トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > ボッシュ/シューマン交響曲シリーズ

ボッシュ/シューマン交響曲シリーズ

2016年8月15日 (月)

ご購入はこちら

ハイデンハイム・オペラ音楽祭から生まれたオケとともに
ボッシュがシューマンの交響曲録音をスタート!


ブルックナー、ブラームス、メンデルスゾーン、ドヴォルザークと着実に録音を重ねている指揮者マルクス・ボッシュが、この度シューマンに挑みました。カペラ・アクイレイアは、ドイツ南西部、ミュンヘンとシュトゥットガルトのほぼ中間に位置するバーデンヴュルテンベルク州の都市ハイデンハイムで開催されている「ハイデンハイム・オペラ・フェスティバル」のために、2011年に設立されたオーケストラ。ボッシュは同音楽祭の音楽監督を2010年より務めており、彼の妥協を許さない音楽を実現するために、ヨーロッパ各地からトップ・アーティストが集結し質の高い演奏で評価されています。またカペラ・アクイレイアの活動も同音楽祭だけに留まらず、ヨーロッパを中心にハイデンハイム・オペラ・フェスティバルの大使として演奏ツアーを行い、2014年5月にはフランスのサン=マロ音楽祭に出演しました。
 シューマンの第2番と第4番の交響曲は、タイトル付きの第1番『春』や第3番『ライン』に認知度においては一歩譲るとはいえ、作品の充実度では優るとも劣りません。ボッシュも第4番は、シューマンのロマン的で、幻想的な特徴がよく表れている作品だと評していますし、第2番についてはシューマンの個性的なオーケストレーションは画期的で、シューマンの最高傑作の一つと言っても良いとも述べています。カペラ・アクイレイアも、ボッシュの期待に応えるように、これらの作品に込められた楽想の美しさを見事に表現しています。(輸入元情報)

【収録情報】
シューマン:
● 交響曲第4番ニ短調 Op.120
● 交響曲第2番ハ長調 Op.61
● 歌劇『ゲノヴェーヴァ』序曲

 カペラ・アクイレイア
 マルクス・ボッシュ(指揮)

 録音時期:2015年、2016年
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲第4番、第2番、『ゲノヴェーヴァ』序曲 マルクス・ボッシュ&カペラ・アクイレイア

SACD 輸入盤

交響曲第4番、第2番、『ゲノヴェーヴァ』序曲 マルクス・ボッシュ&カペラ・アクイレイア

シューマン、ロベルト(1810-1856)

価格(税込) : ¥2,905
会員価格(税込) : ¥2,098
まとめ買い価格(税込) : ¥1,889

発売日:2016年09月28日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

9/26(木)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 9/26(木)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です