【HMVインタビュー】チーナ 『DOCCI』 ジャパニーズ・ポップス・インタビューへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2014年8月1日 (金)


チーナ

ピアノヴォーカル、ヴァイオリン、コントラバス、ギター兼マイクロコルグ、ドラムというユニークな編成のチーナ。それぞれの楽器の特徴を活かしながら、曲の魅力を最大限に伝える凝ったアレンジ、卓越したメロディセンス。ヒットチャートにも絡んできそうなメジャー感溢れるエヴァーグリーンなメロディに、和製アーケードファイアにも称されるオルタナティブな精神。コアからマスまでも魅了するチーナというバンドをご紹介!

-- 今回HMV ONLINEに初登場ということで簡単に自己紹介をお願いします。

チーナ:キーボードボーカル、ギター&シンセ、ヴァイオリン、コントラバス、ドラムの5人編成で都内を中心に活動しています、チーナです。


-- 前作『GRANVILLE』をリリースしてから約2年間が経過しましたが、チーナにとってどんな2年間でしたか?

椎名(キーボードボーカル):グランビルを作り終えて、チーナが少し確立されてきた感触があったので、この先どういう方向で作品を作って行くか模索していた時期が1年くらいありました。

ハッピー(ドラム):僕は一年くらい前にメンバーとしてチーナに入って、初めて正式なバンドに入っての活動をしたので、色々なことが初めての経験でした。僕にとってはとても濃い一年でした。


-- 7曲入りのミニアルバムですが、バラエティな内容でボリュームたっぷりですが、今作のコンセプトのようなものはあったのでしょうか?

リーダー(ギター):コンセプトアルバムとしては作っていないのですが、一曲一曲が独立して芯のある曲でいて、それぞれがちゃんとしたカラーを持ち、それこそバラエティに富んだ内容の一枚にしたかったので、曲に対してのベストな方向に向かって作りました。今までの活動で見出したチーナ感を出したい曲と、また新しい世界を表現出来たと思っています。


-- タイトル『DOCCI』にはどんな意味を込めましたか

椎名:GRANVILLEを作り終えて私がまず最初に思ったことは『これからのチーナの音楽はどっちに行くんだろう』でした。 それから約2年、ずっと色んな事を選んできて、選べなくて、捨てたり守ったりして辿り着いたミニアルバムがこのDOCCIです。『どっちに行けば良いか分からないけれども、どっちにでも行ける』という真の意味での自由を探す作品にしたくて、ドッチと付けました。


-- 楽曲制作はどのように行われてますか?

林(コントラバス):椎名がコードとメロディーと歌詞をつくってきて、そこに皆で構成から組み立てて作っています。皆それぞれこだわりがあるし、楽器の特性もよく知っているのでアレンジの段階で他のメンバーとよく喧嘩になりますが、歌詞と曲の良さを引き出す事を一番に考えて曲を作っています。


-- チーナは楽器編成もユニークですが、レコーディングやアレンジなどで苦労する点はありますか?

柴(ヴァイオリン):私はライブでお客さんが聴いてくれている方が表現が伝える事が溢れてくるので、レコーディングに関してはもの凄く緊張してしまうのですが、最近やっとレコーディングの時に目の前にお客さんを思い浮かべて、いつも通り演奏出来るようになりました!

ハッピー:実はリーダーはレコーディングエンジニアもしているのですが、今回のレコーディングではリーダーがエンジニアだったので、皆がいつも通りの雰囲気で製作にのぞめたのではないかと思います!

リーダー:苦労している、というより意識している事は引き算です。楽器編成的にも誰かが出る時に誰かが引かないとゴチャゴチャしてしまうので、その辺に関しては気をつけてアレンジを考えます。簡単にメイン、バッキング、とわけてしまう時もあるのですが、二人がメインを弾いているけど重なってアンサンブルになるように等、前作の「GRANVILLE」からその辺がうまくやれるようになったと思います。その足し引きで曲のカラーを変えられるという事もバンドの強みだと感じています。


-- 歌詞の世界もユニークで、前向きでハッピーな楽曲の中にも。どこか綺麗ごとだけではない、毒のようなものを持っている気がしますが、 歌詞はどんなものからインスピレーションを受けますか?また歌詞を書く上で一番大切にしている事とがあったら教えてください。

椎名:もともと文章だけを書くのが得意ではないので、メロディーのリズムに合わせて単語を乗せて行くような気持ちで歌詞を書いています。角田光代さん等の女性の作家が好きなので、作中の文と文の間にある言葉にできないニュアンスや感情が歌になったときに出て来てくれたら良いなと思っています。


-- この作品をどんな人たちに聴いてもらいたいですか?

ハッピー:どの曲も個性的でそれぞれ違うカラーになっているので、今までチーナを聴いて下さった方にも、まだ聴いた事が無い方にも、老若男女問わず聴いて頂きたいです!なんだか気持ちが晴れないなあ、とか、もやもやっとした時、そんな心にスッと優しい光が射す、そんな一枚だと思います。


-- カナダでのライブも行ってますが、何か発見のようなものはありましたか?、また海外でのライブの経験がチーナにもたらしたものとは何でしょうか?

椎名:最初は、日本語の曲だしカナダの人たちには受け入れてもらえないのではないか、と思っていたのですが、ビックリするくらいカナダの人たちは私達の音楽を受け入れてくれて、歌詞の意味は分からないのにその曲の感情をストレートに受け取ってくれた事がとても驚きでした。それからは、その曲が持つエネルギーを意識して曲を作るようになりました。

林:二回目に行った時に前回観てくれたお客さんがカナダのアーティストのCDをたくさんプレゼントしてくれて、実際しらないバンドが何組もいたのですが、とても新鮮なサウンドで今でもそのCDはメンバーでよく聴いています。


-- それではHMV ONLINEをご覧の方に一言お願いします。

柴:今回のアルバムにはそれぞれ違う「感情」が詰まっています。とても人間らしい「DOCCI」を感じてもらえたら嬉しいです!

椎名:聴いてくれた一人一人が自分の曲としてこの作品を聴き続けて欲しいなと思っています。心に突き刺さってくれたら嬉しいです。


チーナ ミニアルバム!!

チーナ 『DOCCI』 8月6日発売

ピアノヴォーカル、ヴァイオリン、コントラバス、ギター兼マイクロコルグ、ドラムの5人から成る独特の個性を放つグループ。ポップス/クラシック/ロック/オーガニックといった要素を自由に操りオーケストラルな音が印象的で唯一無二の境地に達している。アコースティックな楽器編成だが枠にとらわれずダイナミックなサウンドから繊細な表現まで多様な演奏を得意とし、変幻自在かつ緻密な音楽性で独特な視点で捉えた歌詞やメロディーが特徴。ライブパフォーマンスもパワフルでハッピーでポップで「チーナ」の音楽世界を表現している。『アンドロイド』が映画の主題歌にも抜擢、昨年はmouse on the keys、きのこ帝国等とカナダツアーを行いチケットはソールドアウト、今後海外での活動も視野に入れている。



HMV オリジナル特典:ステッカー

※特典は先着になりますので、有無は商品詳細ページでご確認下さい。


※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

ミニアルバム登場!

DOCCI

CD

DOCCI

チーナ

価格(税込) : ¥1,890
会員価格(税込) : ¥1,739
まとめ買い価格(税込) : ¥1,550

発売日:2014年08月06日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

フィーチャー商品