トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > オペラ > パヴァロッティの『愛の妙薬』(CD+ブルーレイ・オーディオ)

パヴァロッティの『愛の妙薬』(CD+ブルーレイ・オーディオ)

2014年9月23日 (火)


ドニゼッティ:『愛の妙薬』(2CD+ブルーレイ・オーディオ)
パヴァロッティ、サザーランド、ボニング&イギリス室内管弦楽団
ハードカヴァー・ブック仕様でレアな写真も多数掲載


パヴァロッティのデッカ録音50周年を記念した96kHz/24-bitリマスター・エディション。
 パヴァロッティの当たり役として有名なネモリーノ役のアリア「人知れぬ涙」は、リサイタルでもパヴァロッティが愛唱していた特別なレパートリー。
 ベルカント・オペラの代表的作品でもあるこのオペラは、シンプルなストーリーとそれぞれの場面を彩る魅力的な音楽で親しまれており、ドタバタ的な側面もあることから、カットを施したコミック・オペラとして上演されることも多いのですが、ここではベルカント・オペラの研究家でもあるリチャード・ボニングにより、ノーカット&華麗な装飾も加えて、ベルカント・スタイルで叙情的な面を大切にした演奏を聴かせています。
 パヴァロッティ演じるネモリーノが惚れるアディーナは、サザーランドが美声と高度なテクニックで聴かせ、インチキ薬売りのドゥルカマーラは、アメリカのバス、スピロ・マラス(スパイロ・マラス)が楽しく演じ、恋敵のベルコーレ軍曹は、アメリカのバリトン、ドミニク・コッサが歌っています。
 こうしたボニング指揮による演奏を、アナログ全盛期の優秀な録音で仕上げたデッカのスタッフは、プロデューサーがクリストファー・レイバーン、エンジニアがケネス・ウィルキンスン、ジェイムズ・ロックという面々です。
 LP時代から音の良さで知られたこの『愛の妙薬』が、今回のリマスターでどのような音質になるか楽しみな高音質化企画の登場です。(HMV)

【収録情報】
● ドニゼッティ:歌劇『愛の妙薬』全曲

 ルチアーノ・パヴァロッティ(ネモリーノ/テノール)
 ジョーン・サザーランド(アディーナ/ソプラノ)
 ドミニク・コッサ(ベルコーレ/バリトン)
 スピロ・マラス(ドゥルカマーラ/バス)
 マリア・カズーラ(ジャンネッタ/ソプラノ)、他
 アンブロジアン・オペラ・コーラス
 イギリス室内管弦楽団
 リチャード・ボニング(指揮)

 録音時期:1970年1月、6月
 録音場所:ロンドン、キングスウェイ・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

『愛の妙薬』全曲 ボニング&イギリス室内管、パヴァロッティ、サザーランド、他(1970 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

CD 輸入盤

『愛の妙薬』全曲 ボニング&イギリス室内管、パヴァロッティ、サザーランド、他(1970 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

ドニゼッティ(1797-1848)

ユーザー評価 : 4点 (2件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥5,724
会員価格(税込) : ¥4,980
まとめ買い価格(税込) : ¥4,293

発売日:2014年11月08日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です