキングボーカル。「レッド・アイ・ギャル」と「ギヴィング・ユー・ア・トライ・ガール」は カップリングでリリース、イギリスではブルー・ビートより。レーベル付きのコピーはレアである。

9件中1-9件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて

Prince Busterに関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る