トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > オペラ > ロスバウトの『モーゼとアロン』世界初CD化

ロスバウトの『モーゼとアロン』世界初CD化

2016年12月12日 (月)


シェーンベルク:『モーゼとアロン』世界初演ライヴ(2CD)
ハンス・ロスバウト&北西ドイツ放送交響楽団


シェーンベルク最大の問題作『モーゼとアロン』世界初演時の緊迫感あふれるライヴ。20世紀の初演魔ロスバウドの怜悧な棒捌きが冴えわたる空前の演奏、オリジナル・マスターからついに世界初CD化。
 十二音技法を用いて1930年〜32年にかけて作曲されたオペラ『モーゼとアロン』。本来は全3幕の予定でしたが、第3幕は台本が書かれたのみでオペラとしては未完。第2幕までは完全にオーケストレーションが施されています。当録音はシェーンベルク最大の問題作であり演奏至難なことで知られていた『モーゼとアロン』の世界初演時の貴重なライヴ・レコーディング。世界中のファンから待ち望まれた世界初CD化です。
 これは現代音楽の権威として知られ、生涯に173作品の世界初演を成し遂げたオーストリア出身の名匠ハンス・ロスバウト[1895-1962]による最大の録音遺産でもあります。第2次大戦後のドイツではシェーンベルク作品の復活上演がなされるようになり、1951年夏、ダルムシュタットの「国際現代音楽夏季講習」において、ようやくこの未完のオペラの第2幕第3場『金の仔牛のロンド』がシェルヘン指揮によって初演されました(その成功を伝える電報をロザンゼルスの病床で受け取った作曲家は2週間後に死去)。戦前からシェーンベルクのオーケストラ曲を積極的に取り上げ、1950年代にはシェーンベルクのエキスパートとなっていたロスバウトも、この『金の仔牛のロンド』を2年後のベルリン芸術週間で、ベルリン・フィルを指揮して取り上げています。そしてついに、当時現代音楽の強力なプロモーターであったハンブルクの北西ドイツ放送(NWDR)が演奏会形式による世界初演を決定し、シェルヘンらの協力によって楽譜の作成も行なわれ、歌手の選定も行なわれました。
 しかし初演を指揮することになっていたハンス・シュミット=イッセルシュテットは公演の1週間前になって事故で倒れ、急遽ロスバウトに指揮が要請されたのでした。ロスバウトは1週間でこの難曲のスコアを頭に入れ、リハーサルで演奏者をまとめ上げ、世界初演を大成功に導いたのでした。公演の模様は放送でヨーロッパ各地に届けられ、この作品の意義を伝えることに貢献したのでした。初演に立ち会ったシェーンベルクの未亡人ゲルトルードは演奏に感激し、ロスバウトに亡夫の指揮棒をプレゼントしたほどでした。そしてその3年後の1957年6月6日にはチューリッヒ歌劇場で舞台上演による初演もロスバウトが指揮しています。
 1954年のハンブルクでの世界初演のライヴ・レコーディングをそのままLP化した当盤は、チューリッヒ歌劇場で舞台上演による初演が行なわれたのと同じ1957年に、コロンビア・レコードからLP3枚組で発売されました(K3L-241)。日本では1970年にシェーンベルク全集の一環としてLPで発売されています(SONC15055-7)が、これまで全曲がCD化されたことはありません。語り役のモーゼはグラーツ出身のバス歌手、ハンス・ヘルベルト・フィードラーで、3年後のチューリッヒの舞台上演でも同役を歌っています。アロン役のヘルムート・クレプスはベルリン・ドイツ・オペラで長年活躍しバッハの受難曲やカンタータの録音でも知られるテノール。この2人の主役を中心によくまとめられた歌手陣、ロスバウトの研ぎ澄まされた怜悧な指揮によって、この作品の独自の価値が余すところなく表現し尽くされている点が聴きものです。この『モーゼとアロン』は、ベルクの『ヴォツエック』(ミトロプーロス指揮)、『ルル』(ヘフナー指揮)、ストラヴィンスキー『エディプス王』、『放蕩息子の遍歴』(ストラヴィンスキー指揮)などの20世紀の大作オペラの録音をLP初期に既に発売していたコロンビア・レコードの矜持を示す歴史的名盤ともいえましょう。
 世界初CD化、オリジナル・マスターテープよりリマスター。ブックレットは簡単なあらすじのみで(欧文)、歌詞・対訳は付いておりません。(輸入元情報)

【収録情報】
● シェーンベルク:歌劇『モーゼとアロン』全曲


 ハンス・ヘルベルト・フィードラー(語り/モーゼ)
 ヘルムート・クレプス(テノール/アロン)
 イロナ・シュタイングルーバー=ヴィルトガンス(ソプラノ/少女)
 ウルズラ・ツォッレンコプス(メゾ・ソプラノ/病める女)
 ヘルムート・クレッチュマー(テノール/若い男、裸の若者)
 ホルスト・ギュンター(バリトン/一人の男)
 ヘルマン・リート(バリトン/エフライムの徒、祭司)

 【4人の裸体の処女】
 ドロテア・フェルスター=ゲオルギ(ソプラノ)
 カルラ・マリア・フェッファー=デューリング(メゾ・ソプラノ)
 アンナ・マリー・タム(メゾ・ソプラノ)
 シャルロッテ・ベクテ(コントラルト)

 【6つの声(オーケストラの中から)】
 ドロテア・フェルスター=ゲオルギ(ソプラノ)
 マリア・ヒューガー(メゾ・ソプラノ)
 ウルズラ・ツォッレンコプス(メゾ・ソプラノ)
 ハルトヴィヒ・シュトゥクマン(テノール)
 ホルスト・シェルマン(バス)
 エルネスト=マックス・リュール(バス)

 ハンブルク音楽大学合唱団(燃える荊の繁みの声)
 アドルフ・デーテル(合唱指揮)
 北西ドイツ放送合唱団
 マックス・トゥーン、オットー・フランツェ(合唱指揮)
 ケルン放送合唱団
 ベルンハルト・ツィンマーマン、オットー・マイアー(合唱指揮)

 北西ドイツ放送交響楽団*
 ハンス・ロスバウト(指揮)

 録音時期:1954年3月12日
 録音場所:ハンブルク
 録音方式:モノラル(ライヴ)

 演奏会形式による世界初演のライヴ・レコーディング
 *初出LPおよび当CDでは、当時の名称を反映して「北ドイツ放送管弦楽団(Orchestra of the Norddeutscher Rundfunk)」と表記されています。(輸入元情報)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

『モーゼとアロン』全曲 ハンス・ロスバウト&北西ドイツ放送交響楽団、ハンス・ヘルベルト・フィードラー、ヘルムート・クレプス、他(1954 モノラル)(2CD)

CD 輸入盤

『モーゼとアロン』全曲 ハンス・ロスバウト&北西ドイツ放送交響楽団、ハンス・ヘルベルト・フィードラー、ヘルムート・クレプス、他(1954 モノラル)(2CD)

シェーンベルク(1874-1951)

価格(税込) : ¥2,420
会員価格(税込) : ¥906
まとめ買い価格(税込) : ¥906

発売日:2017年01月13日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です