トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャズ > フュージョン > マーカス・ミラーとのタッグが15年ぶりに復活!サンボーン会心のニューアルバム!

マーカス・ミラーとのタッグが15年ぶりに復活!サンボーン会心のニューアルバム!

2015年5月29日 (金)

デヴィッド・サンボーン・バンド
©Melanie Futorian

ご購入はこちら

マーカス・ミラーとの黄金タッグが15年ぶりに復活!デヴィッド・サンボーン5年ぶりのニューアルバムは、「コンフォートゾーンからの脱却」を図った”前進あるのみ”超意欲作!!


 ボブ・ジェームスとの実に27年ぶりの黄金タッグが復活した2013年の『Quartette Humaine』に続いて、デヴィッド・サンボーン通算25枚目の最新リーダー・アルバム『Time And The River』では、1999年録音のグラミー受賞作『Inside』以来15年ぶりに盟友マーカス・ミラーとのコンビが復活した。

 スティング、エリック・ベネイ、カサンドラ・ウィルソン、レイラ・ハサウェイらがゲスト・ヴォーカルで参加し、またミシェル・ンデゲオチェロ楽曲を採り上げるなど、コンセプトやサウンド面全体にマーカス色が色濃く反映された『Inside』同様、本作においても”構成作家”マーカス色ばりばりのコンテンポラリーでアダルトオリエンテッドなソウル/R&Bサウンドで覆いつくされている。

 サンボーンの歌心たっぷりのエモーショナルなアルトも、饒舌なソロこそあれど、決して出しゃばりすぎず、あくまでバンドの一員として、メロディの一部、リズムの一部となって楽曲を際立たせていく。「歌とのインタラクションを通して、楽曲を織物のように織り込んでいく」というサンボーン本人の言葉が全てだろう。

 リッキー・ピーターソン(Hammond B3 org)、ニッキー・モロック(g)ら昨年秋の日本公演にも帯同したレギュラーメンツに加え、マーカス・ベイラー(ds)、ジャスティン・ミュレンズ(tp)、ティム・ヴォーン(tb)、ロイ・アサフ(key)、ヨタム・シルヴァースタイン(g)といったフレッシュな名前が並ぶのも今作のトピック。

 マーカス・ベイラーは、元ジャネイのジーン・ベイラーを奥方に持つドラマーで、イエロージャケッツやケニー・ギャレット・グループなどでの活動のほか、ジーンの初ソロ・アルバム『Testimony: My Life Story』の共同プロダクション(ベイラーズ)も手掛けていた敏腕プロデューサーでもある。

 また、ロイ・アサフ、ヨタム・シルヴァースタインは共に、昨今シーンを賑わせているイスラエル出身ニューヨーク在の若手。どちらも王道のハードバップから、出自イスラエル民謡〜アラブ、ロック、ブラジルまで、多様なスタイルを採り入れたメインストリーム・サウンドで人気を博している精鋭だ。まさしく、マーカス・ミラー自身の新作『Afrodeezia』(に限ったことではないが)においても顕著だった”新しい血”の導入がここでも首尾よく成されていることが確認できる。


『タイム・アンド・ザ・リヴァー』(日本盤)収録曲

  • 01. ア・ラ・ヴァティカル
  • 02. オーディナリー・ピープル
  • 03. ドリフト
  • 04. キャント・ゲット・ネクスト・トゥ・ユー
  • 05. オブリー・モア
  • 06. セヴン・デイズ・セヴン・ナイト
  • 07. 風のささやき
  • 08. スパニッシュ・ジョイント
  • 09. オーヴァーチュア
  • 10. デイ・ドリーマー (日本盤のみ収録)
  • 11. リトル・チャーチ (日本盤のみ収録)

デヴィッド・サンボーン(as) / マーカス・ミラー (b) / ロイ・ハサフ (key) / マーカス・ベイラー (ds) / ハヴィエル・ディアス (per) / ヨタム・シルヴァースタイン (g) / ニッキー・モロック (g) / リッキー・ピーターソン (org) / ピーター・ヘス (ss,ts,fl,bcl) / ジャスティン・ミュレンズ (tp,flh) / ティム・ヴォーン (tb)

『Time And The River』(輸入盤)収録曲

  • 01. A la Verticale
  • 02. Ordinary People
  • 03. Drift
  • 04. Can't Get Next To You feat. Larry Braggs
  • 05. Oublie Moi
  • 06. Seven Days Seven Nights
  • 07. Windmills of your Mind feat. Randy Crawford
  • 08. Spanish Joint
  • 09. Overture




 『Quartette Humaine』路線のスムースなアコースティック・ジャズ楽曲がある一方で、まず目を引くのが、ディアンジェロ「Spanish Joint」のカヴァーだろう。ちなみに、サンボーン&マーカスは、1998年にスタジオ55で行なわれたTVライヴでディアンジェロと共演(「Use Me」、「The Sunshine Of Your Love w/エリック・クラプトン」)しており、二人ともディアンジェロの放つスペシャルなヴァイヴスに関心しきりだったという。それから15年余り、今回のDの新作『Black Messiah』にもたっぷりと舌鼓を打ったことだろう。

 さてその「Spanish Joint」、ロイ・ハーグローヴのホーン/アレンジと、チャーリー・ハンター&クエストラヴのリズムセクションがメインとなった、ある種の妖気をも薫り立たせる官能的なオリジナルに負けず劣らず、マーカスがリズムをグイグイと引っ張りながら、そこに熱狂的なホーンセクションがシダのように絡み付くホット&ファンキーな力作に仕上がっている。

 ちなみに国内盤には2曲のボーナストラックが収録されており、うち1曲は、マイルス・デイヴィスが「Little Church」と題してライヴで採り上げた奇才エルメート・パスコアール「Igrejinha」のカヴァーが収められている点も見逃せない。

 ほか、旧知のランディ・クロフォード、ラリー・ブラッグス(元タワー・オブ・パワー)という二人の名シンガーを招いた「Windmills On Your Mind」、「Can't Get Next To You」がセットされており、“歌との相互作用”に腐心するサンボーンのバンドマンとしてのあるべき姿が見てとれる。また「Can't Get Next To You」は、マーカスの新作で採り上げられていた「Papa Was A Rolling Stone」と同じくテンプテーションズのカヴァー(アレンジはアル・グリーン版をほぼ踏襲しているが)ということで、マーカスのテンプスひいてはモータウン・ミュージックに対する強い愛を感じさせる。

 サンボーン曰く「コンフォートゾーンからの脱却」を図ったという本作。名伯楽マーカスに導かれ、またその二人三脚の歩みの中で、さしものサンボーンも「新しい何かを知る喜び」に浸り、改めてアーティストとして日々前身していかなくてはならない使命感に駆られたそうだ。クラウドファンディングサイト「Pledge Music」で制作を試み、その制作段階からリスナーとの交流や資金調達を図っていたのも、現実的に音楽市場・産業がいま直面している低迷ぶりに、サンボーン自身が誰よりも危惧の念を抱いていたからこそなのかもしれない。

 今年の7月で70歳を迎えるデヴィッド・サンボーン。前進あるのみ。『Hideaway』や『Voyeur』、『Upfront』の余韻にいつまでも浸っていると、思わぬカウンターパンチを食らうことになるかも知れない。ルーツとなるソウル/R&Bに立ち返りながらも、2015年、ここにサンボーン史上劇的に新化したファンキースタッフが誕生した。



デヴィッド・サンボーン




デヴィッド・サンボーン (David Sanborn)

デヴィッド・サンボーン 1945年フロリダ生まれ。幼少期に小児麻痺にかかり、リハビリのためにサックスを始める。ブルースやジャズに傾倒し10代にはアルバート・キングとも競演。67年にはポール・バター・フィールド・ブルース・バンド等で活動。その後NYへ進出。スティービー・ワンダー、ポール・サイモン、デヴィッド・ボウイ、ジェームス・テイラー、リンダ・ロンシュタットのサポート等スタジオ・ミュージシャンとして大活躍する。またギル・エヴァンス・オーケストラやブレッカー・ブラザーズにも参加しコンテンポラリー・ジャズ・アルト・サックス・プレイヤーとして人気を博す。1975年にアルバム『Taking Off』でソロ・デビュー。80年に発表されたアルバム『Hide Away』は大ヒットしてゴールドディスクを獲得。また82年の『Voyeur』で初のグラミー賞に輝いた。『Backstreet』(82年)、『Heart To Heart』(84年)、ボブ・ジェームスとの『Double Vision』(86年)、2度目のグラミー受賞となった『Change Of Heart』(87年)と大ヒットアルバムを重ね、その地位・人気は揺るぎないものとなった。80年代初頭からマーカス・ミラーとのコラボレーションが始まり、マーカスがアルバムのプロデュースを行なうようになる。現在までのグラミー賞も受賞アルバムは6タイトル。近年ではさらにグルーヴ感溢れる演奏を軸に、コンテンポラリー・ジャズの第一人者として、現在まで精力的な活動を続けている。




こちらもどうぞ!マーカス・ミラー最新作『アフロディジア』

【オリ特】 ゲストも超豪華!マーカス2015年最新作はブラック・ミュージックのルーツを巡る旅

好評発売中!カリスマ・ベーシスト/プロデューサー、マーカス・ミラーの最新作『アフロディジア』。アフリカ、南米などのアーティスト、さらにはロバート・グラスパー、アンブローズ・アキンムシーレ、ケブ・モ、チャックDなど豪華ゲストを多数フィーチャーしたブラック・ミュージックのルーツを巡るコンテンポラリー・ジャズ・アルバム。貴重なリハーサル映像を収録したDVD付き初回限定盤に、HMV ONLINE先着特典としてB3ポスターをお付けします!




関連記事

  • ワーナー FUSION BESTコレクション1000

    ワーナー FUSION BESTコレクション1000

    フュージョンの宝庫=ワーナーミュージックが保有する膨大なカタログから70〜80年代の全盛期を代表する名盤から、現在入手困難なレア作品、ファン待望の初CD化作品までを厳選し1,000円(税抜)でご提供!マーカスの初リーダー作『Suddenly』などもラインナップ!

  • 【オリ特】 フュージョン・クラシックス・オン・タッパンジー

    【オリ特】 フュージョン・クラシックス・オン・タッパンジー

    ボブ・ジェームスによってCBSレコード内部に設立(80年に独立)されたタッパンジー・レコード(Tappan Zee Records)の名盤20タイトルが各1,000円(税抜:2枚組のみ1,500円)で限定発売!HMV ONLINE特典として、「ボブ・ジェームス名盤ジャケ」の缶バッヂ2種類をランダムでプレゼント! 2/28の山形テルサを皮切りに、御大の生誕75周年を記念した来日ツアーもスタート!

  • 国内初CD化・久々CD化も多数!フュージョン/クロスオーヴァー・アルティメット・コレクション

    国内初CD化・久々CD化も多数!フュージョン/クロスオーヴァー・アルティメット・コレクション

    A&M、MCA、Capitol、Blue Thumbなど、ユニバーサルミュージック傘下の名門レーベルからリリースされた、フュージョン、クロスオーヴァーの膨大なカタログの中から、70〜80年代の全盛期を代表する名盤から、現在入手困難なレア作品やファン待望の初CD化作品まで28タイトルを厳選!

  • ディメオラ加入後の第2期RTF 貴重スタジオ・ライヴ音源!

    ディメオラ加入後の第2期RTF 貴重スタジオ・ライヴ音源!

    チック・コリア、スタンリー・クラーク、レニー・ホワイト、さらには新加入のアル・ディ・メオラと、ジャズロック〜プログレ色をより一層強めた第2期リターン・トゥ・フォーエヴァーの1975年6月NYエレクトリック・レディランドにおける貴重なスタジオ・ライヴを収録。メンバー個々のバカテクぶりは言うまでもなく、翌年の『浪漫の騎士』に向かってバンドの一体感やボルテージがひとつの頂点を迎えようとしている、まさしく”上げ潮”期のライヴ。FMオンエアー用ソースを採用。

  • 初期ウェザー・リポートの野性味溢れるライヴをご堪能あれ!

    初期ウェザー・リポートの野性味溢れるライヴをご堪能あれ!

    記念すべき初来日公演、さらにはグループ2作目『I Sing the Body Electric』発表後の1972年10月、オハイオの有名クラブ、アゴラで行なわれたウェザー・リポートの貴重ライヴ音源。エリック・グラヴァット、ドン・ウン・ロマンが新メンバーに迎えられ、バンドとしての方向性がより明確になっていった時期。『ライヴ・イン・トーキョー』同様、スタジオ作とは異なるスリリングでワイルドな側面を堪能できる一枚!

  • ガッド・ギャング・リズム隊とジョイント!スミス・ダブソン名トリオ盤が最終入荷!

    ガッド・ギャング・リズム隊とジョイント!スミス・ダブソン名トリオ盤が最終入荷!

    米・西海岸ピアニスト、スミス・ダブソン(2001年死去)の才能を改めて世に知らしめる、エディ・ゴメス(b)、スティーヴ・ガッド(ds)との痛快トリオ録にしてレア盤『Smithzonian』。多くのリクエストに応えて再々プレス分が入荷しました! これが本当に最後の最後! 数量限定特価で再びご提供!

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

国内盤のみボーナス2曲追加収録!

Time And The River

CD

Time And The River

David Sanborn

価格(税込) : ¥2,808
会員価格(税込) : ¥2,583
まとめ買い価格(税込) : ¥2,303

発売日:2015年04月15日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

輸入盤はまとめ買いでさらにお得!

Time And The River

CD 輸入盤

Time And The River

David Sanborn

価格(税込) : ¥2,365
会員価格(税込) : ¥1,929
まとめ買い価格(税込) : ¥1,538

発売日:2015年04月21日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

180g重量盤アナログLP

Time And The River (180グラム重量盤レコード)

LPレコード 輸入盤

Time And The River (180グラム重量盤レコード)

David Sanborn

価格(税込) : ¥4,525
会員価格(税込) : ¥3,938
まとめ買い価格(税込) : ¥3,620

発売日:2015年05月18日

%%header%%閉じる

%%message%%

マーカス最新作!DVD付き国内盤に先着でB3ポスターお付けします!

Afrodeezia (+DVD)

CD

Afrodeezia (+DVD)

Marcus Miller

価格(税込) : ¥3,456
会員価格(税込) : ¥3,180
まとめ買い価格(税込) : ¥2,834

発売日:2015年02月18日
通常ご注文後 2-7日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

デヴィッド・サンボーン主要リーダー作から

4/25(木)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 4/25(木)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です
4/25(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 4/25(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です