トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > インディーズ > 【エイチオシインタビュー】Bentham 『Public EP』

【エイチオシインタビュー】Bentham 『Public EP』

ROCK NEXT STANDARD

2014年10月8日 (水)



Bentham

ご購入はこちら

次世代バンドシーンを担う、魅力的なニューカマーが登場した。1st EP「Public EP」で本格的なデビューを飾る4ピースバンド、Bentham(ベンサム)。4つ打ちを中心とした高揚感溢れるダンスビート、ドラマティックかつエモーショナルなメロディライン、メンバーのプレイヤビリティを活かしたバンドアンサンブルがひとつになった音楽性はここから、ロックファンの間で急速に浸透していくことになりそうだ。KEYTALKのオープニング・アクトを務めるなど、ライブ活動も活性化している彼らにいち早くインタビューを敢行。バンドの成り立ちから「Public EP」の制作プロセス、将来のビジョンなどについて語ってもらった。
インタビュアー:森 朋之

-- Benthamはどんなふうに始まったバンドなんですか?

小関竜矢(以下小関):僕とギターの須田(原生)の地元(川崎)がいっしょで、コピーバンドから始めたんですよ。最初はメロコアとか、ミッシェル(・ガン・エレファント)の曲とかをやってて。

須田原生(以下須田):locofrankやTHEイナズマ戦隊もやってましたね。

小関:すぐにドラムとベースが辞めて、職場が同じだった辻(怜次)君に声をかけて。その後、ドラムの鈴木(敬)君が入って、いまのメンバーになりました。


-- 結成当初は、どんなバンドにしようと?

小関:最初の段階から、自分たちがやりたいことをやるだけではなくて、「売れたいよね」って話はしてましたね。名前が知られているインディーズ・バンドのことを調べたりもしてたし…。まあ、当時は何もわかってなかったんですけど(笑)。

須田:メンバー全員、好きな音楽がかなり違いますからね。僕はクラシックから入ったんですよ。ドビュッシーとかが好きで、そこからジャズ、フュージョンを聴くようになって。中学になって、初めて邦楽ロックを聴くようになったんです。ハイスタ、Hawaiian6とか。そのあとは海外のポストロックなんかも聴いてましたね

辻怜次(以下辻):僕は両親の影響で、ブルーグラスやカントリーを聴いてたんですよ。その後、ラジオでレッチリの「Around the World」を聴いて「このベースの歪みは何だ?!」と思って興味を持って。

鈴木:僕はエアロスミス、レッド・ツェッペリン、ローリング・ストーンズなどのクラシック・ロックから入って、その後、ジェームス・ブラウン、ザ・ミーターズ、スライ&ザ・ファミリー・ストーンなどでグルーヴを覚えて。最近は!!!、フィッシュ、ウィルコ、ミュートマスなどを聴いてます。


-- かなり幅広いですねー。

小関:僕はあんまり洋楽を聴いてないんですよね。

鈴木敬(以下鈴木):すごく有名なレッチリの曲を知らなかったりするんですよ。

小関:「え、この曲を知らないんだ?!」って驚かれます(笑)。


-- じゃあ、バンドの音楽性を作っていくときも試行錯誤があった?

小関:そうですね…。去年の春に古閑さん(Benthamが所属するKOGA RECORDSの代表・古閑裕氏)から連絡をもらって、いろいろと話していくなかで変わってきた部分も大きいんですよ。最初から売れたいと思っていたし、ヌルくやってたわけではないんだけど、第三者の方からの言葉がすごく新鮮で。そこで意識がかなり変わりましたね。KEYTALKのツアーにオープニング・アクトとして参加させてもらったことも、すごく良い経験になったし。緊張しましたけどね(笑)。それまで十数人の前でしかライブをやったことがなかったのに…。

須田:いきなり数百人単位のお客さんですからね。自分たちのライブのSEが流れた瞬間、すごい歓声が起こったんですよ。あの瞬間はブルッと来ました。

辻:KEYTALKの(小野)武正くんが客席で見てくれたこともすごく嬉しくて。ただのオープニング・アクトではなくて、いっしょにライブをやろう、盛り上げようという意識が感じられたというか。助けられましたね。

鈴木:KEYTALKファンの方々が、予想していたよりも遥かに好意的に自分たちのことを受け入れてくれて、とても嬉しかったですね。大きな舞台でやらせてもらえて嬉しかった反面、小さな会場でやっているだけでは見えなかった課題がたくさん見えて、次はこの会場を自分たちを見に来たお客さんで埋められるように課題を一つずつ潰していこう思いました。


-- 1st EP「Public EP」もBenthamの魅力がストレートに感じられる作品ですよね。キャッチ―な歌とダンスミュージックを取り入れたサウンド、メンバーの個性的なプレイがバランスよく共存していて。

小関:収録曲は新曲が中心なんですが、TGMXさん(FRONTIER BACKYARD)にプロデューサーとして参加してもらったことも含めて、自分たち自身もBenthamの良さを整理できたというか…。僕、見た目と声が違い過ぎるみたいで、ライブを見た人から「どうした?」って言われることも多かったんですよ。

辻:もっとハードに歌うのかなと思ったら、めちゃくちゃハイトーンでポップな声ですからね。僕も最初はビックリしました(笑)。

小関:今回のレコーディングでメンバーやTGMXさんから「独特の声だから、活かしたほうがいい」と言ってもらって。全曲を通して口ずさめると思うし、メロディの覚えやすさ、耳触りの良さは自分たちの武器ですね。


-- ギター、ドラム、ベースのフレーズも印象的でした。1曲目の「パブリック」もそうですが、歌を中心にしながらも、メンバーの演奏もしっかり目立っていて。

須田:もちろん“歌を大事にする”という意識はあるんですけど、同時に“ギターのフレーズも負けないように出す”という気持ちもあるんですよね。

鈴木:「パブリック」はアゲアゲのテンポですが、四つ打ちをできるだけクールに演奏しましたね。

小関:バンド感は大事にしてますね。少しぐらいやり過ぎていても、ウチらがやればカッコよく出来ると思ってるので。


-- 「どうやって君の事振り向かせたらイイの?」(「パブリック」)、「期待が僕の全てを/不安にさせる」(「手の鳴る方へ」)などサビのフレーズもキャッチ―ですよね。

小関:いままで「歌詞がいい」って言われたことがなかったんですよ(笑)。声とか演奏面を評価してもらうことはあったんですけどね。僕としては歌詞も“まちがいない”と思って書いてたんですけど…。

辻:言葉選び、こだわるもんね。

小関:今回は歌詞も「いいですね」って言われるのた、うれしいです。いつもサウンドや演奏に対して歌詞を書いていくんですけど、さらに今回は学生から社会人まで、どんなシチュエーションにもハマるように作ってるんですよね。そのうえで聴き手によって曲の世界観が変わるというか、「ライブで演奏すると泣いてる人もいるし、笑ってる人もいる」というのが理想です。僕は自分と周りの人を幸せにしたいと思ってバンドをやっていて。だから、実は歌詞もエモイんですよね。それがメンバーに伝わってるかどうかわからないけど…。

須田:伝わってるよ(笑)。小関の歌詞には共感できる部分もすごくあるので。


-- 「Public EP」によってBenthamの音楽に惹かれる人も増えそうですね。

鈴木:1枚目に相応しいガツンとしたノリの良い曲を厳選して作ったので、一緒に踊れたら嬉しいですね。

須田:ふだん邦楽ロックに興味がない人も、いろいろと楽しい発見ができる作品だと思うんですよね。新しい音楽への入り口になれたら嬉しいです。

辻:まずCDを聴いてもらって、その後はぜひライブに来てほしいです。音源とは違う、ライブでしか出せない音もあるので。

小関:いま流行ってるバンドに負けてないと思うし、自分たちとしては次の流行にぶつけるような感覚の作品なんですよ。聴けばその人のなかで何かが変わると思うので、ぜひお願いします!


Benthamのメンバーの皆様より、視聴者の皆様への熱いメッセージも届きました!




Bentham デビューEP!!

Bentham 『Public EP』 10月8日発売

KEYTALKに続くKOGA RECORDSが2010年代インディシーンに発信する緻密に構築されたサウンドと突き抜けるハイトーンヴォイスが奏でるキャッチー且つエモーショナルなメロディを兼ね備えるハイブリッドダンスロック4ピースBenthamのデビュー作!




【HMVオリジナル特典】 缶バッジ



※特典は先着となっております。なくなり次第終了となりますので、有無は商品詳細ページにてご確認ください。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

Public EP

CD

Public EP

Bentham

価格(税込) : ¥1,447
会員価格(税込) : ¥1,331
まとめ買い価格(税込) : ¥1,187

発売日:2014年10月08日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%