トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ダンス&ソウル > R&B/ダンス > ザ・ウィークエンド、国内盤はボーナス3曲追加

ザ・ウィークエンド、国内盤はボーナス3曲追加

2016年2月5日 (金)



ご購入はこちら

“今、世界で最も旬なアーティスト”=ザ・ウィークエンドが、第58回グラミー賞にて主要2部門を含む7部門にノミネート!その絶大な人気の理由とは?


最新シングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」が全米で通算2週1位に輝き、同曲を収録したアルバム『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』も、全米アルバム・チャートにて1位を獲得するなど、“今、世界で最も旬なアーティスト”であるザ・ウィークエンド。全世界が注目していた第58回グラミー賞のノミネーションが発表になり、ザ・ウィークエンドは、「年間最優秀レコード」と「年間最優秀アルバム」の主要2部門を含む計7部門に見事ノミネートされた。

ではなぜ、このザ・ウィークエンドが一気に世界中の注目を浴びたのか?まずは、ザ・ウィークエンドという人物を簡単におさらいしよう。 “ザ・ウィークエンド”のアーティスト名で活動するエイベル・テスファイは、1990年2月生まれ、現在弱冠25歳のエチオピア人系カナダ人。2012年にデビュー・アルバム『Trilogy』(全米初登場4位)を発売し、2013年には『キッスランド』(全米初登場2位)、そして、今年、『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』(全米初登場1位)を発表し、これまで計3作を世に送り出してきた。ではなぜ、3枚目の今作で“ザ・ウィークエンド旋風”が巻き起こっているのか。 それは、ソウルやファンクといったジャンルが“今の旬の音”として今年アメリカで再ブームを起こしている中、このジャンルでずっと活躍していたザ・ウィークエンドの今作と、そういった音を“待っていた”オーディエンスのニーズがマッチしたからであろう。需要と供給がマッチしたのだ。

だが、前述の通り、ザ・ウィークエンドは、3年前にデビューしているアーティストである。デビュー・アルバムが全米アルバム・チャートにて初登場4位にランクインする時点で充分“全米が認めたアーティスト”であることは間違いないのだが、ザ・ウィークエンドは、今年、『ビューティ・ビアインド・ザ・マッドネス』を発表したからこそ、“「キャント・フィール・マイ・フェイス」はマイケル・ジャクソンを彷彿させる”(フォーブス誌)や“ザ・ウィークエンドは、もはやビッグな男性ポップ・スターだ”(TIME誌)と海外メディアで絶賛されることになったのだろう。では、今年の彼の活躍を紐解いてみよう。

昨年末、ここ日本でも大人気女性歌手アリアナ・グランデの「ラヴ・ミー・ハーダー」にザ・ウィークエンドがフィーチャーされ全米のテレビ番組やアワード受賞式などで共演を披露し、自身の美声でオーディエンスを魅了した。2015年に入ると、世界中で大ヒットした映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2月公開)にてザ・ウィークエンドが自身の書き下ろし楽曲「アーンド・イット」が起用され、さらにファン層を拡大させた。その勢いは止まらずに6月、Apple Musicのカンファレンスで新曲「キャント・フィール・マイ・フェイス」を初披露し、7月にはテイラー・スウィフトのニュージャージー公演にて同曲を共演。更にはトム・クルーズが全米人気テレビ番組にて同曲の口パクパフォーマンスを披露する程全米のお茶の間に浸透し、遂にシングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」はザ・ウィークエンド自身初の全米1位へと昇りつめ、正に“今、世界で最も旬なアーティスト”という座を獲得したのであった。

そんなザ・ウィークエンドが、第58回グラミー賞にて主要部門2部門を含む計7部門にノミネートされた。今回、7部門以上ノミネートされたのは米・ヒップホップ・アーティストのケンドリック・ラマーのみであり、ザ・ウィークエンドは、同じく7部門ノミネートされたテイラー・スウィフトと“同率2位”のノミネーション数を獲得した。ザ・ウィークエンドの今後の活躍と、現地(アメリカ・ロサンゼルス)時間2016年2月15日に催される第58回グラミー賞授賞式に大注目だ。

(メーカー・インフォメーションより)







収録予定曲

  • 01. Real Life
  • 02. Losers [ft. Labrinth]
  • 03. Tell Your Friends
  • 04. Often
  • 05. The Hills
  • 06. Acquainted
  • 07. I Can’t Feel My Face
  • 08. Shameless
  • 09. Earned It (Fifty Shades of Grey)
  • 10. In the Night
  • 11. As You Are
  • 12. Dark Times [ft. Ed Sheeran]
  • 13. Prisoner [ft. Lana Del Rey]
  • 14. Angel
  • 15. Can’t Feel My Face [fMartin Garrix Remix] ※
  • 16. The Hills [fRemix feat. Eminem] ※
  • 17. The Hills [fRemix feat. Nicki Minaj] ※

※ 国内盤ボーナストラック

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

【国内盤】(ボーナストラック3曲収録)

Beauty Behind The Madness

CD

Beauty Behind The Madness

The Weeknd

価格(税込) : ¥2,420
会員価格(税込) : ¥2,226

発売日:2016年03月16日
メーカー取り寄せ

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

【輸入盤】

Beauty Behind The Madness

CD 輸入盤

Beauty Behind The Madness

The Weeknd

価格(税込) : ¥2,530
会員価格(税込) : ¥2,201
まとめ買い価格(税込) : ¥1,897

発売日:2015年08月28日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

フィーチャー商品

  • Kiss Land (Deluxe Edition)

    CD 輸入盤

    Kiss Land (Deluxe Edition)

    The Weeknd

    価格(税込) : ¥2,530
    会員価格(税込) : ¥1,965
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,897

    発売日:2013年09月13日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Kiss Land

    CD 輸入盤

    Kiss Land

    The Weeknd

    価格(税込) : ¥1,980
    会員価格(税込) : ¥1,723
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,485

    発売日:2013年09月13日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です