トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > リープライヒ/20世紀ポーランド音楽シリーズ第2弾

リープライヒ/20世紀ポーランド音楽シリーズ第2弾

2015年12月13日 (日)

ご購入はこちら

充実のリープライヒとポーランド国立放送響
20世紀ポーランド音楽シリーズ第2弾


今もっとも注目される指揮者のひとりアレクサンダー・リープライヒ。1968年レーゲンスブルク生まれ、アバドとギーレンの薫陶を受け、2015年12月には大阪フィルにも客演します。2012年から外国人としては初めてポーランド国立放送交響楽団の首席指揮者兼音楽監督を務め、20世紀ポーランド音楽のシリーズを開始しました。
 このシリーズは、ルトスワフスキの管弦楽曲をメインに、その他20世紀ポーランド作曲家を組み合わせることとなっていて、タンスマンやヴァインベルグのように国外へ出た人々もとりあげるなど、ポーランド音楽ファン垂涎の企画となっています。
 第2弾はルトスワフスキとシマノフスキの充実作が収められています。どちらも比較的初期の作品ですが、自己の作風が確立される直前の魅力を味わうことができます。シマノフスキの交響曲第2番は1909年の作で、ワーグナーとリヒャルト・シュトラウスの影響が濃い複雑な作曲技法によりながらも、シマノフスキならではのナルシズムが横溢する甘美な世界が広がります。リープライヒはリヒャルト・シュトラウス風な退廃美を巧みに表現していて絶品。
 ルトスワフスキの『管弦楽のための書』は1968年の作で、ドイツのハーゲン市の委嘱で書かれました。弦楽器のグリッサンドによる異様な音響に始まり、最後は崩壊へと向かうメッセージ性が読み取れます。1958年の『葬送音楽』はバルトークの死を悼んで書かれた弦楽オーケストラの作品。十二音技法により、独特な暗い響きはワイダやカヴァレロヴィチのモノクロ映画を思わせます。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● シマノフスキ:交響曲第2番変ロ長調Op.19
● ルトスワフスキ:管弦楽のための書 (1968)
● ルトスワフスキ:葬送音楽 (1958)


 ポーランド国立放送交響楽団
 アレクサンダー・リープライヒ(指揮)

 録音時期:2015年6月30日、8月26,27日
 録音場所:カトヴィツェ音楽アカデミー・カロル・シマノフスキ音楽ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

シマノフスキ:交響曲第2番、ルトスワフスキ:管弦楽のための書、葬送音楽 リープライヒ&ポーランド国立放送響

CD 輸入盤

シマノフスキ:交響曲第2番、ルトスワフスキ:管弦楽のための書、葬送音楽 リープライヒ&ポーランド国立放送響

シマノフスキ(1882-1937)

価格(税込) : ¥2,849
会員価格(税込) : ¥2,479
まとめ買い価格(税込) : ¥2,137

発売日:2015年12月11日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です