ブルゾンちえみ スーパーキャリアウーマン役で声優初挑戦 上川隆也&山本耕史がエリート兄弟役に『ジオストーム』

2017年11月08日 (水) 11:00

|

HMV&BOOKS online - 洋画 , HMV&BOOKS online - 映画・TV , HMV&BOOKS online - 芸能(お笑い)

ジェラルド・バトラー主演、ディーン・デブリン監督(『インデペンデンス・デイ』)が<天候を操る気象コントロール衛星の暴走が地球に引き起こす超異常気象>を描いた、人々の想像を遥かに凌ぐディザスター・アクション大作『ジオストーム』が2018年1月19日(金)に全国公開となる。

その日本語吹き替え版声優の豪華キャストが発表となった。

主人公の優秀な科学者で気象コントロール衛星の開発者、ジェイク・ローソン役(ジェラルド・バトラー)に俳優の上川隆也、ジェイクの弟で国務省職員のマックス役(ジム・スタージェス)に俳優の山本耕史が決定。兄弟でありながら正反対の性格で、互いに敵対しながらも協力して地球の危機に立ち向かう兄弟を演じる。上川は洋画実写での吹き替えは初めてで、名実兼ね備えた実力派俳優の兄弟役が実現し、吹替え版への期待度が高まる。

さらに、山本が吹替えを務めるマックスの恋人で、女性シークレット・サービス・エージェントのサラ役(アビー・コーニッシュ)には、なんとブルゾンちえみが大抜擢。今年大ブレイクを果たし、お笑いだけではなくドラマ出演など多方面で活躍するブルゾンが挑戦するのは、素晴らしい美貌の持ち主でありながらも大統領の緊急事態には男性顔負けの銃捌き&カーチェイスを見せる“スーパーキャリアウーマン”。“35億” ならぬ、“70億人の命” を救うため、ジェイクら科学者たちによる宇宙班と、マックス&サラの地上班はともに地球を守るために立ち上がる。

ブルゾンちえみを起用した理由について、ワーナー・ブラザース担当者は「本作のヒロイン・サラは、柔和なそのルックスとは裏腹に、大統領の緊急事態に男性顔負けの銃捌きとカーチェイスを見せます。そんな役ですから、いま日本中の誰もが憧れるスーパーウーマンは誰かと考えた時に、男女ともに大人気で、キュートで艶のある声をお持ちのブルゾンちえみさんを真っ先に思い浮かべました」とコメント。ますますの活躍に期待がかかる。

上川隆也コメント(ジェイク・ローソン役)

気象を支配する事に成功した人類に襲いかかる、想像を超える天変地異。この未曾有の危機に果敢に挑む主人公の声を吹き替えさせて頂く事になりました。ジェラルド・バトラー演じるジェイクの魅力を日本語でも伝えられる様、精一杯務めたいと思います。

山本耕史コメント(マックス役)

この大きなプロジェクトに参加できて光栄です。僕が演じるマックスと兄のジェイク演じる上川さんとの兄弟関係、そしてブルゾンさんが演じるサラと恋人でもあるので、ご一緒できるのを楽しみにしております。アフレコはこれからになるので精一杯頑張ります。

ブルゾンちえみコメント(サラ役)

私は、映画を観ている時間が一番好きなので、吹き替えのお仕事ができるのは夢のようです!私が演じるのは、女性シークレット・サービスという、まさにキャリアウーマン!上川さん、山本さん、そしてブルゾンという、男2、女1 の、お得意の構図で、今回も、頑張ります!

『ジオストーム』は2018年1月19日(金)より全国ロードショー。

作品概要


『ジオストーム』

監督:ディーン・デブリン
脚本:ディーン・デブリン&ポール・ギヨー
出演:ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、アレクサンドラ・マリア・ララ、ダニエル・ウー、エウヘニオ・デルベス、エド・ハリス、アンディ・ガルシア
全米公開:2017年10月20日
配給:ワーナー・ブラザース映画

STORY

世界中が度重なる自然災害に悩まされている中、全世界の天候を制御する気象コントロール衛星が開発され、世界の天候は完璧に管理されていた。ところが、ある日、衛星が暴走を始めた!リオデジャネイロが寒波に、香港が地割れに、ドバイが洪水に…想像を絶する空前絶後の災害が勃発!地球滅亡の絶体絶命の危機、残り時間90分。なぜ!?地球はどうなる!?その時、科学技術者、ジェイクは仲間と共に地球の危機に立ち向かう。

2018年1月19日(金) 全国ロードショー


© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

%%message%%


山本耕史に関連するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る