トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 管弦楽曲 > ベルク『ヴォツェック』断章、3つの管弦楽曲、ヴァイオリン協奏曲の室内編曲

ベルク『ヴォツェック』断章、3つの管弦楽曲、ヴァイオリン協奏曲の室内編曲 SACDニュースへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2015年9月29日 (火)

ご購入はこちら


ベルク『ヴォツェック』から3つの断章、3つの管弦楽曲、ヴァイオリン協奏曲
ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム


アルバン・ベルクのオーストラ作品の代表作を、室内アンサンブル用にアレンジしたヴァージョンを収録したアルバム。演奏は、スイス、ドイツ語圏のニ管編成室内オーケストラ「ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム」。
 ベルクの『ヴォツェック』と「3つの管弦楽曲」は、四管編成オーケスラのために書かれた作品ですが、ソロなどに凝った書法ということもあり、マーラーの場合と同じく室内アンサンブルへの編曲は効果的なものと思われます。
 編曲をおこなったのはカナダ、オンタリオ生まれの作曲家ジョン・リーア[1944- ]で、『ヴォツェック』については、1995年に全曲を編曲し各地で上演されて話題になったヴァージョンからの断章となります。通常の 『ヴォツェック』断章と同じくソプラノも加わりますが、こちらは、フルート、ピッコロ、アルト・フルート、オーボエ、イングリッシュ・ホルン、クラリネット、バス・クラリネット、ファゴット、コントラファゴット、ホルン、トランペット、バストロンボーン、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ハープ、ピアノ、チェレスタ、トライアングル、各種打楽器と、種類は豊富ながらも小編成なので、その印象は大きく異なるものと思われます。 マリーを歌うのはフランスのソプラノ、ベネディクト・トーラン。
 「3つの管弦楽曲」は最近になって編曲されたもので、28人の演奏家のためにアレンジされています。この作品は、ベルク初期の重要曲で、マーラーから直接影響を受けたと思われる部分も多く、第3曲「行進曲」に至ってハンマーまで用いられていますが、それが今回のアレンジではどのようになっているか楽しみなところでもあります。
 「ヴァイオリン協奏曲」は、すでに室内編曲レパートリーの老舗、リノス・アンサンブル盤もあるアンドレアス・N・タルクマンの編曲です。タルクマンは1956年ハノーファー生まれの作曲家で編曲家。
 ベルクのヴァイオリン協奏曲は、二管編成の拡大型といった規模の編成のために作曲されていますが、タルクマンはこれをハルモニウムやピアノを含む室内アンサンブル用に編曲しています。この、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、トランペット各1本に、弦楽五重奏、ティンパニ、大太鼓、ゴング、トライアングル、小太鼓、タムタムといった楽器編成は、シェーンベルクが1918年11月に設立したサロン・コンサート「私的演奏協会」のための一連の編曲作品にも通じるもので、タルクマンによるシェーンベルクへのオマージュともいうべき編曲となっています。ヴァイオリンはスイスの女性奏者ラヘル・クンツ。
 指揮は、ブーレーズに師事したスイスの指揮者、ピエール=アラン・モノが担当しています。(HMV)

【収録情報】
ベルク:
● 3つの管弦楽曲(リーア編曲、室内アンサンブル版)
● 『ヴォツェック』から3つの断章(リーア編曲、室内アンサンブル版)
● ヴァイオリン協奏曲(タルクマン編曲、室内アンサンブル伴奏版)


 ベネディクト・トーラン(ソプラノ:ヴォツェック)
 ラヘル・クンツ(ヴァイオリン:協奏曲)
 ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム
 ピエール=アラン・モノ(指揮)

 録音方式:ステレオ(デジタル)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

小管弦楽編曲版による作品集〜『ヴォツェック』から3つの断章、3つの管弦楽曲、ヴァイオリン協奏曲 ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム

SACD 輸入盤

小管弦楽編曲版による作品集〜『ヴォツェック』から3つの断章、3つの管弦楽曲、ヴァイオリン協奏曲 ヴィンタートゥール・ムジークコレギウム

ベルク(1885-1935)

価格(税込) : ¥2,739
会員価格(税込) : ¥2,384
まとめ買い価格(税込) : ¥2,055

発売日:2015年10月23日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item