トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > フレモーのサン=サーンス『オルガン付き』『動物の謝肉祭』

フレモーのサン=サーンス『オルガン付き』『動物の謝肉祭』

2015年3月2日 (月)

ご購入はこちら


サン=サーンス:交響曲第3番『オルガン付き』、『動物の謝肉祭』
フレモー&バーミンガム市交響楽団


フランスの指揮者、ルイ・フレモーは1921年に北フランスに生まれますが、音楽院在学中にドイツに占領されたため、レジスタンスとして活動、戦後も外人部隊に加わってベトナムやアルジェリアに派遣、帰国後にパリ音楽院に入学して指揮の勉強を再開し、1952年に同音楽院を首席で卒業しています。
 フレモーのキャリアの開始はこうした事情で遅かったものの、最初のモンテ・カルロから手腕を発揮して評判となり、1969年にバーミンガム市交響楽団の首席指揮者に就任すると、EMIへの録音も開始、数多くのアルバムを制作することになります。
 今回のアルバムは、サン=サーンスの交響曲第3番『オルガン付き』と『動物の謝肉祭』を組み合わせたもので、演奏内容の素晴らしさでマニアには知られていたものです。  『オルガン付き』の録音はバーミンガム大学のホールでおこなわれたもので、オルガンも同時収録された音響が魅力ともなっています。
 ジョン・オグドン夫妻の参加も話題となった『動物の謝肉祭』も同じエンジニア、スチュアート・エルザムによる録音です。(HMV)

【収録情報】
サン=サーンス
1. 交響曲第3番ハ短調 Op.78『オルガン付き』
2. 組曲『動物の謝肉祭』

 クリストファー・ロビンソン(オルガン:1)
 ジョン・オグドン&ブレンダ・ルーカス(ピアノ:2)
 バーミンガム市交響楽団
 ルイ・フレモー(指揮)

 録音時期:1971年、72年頃
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 原盤:EMI
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲第3番『オルガン付き』、 動物の謝肉祭 フレモー&バーミンガム市響、オグドン、他

CD 輸入盤

交響曲第3番『オルガン付き』、 動物の謝肉祭 フレモー&バーミンガム市響、オグドン、他

サン=サーンス (1835-1921)

ユーザー評価 : 5点 (8件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥1,100
会員価格(税込) : ¥957
まとめ買い価格(税込) : ¥825

発売日:2015年03月24日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%