トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > オペラ > パヴァロッティの『リゴレット』(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

パヴァロッティの『リゴレット』(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

2016年9月27日 (火)

ご購入はこちら


ヴェルディ:『リゴレット』(2CD+ブルーレイ・オーディオ)
ルチアーノ・パヴァロッティ、シェリル・ミルンズ
リチャード・ボニング&ロンドン交響楽団


長年デッカのバランス・エンジニアを務めるフィリップ・サイニーが、アビー・ロード・スタジオで新たにリマスター。2枚のCDに加えて、ブルーレイ・オーディオ・ディスクには24bit音源を収録。パッケージはオリジナル・デザインによるハード・カヴァー・ブック仕様で、リブレット、あらすじ、オリジナル・ライナーノーツ、レアな写真などが掲載されています(英・独・仏語のみ)。
 タイトルロールのリゴレット役をミルンズが過剰なまでの表現でドラマティックに演じる一方、悲劇の直接的原因となるマントヴァ公役はパヴァロッティが朗々と歌い上げ、不幸なジルダ役はサザーランドがまるで器楽のようなピュアな音色で儚く美しく聴かせます。

【パヴァロッティ・プロフィール】
ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti)さんは、1935年10月12日、北イタリアのモデナに、パン焼職人でアマチュア・テノール歌手でもあった父親のもとに生まれました。同郷の名ソプラノ、ミレッラ・フレーニとは幼なじみで、同じ乳母によって育てられたという逸話は有名です。父親とともに地元のコーラスで歌い、師範学校を卒業後、声楽をテノール歌手アッリーゴ・ポーラに師事しています。
 1961年、レッジョ・エミーリアでおこなわれた声楽コンクールで優勝し、同年の4月29日、同地の市立劇場で『ボエーム』のロドルフォ役を歌ってオペラ・デビューを飾ります。このロドルフォ役はパヴァロッティの十八番となり、1963年のウィーン国立歌劇場とロンドンのロイヤル・オペラ・ハウス、1965年のミラノ・スカラ座へのデビューもこの役でした、1964年には英デッカ社にオペラ・アリア集を録音、レコード・デビューも果たしています。アメリカへは1965年に進出(マイアミ)、1968年にはニューヨークのメトロポリタン歌劇場に、やはりロドルフォ役でデビューしています。
 1972年2月、メトロポリタン劇場で上演されたドニゼッティの歌劇『連隊の娘』に出演、パヴァロッティはトニオ役のアリアでハイC(高いハ音)を9回、苦もなく歌って喝采を浴びて名声を決定付け、「キング・オブ・ハイC」という異名をとるに到りました。
 80年代からは音楽コンクールを主催し、若手声楽家の育成にも乗り出しました。
 90年代以降の活動はオペラの領域を越えて展開。ニューヨークのセントラル・パークやロンドンのハイド・パークでの大規模な野外コンサートなども実現させ、ポピュラー歌手を思わせる音響設備の使用や高額な入場料でも論議を呼びましたが、音楽をより広い聴衆へ伝えようとするその活動は衰えることがありませんでした。有名なものでは、1990年7月、サッカー・ワールド・カップ決勝前夜のローマでプラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスとともに特設舞台に立った、いわゆる「3大テノール」公演の大成功があげられます。この公演は、1994年、1998年、2002年のワールド・カップでもおこなわれました。
 70歳になる2005年10月での引退を表明、日本では2004年に引退コンサートをおこないましたが、2006年2月にはトリノ冬季五輪の開会式に登場、これも十八番の「誰も寝てはならぬ」を歌って健在ぶりをアピール。4月からはヨーロッパでの「さよならツアー」が始まりましたが、6月に膵臓がんと診断されて中断。7月に手術を受けるものの、2007年9月6日、モデナの自宅にて腎不全により亡くなりました。

【サザーランド・プロフィール】
ジョーン・サザーランド(サザランド)は、1926年11月7日は、オーストラリアのシドニー郊外ポイントパイパーに誕生。幼少のころから歌うことが大好きだったサザーランドは、メゾソプラノの美声の持ち主でもあった母から歌の手ほどきを受け、のちにシドニー音楽院に進んで本格的に声楽を学び、1947年、演奏会形式上演での『ディドーとエネアス』で歌手デビュー。その後、ロンドンの王立音楽アカデミーでも学び、1952年、『魔笛』の第一の侍女役でロイヤル・オペラ・ハウスにデビューします。
 当初は、『仮面舞踏会』のアメリア役や、『フィガロの結婚』の伯爵夫人役、『魔弾の射手』のアガーテ役、『ホフマン物語』の三役、『カルメン』のミカエラ役、『マイスタージンガー』のエヴァ役、『オテロ』のデズデモーナ役、ティペット『真夏の結婚』のジェニファー役などドラマティックからリリックまで多言語の幅広い役柄をこなしていますが、1954年、指揮者リチャード・ボニングとの結婚を機に大きな転機が訪れることとなります。
 リチャード・ボニング[1930- ]は、最初ピアニストを目指して勉強し、14歳でリサイタル・デビューするほどの腕前でしたが、サザーランドと出会ってオペラに深く魅せられ、指揮者に転向する道を選ぶこととなります。ボニングはベルカント・オペラと指揮について猛勉強して研究を重ね、サザーランドに助言を与え、歌唱指導にあたりました。その結果、もともとはワーグナー・ソプラノを目指していたという彼女の歌はベルカント仕様に大きく変化を遂げることとなります。
 成功のきっかけは、1959年コヴェントガーデンでのセラフィン指揮による『ランメルモールのルチア』でした。彼女はここで、ルチア役を素晴らしい歌唱でこなして驚異的な大成功を収めることになります。その声量はとても大きく、音域も広大でしかもムラがなく色彩も豊かであり、コロラトゥーラのテクニックも完璧という彼女の歌唱は、旧来のコロラトゥーラ歌手のイメージを大きく上回る真のベルカント歌手の名にふさわしい実に見事なものでした。そのため、伝説の歌手であるメルバになぞらえて「ネリー・メルバの再来」という賛辞が呈されることとなりました。
 このコヴェントガーデンでの大成功を受け、1961年にはメトロポリタン歌劇場とミラノ・スカラ座でもルチアを歌って高い評価を獲得。翌1962年には、ロッシーニの埋もれていた傑作『セミラーミデ』の主役を歌っての蘇演の成功が、同作品をレパートリーとして定着させることにつながります。
 以後、ベルカント・オペラの復活上演に力を注ぐこととなるサザーランドは、イタリアでは「La Stupenda(とてつもない声を持つ女)」と称賛されてもいました。(HMV)

【収録情報】
● ヴェルディ:歌劇『リゴレット』全曲


 ルチアーノ・パヴァロッティ(マントヴァ公)
 シェリル・ミルンズ(リゴレット)
 ジョーン・サザーランド(ジルダ)、他
 アンブロジアン・オペラ・コーラス
 ロンドン交響楽団
 リチャード・ボニング(指揮)

 録音時期:1971年6月
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

『リゴレット』全曲 リチャード・ボニング&ロンドン交響楽団、ルチアーノ・パヴァロッティ、シェリル・ミルンズ、他(1971 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

CD 輸入盤

『リゴレット』全曲 リチャード・ボニング&ロンドン交響楽団、ルチアーノ・パヴァロッティ、シェリル・ミルンズ、他(1971 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

ヴェルディ(1813-1901)

ユーザー評価 : 5点 (3件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥4,320
会員価格(税込) : ¥3,002
まとめ買い価格(税込) : ¥3,002

発売日:2016年12月06日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です