トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 声楽曲 > ヘルマン・プライの『白鳥の歌』ライヴ!

ヘルマン・プライの『白鳥の歌』ライヴ!

2015年9月1日 (火)

ご購入はこちら

1964年ザルツブルク音楽祭
人気・実力ともうなぎのぼりの時期の
ヘルマン・プライが歌うシューベルト!


ヘルマン・プライ[1929-1998]のザルツブルク音楽祭ライヴ録音。プライは1960年にメトロポリタン・デビュー、1965年にはバイロイトにデビューするなど、60年代はまさに実力・人気ともに世界が認める存在となっていたころ。1964年に行われたザルツブルク音楽祭では「リートの夕べ」と題して、3週間の間当時の人気の歌手たちが夜な夜な魅惑のプログラムを展開するという豪華な催しが行われており、プライもその一人として出演したものです。
 得意のシューベルトで一夜のプログラムを聴かせます。格調の高さと力強さ、ハリのすべてが絶妙のバランスで、それでいて親しみやすい表情も垣間見られるプライの歌唱を満喫できます。名手ジェラルド・ムーア[1899-1987]の味わい深いピアノも必聴。(キングインターナショナル)

【収録情報】
シューベルト:
● 歌びと D.149
● 竪琴弾きの歌 D.478-480

 孤独を求める者は
 涙とともにパンを食べたことのない者は
 われ戸口にしのび行かん

● 歌曲集『白鳥の歌』 D.957(全曲)
 ハイネの詩による6曲(アトラス/彼女の絵姿/漁夫の娘/都会/海辺で/影法師)
 ザイドルの詩による1曲(鳩の使い)
 レルシュタープの詩による7曲(愛の便り/戦士の予感/春のあこがれ/セレナード/わが宿/遠い国で/別れ)

(アンコール)
● ミューズの子 D.764
● 夕映えの中で D.799
● シルヴィアに D.891


 ヘルマン・プライ(バリトン)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)

 録音時期:1964年8月14日
 録音場所:ザルツブルク、モーツァルテウム(ザルツブルク音楽祭)
 録音方式:モノラル(ライヴ)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です