トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 室内楽曲 > 名曲『コル・ニドライ』のクラリネット、ピアノ、ヴィオラのための三重奏版

名曲『コル・ニドライ』のクラリネット、ピアノ、ヴィオラのための三重奏版

2015年11月4日 (水)

ご購入はこちら


マックス・ブルッフ:室内楽作品集
トリオ・アポロン
名曲『コル・ニドライ』のクラリネット、ピアノ、ヴィオラのための三重奏ヴァージョン


クラリネット+ヴァイオリン+ピアノという珍しい組み合わせの常設の三重奏団「トリオ・アポロン」のブルッフ・アルバム。「トリオ・アポロン」は、ベルリン国立歌劇場管弦楽団の首席クラリネット奏者マティアス・グランデルと、首席ヴィオラ奏者フェリックス・シュヴァルツ、そしてピアノのヴォルフガング・キューンルによって1990年に結成され、「最もロマンティックな楽器の組み合わせのアンサンブル」と称えられています。
 彼らはこれまでにワーナー・クラシックスよりリリースされ、ドイツのエコー賞を受賞した「20世紀のクラリネットとヴィオラとピアノのための作品集」のほか、3枚のアルバムを発表しています。
 このアルバムでは、ブルッフの室内楽作品を収録。特にクラリネットをフィーチャーした作品は、ブルッフの息子であったマックス・フェリックスのために書かれたとも言われています。珍しいのは、もともとチェロとオーケストラのために書かれたブルッフの代表作『コル・ニドライ』の三重奏版でしょう。ブルッフらしい深いロマンティシズム、美しいメロディに満ちた作品をご堪能いただけます。

【収録情報】
ブルッフ:
● 8つの小品 Op.83(クラリネット、ピアノ、ヴィオラのための)
● コル・ニドライ Op.47(クラリネット、ピアノ、ヴィオラのための三重奏版)
● カンツォーネ 変ロ長調 Op.55(クラリネットとピアノのための)
● ロマンス ヘ長調 Op.85(ヴィオラとピアノのための)


 トリオ・アポロン
  マティアス・グランデル(クラリネット)
  フェリックス・シュヴァルツ(ヴィオラ)
  ヴォルフガング・キューンル(ピアノ)

 録音時期:2014年2月
 録音場所:ベルリン放送小ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

室内楽作品集〜『コル・ニドライ』三重奏版、他 トリオ・アポロン

CD 輸入盤

室内楽作品集〜『コル・ニドライ』三重奏版、他 トリオ・アポロン

ブルッフ (1838-1920)

価格(税込) : ¥2,750
会員価格(税込) : ¥2,393

発売日:2015年11月20日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item