トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > オペラ > ダムラウによる『ランメルモールのルチア』

ダムラウによる『ランメルモールのルチア』

2014年10月8日 (水)

ご購入はこちら


ドニゼッティ『ランメルモールのルチア』(2CD)
ダムラウ、カレヤ、テジエ、ロペス=コボス指揮
「狂乱の場」ではグラス・ハーモニカが活躍!
ルチア登場のアリアも半音高い原典仕様!


人気ソプラノ、ディアナ・ダムラウによる『ランメルモールのルチア』の登場。2013年7月にミュンヘンのガスタイク、フィルハーモニーでおこなわれた演奏会形式上演のライヴ録音で、共演はジョセフ・カレヤとリュドヴィク・テジエ、指揮は大御所ロペス=コボス、オケとコーラスはミュンヘン・オペラ管弦楽団と合唱団という面々による演奏です。

【コロラトゥーラとグラス・ハーモニカ】
ダムラウの本業であるコロラトゥーラが活かされるレパートリーの最右翼でもあるこのルチア役は、第2幕の第2場の「狂乱の場」がなんといっても聴きものです。長丁場でもある「狂乱の場」では、通常はソプラノ独唱にフルートが絡みますが、もともとはフルートではなくアルモニカ(演奏会用のグラス・ハーモニカ、ここではヴェロフォンを使用)の使用が考慮されていたもので、その透明で繊細、夢幻的な音色が、コロラトゥーラ・ソプラノの美しい声をいっそう引き立てる効果を上げています。

【国際的キャストによる上演】
主役3人は、ドイツのディアナ・ダムラウに、マルタ島出身のスター・テノール、ジョセフ・カレヤ、フランスの名バリトン、リュドヴィク・テジエが演じています。また、教父ライモンド役のフランスのバス・バリトン、ニコラ・テステは、ダムラウの夫でもあります。(HMV)


【収録情報】
● ドニゼッティ:歌劇『ランメルモールのルチア』全曲

 ディアナ・ダムラウ(ソプラノ:ルチア[アシュトンの妹])
 リュドヴィク・テジエ(バリトン:エンリーコ・アシュトン卿)
 ジョセフ・カレヤ(テノール:エドガルド)
 ディヴィッド・リー(テノール:アルトゥーロ・バックロー卿)
 ニコラ・テステ(バス:教父ライモンド)
 マリー・マクローリン(メゾ・ソプラノ:アリーサ[ルチアの侍女])
 アンドルー・レプリ・メイヤー(テノール:ノルマンノ[アシュトンの衛士長])
 サッシャ・レッケルト(グラス・ハーモニカ[ヴェロフォン])
 ミュンヘン・オペラ管弦楽団&合唱団
 ヘスス・ロペス=コボス(指揮)

 録音時期:2013年7月
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(デジタル/演奏会形式上演のライヴ)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

『ランメルモールのルチア』全曲 ロペス=コボス&ミュンヘン・オペラ管、ダムラウ、カレヤ、他(2013 ステレオ)(2CD)

CD 輸入盤

『ランメルモールのルチア』全曲 ロペス=コボス&ミュンヘン・オペラ管、ダムラウ、カレヤ、他(2013 ステレオ)(2CD)

ドニゼッティ(1797-1848)

価格(税込) : ¥3,132
会員価格(税込) : ¥2,725
まとめ買い価格(税込) : ¥2,037

発売日:2014年11月22日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

9/26(木)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 9/26(木)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です