トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > ベルリン・フィル・ラウンジ第127号:小澤征爾&樫本大進スペシャル対談映像公開!

ベルリン・フィル・ラウンジ第127号:小澤征爾&樫本大進スペシャル対談映像公開! ベルリン・フィル・ラウンジへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2016年6月19日 (日)

ベルリン・フィル&ローチケHMV提携サイト
 デジタル・コンサートホールApple TVのアプリがリニューアル。新たにダウンロードすると7日チケットをプレゼント

 ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールは、ウェブサイト以外でも、様々なモバイル機器でご覧いただけます。そのひとつ、Apple TVのアプリケーションが、大幅にリニューアルされてリリースされました。
 今回のリニューアルでは、操作画面がより整理され、使いやすくなった上に、検索機能が充実し、これまで以上に簡便にデジタル・コンサートホールがご覧いただけます。第4世代のApple TVをお持ちの方であれば、アプリ・ストアでダウンロード可能です。
 またアプリをダウンロードし、登録・ログインすると、すべての映像が無料で観られる7日チケットがプレゼントされます。この機会に、ぜひご利用ください。

 小澤征爾&樫本大進スペシャル対談映像公開!


 2016年4月、小澤征爾が7年ぶりにベルリン・フィルに客演しました。ベートーヴェンの《エグモント》序曲、合唱幻想曲を指揮しましたが、その機会にベルリン・フィル第1コンサートマスターの樫本大進と対談しています。その模様をご紹介。小澤は、50年前にベルリン・フィルでデビューした当時の思い出や、カラヤンとの交流について語っています。
 演奏会では、とりわけ《エグモント》序曲が迫真の名演。ベルリン・フィルとの緊密な連携が深い感動を呼びます。


インタビュー映像を観る
演奏会のハイライト映像を観る

 アバドの楽譜他がベルリン国立図書館に

 クラウディオ・アバドが残した楽譜、ノート、音声・映像、書籍、書簡が、ベルリンの国立図書館に寄贈され、閲覧できることになりました。図書館内に専用の閲覧室が設けられ、音楽家、音楽学者、ジャーナリスト等に公開されます。その際、アーカイブの内容を吟味し、監修する役割が、ベルリン・フィルに課せられることになりました。
 ベルリンが寄贈先に選ばれたのは、アバドの遺族が設立したクラウディオ・アバド財団の意思。彼の所有物の散失を防ぎ、アーカイブとして閲覧可能にすることが目的とされています。ベルリン国立図書館は、音楽アーカイブとして世界的な名声を誇り、数々の重要な草稿が収められています。また、ベルリン・フィルが現地で内容の管理を担当することが、ベルリンが選ばれた理由のひとつとされています。

 ヴァルトビューネ・コンサート2016


 2016年のヴァルトビューネ・コンサートは、6月26日に開催されます。ヤニック・ネゼ=セガンがこの野外劇場に初登場し、ソリストにはリサ・バティアシヴィリが迎えられます。
 今回のプログラムは、チェコ音楽をテーマとしたもの。スメタナの《モルダウ》、ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲、交響曲第6番が演奏されます。ネゼ=セガンは、2010年10月にベルリン・フィルにデビューして以来、たびたび客演を重ねてきました。今シーズンにおける定期演奏会とヴァルトビューネ・コンサートが、ベルリン・フィルにおける4度目の客演となります。

 ベルリン・オーケストラ・サッカー選手権2016で、ベルリン・フィル・チームが優勝


 来日公演直後の5月24日、恒例のベルリン・オーケストラ・サッカー選手権が行われ、ベルリン・フィルが見事優勝しました。
 今回参加したのは、ベルリン・ドイツ・オペラ管、ベルリン・コーミッシェ・オーパー管、ベルリン・シュターツカペレ、ベルリン放送響、ベルリン・ドイツ響、ベルリン・コンツェルトハウス管、C・Ph・E・バッハ高等学校、ベルリン・フィルの8チーム。準決勝では、ベルリン・フィルはベルリン・ドイツ響を相手に引き分け、PK戦で決着しました。
 一方決勝は、ベルリン・ドイツ・オペラ管を相手に1対1の引き分け。同様にPK戦に持ち込まれましたが、キーパーのヴィーラント・ヴェルツェル(ティンパニー)が2回ボールを受け止め、ベルリン・フィルの勝利となりました。ベルリン・フィルが同トーナメントで優勝したのは、2012年以来4年ぶりとなります。
 チーム・メンバーは写真左よりアミハイ・グロス(第1ソロ・ヴィオラ)、グナールス・ウパトニークス(コントラバス)、オラフ・オット(ソロ・トロンボーン)、ゾルタン・アルマジ(第1ヴァイオリン)、ルーカス・ベーム(オーケストラ・アカデミー、パーカッション)、ニコラウス・レーミッシュ(チェロ)、フィリップ・ボーネン(第2ヴァイオリン)、ヴィーラント・ヴェルツェル、マティス・シュティア(オーケストラ・アカデミー、ファゴット)、タマーシュ・ヤムニク(オーケストラ・アカデミー卒業生、チェロ)。

 デジタル・コンサートホール演奏会情報

最新のアーカイブ映像:
 シーズンも終盤となる演奏会の重点は、今季のテーマである「フランス音楽」から派生した「イベリア半島」。フランス音楽は、スペイン文化から多くの影響を受けていますが、BBC響の首席指揮者ホアンホ・メナが初登場して、ドビュッシー、ヒナステラ、デ・ファリャの作品を指揮しました。ヒナステラ(アルゼンチンの作曲家)のハープ協奏曲は、パーピストのメイン・レパートリー。ベルリン・フィルの「顔」のひとりであるマリー=ピエール・ラングラメがソロを担当しています。
 同様にラトル指揮の第3回レイト・ナイトでは、彼がデ・ファリャの《ペドロ親方の人形芝居》を振っています。スペイン音楽に意外な愛情を注ぐ彼ならではの、チャーミングな選曲です。
 もうひとつの話題は、ジョン=エリオット・ガーディナーのベルリン・フィル凱旋でしょう。2000年代初頭に客演して以来の登場で、何と14年ぶり。ストラヴィンスキーの新古典主義時代の代表作2曲で、円熟の棒さばきを見せています。


2016年5月28日(土)日本時間26時
ドビュッシー:《イベリア》
ヒナステラ:ハープ協奏曲
デ・ファリャ:《三角帽子》
ハープ:マリー=ピエール・ラングラメ
ソプラノ:ラケル・ロヘンディオ
指揮:ホアンホ・メナ
リハーサル&ハイライト映像


2016年6月4日(土)日本時間26時
ストラヴィンスキー:《ミューズを率いるアポロ》
《エディプス王》
独唱:アンドリュー・ステイプルズ、ジェニファー・ジョンストン
語り:ブルーノ・ガンツ
指揮:ジョン=エリオット・ガーディナー
リハーサル&ハイライト映像


2016年6月4日(土)日本時間29時
レイト・ナイト
ドビュッシー:フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ
ジョラス:ヴィオラ・ソロのための第6エピソード
ヴィオラとピアノのための《Ruht wohl》
デ・ファリャ:《ペドロ親方の人形芝居》
ヴィオラ:マテ・スーチュ
独唱:シルヴィア・シュヴァルツ、フローリアン・ホフマン、ボアズ・ダニエル
ベルリン・フィル金管楽器奏者
指揮&ピアノ:サー・サイモン・ラトル
リハーサル&ハイライト映像

これからのライブ中継:ラトルの牧神の午後への前奏曲、ヴォーカル・ヒーローズ演奏会、ネゼ=セガンのショスタコーヴィチ
 ラトル指揮による今シーズン最後の定期演奏会では、フランスの作曲家ベッツィ・ジョラスの新作《小さな夏の組曲》が上演されます。同じ演奏会では、ドビュッシーの《牧神の午後への前奏曲》が取り上げられ、またエマニュエル・アックスのピアノで、フランクの交響的変奏曲が演奏されます。
 昨年からスタートした教育プログラム「ヴォーカル・ヒーローズ」の発表会が、ラトル指揮ベルリン・フィルの伴奏で行われます。今回上演されるのは、ピーター・マクスウェル・デイヴィスの《ふたりの音楽家たち》。この3月に亡くなった彼の、比較的上演回数の多い児童向きオペラです。
 シーズンを締めくくるのは、ヤニック・ネゼ=セガンによるバルトークとショスタコーヴィチのプログラム。リサ・バティアシヴィリが前者のヴァイオリン協奏曲第1番を演奏するほか、後者の大作交響曲第13番《バビ・ヤール》が上演されます。


2016年6月18日(土)日本時間26時
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
フランク:交響的変奏曲
グレインジャー:《早わかり》
ジョラス:小さな夏の組曲
ピアノ:エマニュエル・アックス
指揮:サー・サイモン・ラトル
リハーサル&ハイライト映像


2016年6月19日(日)日本時間23時
ヴォーカル・ヒーローズ
マックスウェル・デイヴィス:《ふたりの音楽家》
指揮:サー・サイモン・ラトル
リハーサル&ハイライト映像


2016年6月23日(木)日本時間27時
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番
ショスタコーヴィチ:交響曲第13番「バビ・ヤール」
ヴァイオリン:リサ・バティアシヴィリ
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
リハーサル&ハイライト映像


Member’s Favorites ベルリン・フィル団員がおススメするDCHコンサート
第8回:オラフ・オット(ソロ・トロンボーン)


2008年10月4日
グラナート:《テアトルム・ベスティアルム》
R・シュトラウス:アルプス交響曲
指揮:セミヨン・ビシュコフ


 ベルリン・フィル団員自身がおススメするDCHのコンサート、今回はソロ・トロンボーン奏者のオラフ・オットが登場します。
 彼が推薦するのは、セミヨン・ビシュコフが2008年に指揮したR・シュトラウスのアルプス交響曲。「素晴らしい演奏会でした。もう絶対的に飛び抜けていた。アルプス交響曲については、その後これ以上の演奏はしていないと思います。心に残る演奏会でした」ビシュコフは、R・シュトラウスのスペシャリストとして知られ、ベルリン・フィルでも《ドン・キホーテ》をすでに振り、来シーズンは《英雄の生涯》も取り上げる予定です。シュトラウスでは金管が重要な役割を演じますが、ソロ・トロンボーン奏者がこう言っているのですから、それは凄かったのでしょう!
 オットは、ドイツ・ドルトムントの出身。生地の音楽大学で学び、1985年にデュースブルク響のソロ・トロンボーン奏者に就任しました。1989年にベルリン・ドイツ響の同じポストに移籍しましたがさらに94年にベルリン・フィルに入団し、99年からはソロ・トロンボーン奏者の地位にあります。日本にも単独、アンサンブルでの来日が多く、昨年にはソロ・アルバムがワーナー・ミュージック・ジャパンから発売されています。
 ベルリン・フィルの団員のなかでも、特に真面目で謙虚な奏者として知られ、拍手を受ける時も、(ひとりで立たず)トロンボーン3人で立つことを習慣としています。プライベートでは、ドルトムント出身ということで、ボルシア・ドルトムント(ドイツの有力サッカーチーム)をこよなく愛するサッカーファンでもあります。

ビシュコフのアルプス交響曲を観る

 DCHのご利用方法


デジタル・コンサートホール(DCH)について
 「デジタル・コンサートホール」は、ベルリン・フィルの演奏会がインターネットでご覧いただける新時代の配信サービスです(有料)。高画質カメラにより収録されたほぼ全ての定期演奏会(年間約40回)が、ハイビジョン&高音質で中継。生放送に加え、アーカイブ映像も常時再生可能となっています(現在、約320本のコンサートがアップ)。芸術監督サー・サイモン・ラトル、世界的ソリスト・客演指揮者の最新の演奏を、ご家庭でお楽しみください。
 チケットは有効期間によって3種類あり、7日券(9.90ユーロ)、30日券(19.90ユーロ)、12ヵ月券(149ユーロ)から選択可能。また定期視聴契約もご用意しています(月額14,90ユーロ。自動更新・常時解約可能)。この期間、DCH上のすべての映像を、何回でも無制限に観ることができます。サイトは、すべて日本語で記載。登録・支払等の手続きも分かりやすく、安心です。
 デジタル・コンサートホールは、ネット対応型のテレビ、ブルーレイプレイヤー、スマートホン、タブレットでもご覧いただけます。対応機器については、下記HPをご参照ください。

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールについての詳細情報は、日本語ホームページをご覧ください。

ネット対応型テレビ、モバイル機器等での視聴方法
デジタル・コンサートホールは、ネット対応型のテレビ、ブルーレイプレイヤー、スマートホン、タブレットでもご覧いただけます。ご利用方法の詳細は、こちら
DCHの利用方法
DCHでは、まず利用者登録を行い、その後でチケットを購入して映像を視聴します。
@日本語ホームページにアクセス後、メニューの「ご利用者登録&チケット購入」からチケット購入ページに移動。「利用者登録して無料映像を観る」をクリックします。必要事項を記入し、「利用規約に同意します」をチェックして、「利用者登録する」を押してください。直後にメールが送られてきますので、確認用のリンク(メール上に記載)をクリックし、登録を完了します。この時点で、無料映像=ラトル指揮のシューマン&ブラームス「交響曲第1番」がご覧いただけます。
Aページ上部右の「ログイン」から、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。メニューの「ご利用者登録&チケット購入」から、購入ページにアクセスします。3種類のチケット、定期視聴契約から希望のものをチェックし、「購入する」をクリック。登録情報画面が表示されますので、必要な情報を入力し、「登録する」をクリック。支払い画面が表示されたら、支払い方法(クレジットカードかPayPal)を選択します。カード番号等を入力し、「次に進む」を押すと、ご注文明細が表示されます。内容が正しければ、「注文を確定する」をクリックして、購入手続きを完了します。
Bチケット購入後、「ライブ中継」および「アーカイブ」から、お好きな映像を選択してご覧ください。有効期間は、最初の映像を再生スタートした時点で始まります。

ツイッター&フェイスブック
ベルリン・フィルでは、日本語版公式ツィッター&フェイスブック・アカウントを展開しています。ベルリン・フィルの最新情報を一番早くキャッチできる便利なツールです。ぜひご利用ください。

フェイスブック:ベルリン・フィル日本語版公式アカウント
ツイッター:ベルリン・フィル日本語版公式アカウント

DCHアーカイヴ検索
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲全集 ラトル&ベルリン・フィル(5CD+3BD)

CD 輸入盤

交響曲全集 ラトル&ベルリン・フィル(5CD+3BD)

ベートーヴェン(1770-1827)

ユーザー評価 : 4.5点 (10件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥14,839
会員価格(税込) : ¥12,911

発売日:2016年05月11日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

交響曲全集 ラトル&ベルリン・フィル(5CD+3BD)(日本語解説付)

CD

交響曲全集 ラトル&ベルリン・フィル(5CD+3BD)(日本語解説付)

ベートーヴェン(1770-1827)

ユーザー評価 : 4.5点 (10件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥14,300
会員価格(税込) : ¥13,156
まとめ買い価格(税込) : ¥11,726

発売日:2016年05月11日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

交響曲全集 ラトル&ベルリン・フィル(4CD+2BD)

CD 輸入盤

交響曲全集 ラトル&ベルリン・フィル(4CD+2BD)

シベリウス(1865-1957)

ユーザー評価 : 4.5点 (5件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥14,839
会員価格(税込) : ¥12,911

発売日:2015年11月01日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

交響曲全集 ラトル&ベルリン・フィル(4CD+2BD)

CD

交響曲全集 ラトル&ベルリン・フィル(4CD+2BD)

シベリウス(1865-1957)

ユーザー評価 : 4.5点 (5件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥14,300
会員価格(税込) : ¥13,156
まとめ買い価格(税込) : ¥11,726

発売日:2015年11月21日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

輸入盤

国内仕様盤

1/23(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 1/23(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です