トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 器楽曲 > シェリングの1976年東京ライヴがマスターからそのままCDに

シェリングの1976年東京ライヴがマスターからそのままCDに クラシックLPへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2014年12月29日 (月)

ご購入はこちら


AADシリーズによりヴァイオリンの音質が明らかに変化!
シェリングの日本ライヴの代表盤、シャコンヌ、バッハ名演集が復活!


これはすごいバッハ。レコード並みの完璧さでありながらライヴならではの感興の盛り上がりに息もつけません。このようなライヴが、かつて日本で存在していました。パルティータ第2番も冒頭から終曲まで高い求心力で演奏され、「シャコンヌ」の最後の一音が消えると、大いなる感動に満たされます。
 一貫した力に満ちた真に辛口の音楽。また音質も大変良く、まるでシェリングが顔前にいるかのようなリアリティ。1976年の日本での偉大なコンサートが最上の音質で聴ける喜び。またイサドーアのピアノがすこぶる美的! 忘れがたい味です。TDKコアで発売された名盤が本家FM東京でついにCD化です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
Disc1
J.S.バッハ:
● ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第3番ホ長調 BWV.1016
● 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV.1004

Disc2
● 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調 BWV.1001
● ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第6番ト長調 BWV.1019
● ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第1番ロ短調 BWV.1014よりアンダンテ(アンコール)

 ヘンリク・シェリング(ヴァイオリン)
 マイケル・イサドーア(ピアノ)

 録音時期:1976年4月12日
 録音場所:東京文化会館
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 AAD

● シェリング「バッハのソナタとパルティータについて」(肉声と常松伸一氏による吹き替え)
● シェリング「バッハの解釈について」(吹き替え)


【AADシリーズ始動!】
TOKYO FMの温故知新! いま一度見直されるAADによるCD化!
アナログマスターテープの良さを最もダイレクトに音盤化するため機材による整音、ノイズ対策をおこなっていません。
その結果は音質も野太く、そして解像度も十分!
しかも神経質さのかけらもないあたたか味のある充実のサウンドが出現!(キングインターナショナル)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番、ヴァイオリン・ソナタ第3番、第6番、他 シェリング、イサドーア(1976年東京ライヴ)(2CD)

CD 輸入盤

無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番、ヴァイオリン・ソナタ第3番、第6番、他 シェリング、イサドーア(1976年東京ライヴ)(2CD)

バッハ(1685-1750)

価格(税込) : ¥4,093
会員価格(税込) : ¥3,562

発売日:2015年01月21日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item