トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > デッカ・フェイズ4ステレオ・ボックス(40CD+ボーナスCD)

デッカ・フェイズ4ステレオ・ボックス(40CD+ボーナスCD) クラシックお買得ボックス・ニュースへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2014年7月18日 (金)

ご購入はこちら


デッカ・フェイズ4ステレオ・ボックス(40CD+ボーナスCD)
オリジナル・ジャケット・コレクション
ストコフスキー、ミュンシュ、ラインスドルフらの鮮明録音!


アナログ時代のデッカは音の良さで有名でしたが、「ffrr」「ffss」という主流の方式に加え、そうした高音質評価形成の一翼を担ったのが「フェイズ4ステレオ」でした。
 ストコフスキー晩年の、うなりをあげるようなコントラバスの音などは、このマルチ・マイク録音があって初めて実現したものでしたし、ミュンシュやラインスドルフ盤の細部まで鮮明な華麗なサウンドにも大きく貢献していたと思います。
 2014年はフェイズ4方式によるクラシック・アルバムが発売されてちょうど50年目にあたる年ということで、今回、フェイズ4の名盤40枚を集めたボックスが登場することとなりました。
 内容は初CD化や廃盤復活タイトルを多く含むもので、各ディスクは、オリジナル・ジャケット・デザインによる紙ジャケットに封入、128ページのフルカラー・ブックレットには、1972年から78年にかけてフェイズ4のプロデューサーを務めたティム・マクドナルド氏のストーリーが英文で掲載されています。
 なお、ボーナス・ディスクとして、ブラス系のポピュラー・ミュージシャンであるボブ・シャープルズによる『バトル・ステレオ』と題されたアルバムが付属、マルチ・マイク録音によるダイナミックで克明なサウンドを楽しむことができます。

【フェイズ4】
1963年にデッカ・アメリカが開発した録音方式。20チャンネルのマルチ・マイク・システムで収録した音を、特別なミキサーを通してアンペックスの4トラック・レコーダーで録音、2チャンネルのステレオにミックスダウンするというものでした。その後、デッカはヨーロッパでもこの方式を取り入れています。
 クラシック音楽のLPは1964年に初めて発売され、その後、約200枚のフェイズ4方式録音によるクラシックLPが制作されています。(HMV)



【収録情報】

Disc1
● スーザ:星条旗よ永遠なれ
● エル・キャピタン
● 士官候補生
● ワシントン・ポスト
● ピカドール,無敵の荒鷲
● 忠誠
● マンハッタン・ビーチ
● 自由の鐘
● 雷神
● キング・コットン
● 海を越えた握手
 ロドニー・バッシュフォード中佐(指揮)
 英国近衛歩兵グレナディア連隊軍楽隊
 録音:1966年

Disc2
● ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
● ガーシュウィン:パリのアメリカ人
 スタンリー・ブラック(指揮)ロンドン・フェスティヴァル管弦楽団
 録音:1965年

● ガーシュウィン:アイ・ガット・リズムによる変奏曲
 デヴィッド・パークハウス(P)
 バーナード・ハーマン(指揮)ロンドン・フェスティヴァル・レコーディング・アンサンブル
 録音:1971年

Disc3
● ハチャトゥリアン:スパルタカス
● ハチャトゥリアン:仮面舞踏会
● ハチャトゥリアン:ガイーヌよりバレエ組曲
 スタンリー・ブラック(指揮)ロンドン交響楽団
 録音:1978、1972年

Disc4
● ドヴォルザーク:スラヴ舞曲Op.46-1&8
● J.シュトラウスII:『こうもり』より仲良しのワルツ
● グリエール:ロシアの水夫の踊り
● ポンキエッリ:時の踊り
● サン=サーンス:死の舞踏
● ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
● ファリャ:『三角帽子』より農夫の踊りと終幕の踊り
● チャイコフスキー:『眠れる森の美女』よりワルツ
● R=コルサコフ:軽業師の踊り
● ウェーバー:舞踏への勧誘
● スメタナ:道化師の踊り
● カバレフスキー:道化師のギャロップ
 スタンリー・ブラック(指揮)ロイヤル・フィル、ロンドン交響楽団
 録音:1966、1971年

Disc5
● ラヴェル:ボレロ
● ボロディン:だったん人の踊り
● R=コルサコフ:スペイン奇想曲
● チャイコフスキー:イタリア奇想曲
 スタンリー・ブラック(指揮)ロンドン・フェスティヴァル管弦楽団
 録音:1964年

Disc6
● リスト:ピアノ協奏曲第1番
● リスト:ピアノ協奏曲第2番
 アイヴァン・デイヴィス(P)
 エドワード・ダウンズ(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1971年

● ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
 イヴァン・デイヴィス(P) ヘンリー・ルイス(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1970年

Disc7
● ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』
 アンタル・ドラティ(指揮)ニュー・フィルハーモニ管弦楽団
 録音:1966年

● コダーイ:ハーリ・ヤーノシュ組曲
 アンタル・ドラティ(指揮)オランダ放送フィル
 録音:1973年

Disc8
● オルフ:カルミナ・ブラーナ
 アンタル・ドラティ(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1976年

Disc9
● プロコフィエフ:ピーターと狼
● ブリテン:青少年のための管弦楽入門
 アンタル・ドラティ(指揮)ロイヤル・フィル
 ショーン・コネリー(ナレーション)
 録音:1966年
● プロコフィエフ:キージェ中尉組曲
 アンタル・ドラティ(指揮)オランダ放送フィル
 録音:1973年

Disc10
● レスピーギ:風変わりな店(ロッシーニ原曲)
● レスピーギ:ロッシニアーナ(ロッシーニ原曲)
 アンタル・ドラティ(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1976年

Disc11:Magnificent Voice Of Eileen Farrell
● You'll Never Walk Alone
● Bless This House
● I Got Dat Feelin'
● Climb Ev'ry Mountain
● Nobody Knows The Trouble I've Seen
● If I Could Tell You
● If I Loved You
● Trees
● We Shall Overcome
● The Lord's Prayer
● Deep River
● Peace Of Mind
 アイリーン・ファレル(Sp)
 ロバート・シャープルズ(指揮)ロンドン・フェスティヴァル管弦楽団
 録音:1963年頃

Disc12
● シベリウス:フィンランディア
● グリーグ:『ペール・ギュント組曲』より朝
● グリーグ:オーゼの死
● グリーグ:アニトラの踊り
● グリーグ:山の魔王の宮殿にて
● グリーグ:ソルベーグの歌
● ドヴォルザーク:スラヴ舞曲Op.46-1
● スメタナ:モルダウ
● ヴォーン・ウィリアムズ:イギリス民謡組曲
● アイヴズ:アメリカの主題による変奏曲
 アーサー・フィードラー(指揮)ボストン・ポップス
 録音:1977年

Disc13
● ガーシュウィン:ガール・クレイジー組曲
● ガーシュウィン:オー・ケイ序曲
● ガーシュウィン:ファニー・フェイス序曲
● ガーシュウィン:レット・エム・イート・ケーク序曲
● ガーシュウィン:君に捧げる歌序曲
● ガーシュウィン:ウィンターグリーンを大統領に
● ガーシュウィン:3つの前奏曲
● ガーシュウィン:ラプソディー第2番
 アーサー・フィードラー(指揮)ボストン・ポップス
 録音:1978年

Disc14
● J.シュトラウスII:美しく青きドナウ
● J.シュトラウスII:ウィーンの森の物語
● J.シュトラウスII:春の声
● J.シュトラウスII:芸術家の生活
● J.シュトラウスII:南国のバラ
● チャイコフスキー:くるみ割り人形組曲
 アーサー・フィードラー(指揮)ボストン・ポップス
 録音:1975年

Disc15-16
● チャイコフスキー:白鳥の湖(全曲)
 アナトール・フィストゥラーリ(指揮)オランダ放送フィル
 録音:1973年

Disc17
● チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
● メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
 ルッジェーロ・リッチ(Vn)
 ジャン・フルネ(指揮)オランダ放送フィル
 録音:1974年

Disc18
● バーナード・ハーマン:サイコ
● バーナード・ハーマン:マーニー
● バーナード・ハーマン:北北西に進路を取れ
● バーナード・ハーマン:めまい
● バーナード・ハーマン:ヒッチの肖像
 バーナード・ハーマン(指揮)ロンドン・フィル
 録音:1968、1969年

Disc19
● バーナード・ハーマン:地底探検
● バーナード・ハーマン:シンドバッド7回目の航海
● バーナード・ハーマン:地球の静止する日
● バーナード・ハーマン:華氏451
 バーナード・ハーマン(指揮)ナショナル・フィル
 録音:1973年

Disc20
● ビゼー:カルメン(抜粋)
 マリリン・ホーン(Ms)
 ヘンリー・ルイス(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1970年

● チャイコフスキー:交響曲第6番
 ヘンリー・ルイス(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1968年


Disc21
● ベートーヴェン:交響曲第6番『田園』
● R.シュトラウス:ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
 ヘンリー・ルイス(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1969-70年

Disc22
● R.シュトラウス:死と変容
● チャイコフスキー:フランチェスカ・ダ・リミニ
● プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番
 イスラエラ・マーガリット(P)
 ロリン・マゼール(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1971年

Disc23
● マーラー:交響曲第1番『巨人』
 エーリヒ・ラインスドルフ(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1971年

● ワーグナー:『タンホイザー』序曲とヴェヌスベルクの音楽
 エーリヒ・ラインスドルフ(指揮)ロンドン交響楽団
 録音:1969年

Disc24:アメリカーナ
● リパブリック讃歌
● アメリカ・ザ・ビューティフル
● ホー・ダウン
● ビューティフル・ドリーマー
● オクラホマ
● アルマンティエールからマドモアゼル
● 草競馬
● なつかしの大草原
● ブロウ・ザ・マン・ダウン
● ウィッフェンプーフスの歌
● アスク・ノット
 ロバート・メリル(Br)
 スタンリー・ブラック(指揮)ロンドン・フェスティバル管弦楽団&合唱団
 録音:1965年

Disc25
● ビゼー:カルメン組曲より
● アルルの女第1組曲
 シャルル・ミュンシュ(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1967年

Disc26
● オッフェンバック:パリの喜び
● レスピーギ:ローマの松
● ローマの噴水
 シャルル・ミュンシュ(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1965、1967年

Disc27:Flamenco Puro Live
● Llano Gitano
● La piedra escrita
● Giralda de Sevilla
● De badajoz a Madrid
● Agua
● viento
● nieve y frio
● Ay mi Romera
● El burdon y la prima
● Feria de Sevilla
● Fiesta de Triana y Jerez
 パコ・ペーニャ(G)&ヒズ・グループ
 録音:1971年

Disc28
● ケテルビー:修道院の庭で
● ケテルビー:ウェッジウッドの青
● ケテルビー:エジプトの秘境で
● ケテルビー:牧場を渡る鐘
● ケテルビー:中国の寺院の庭で
● ケテルビー:心の奥深く
● ケテルビー:楽しいハムステッド地区
● ケテルビー:ファントム・メロディ
● ケテルビー:ペルシャの市場にて
 エリック・ロジャーズ(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1969年
● フバイ:おいでよカティ
● ゴダール:ジョスランの子守唄
● チャイコフスキー:感傷的なワルツ
● スターンホールド:ジプシーの祭り
● マスネ:タイスの瞑想曲
● ホイベルガー:離れた部屋
● コルンゴルト:『空騒ぎ』より間奏曲
● チャイコフスキー:ただあこがれを知る者だけが
● モンティ:チャルダッシュ
 ヨゼフ・サコノフ(シドニー・サックス)(Vn) ロンドン・フェスティヴァル管弦楽団
 録音:1972年

Disc29
● ミクロス・ローザ:映画『ベン・ハー』からの音楽
 ミクロス・ローザ(指揮)ナショナル・フィル
 録音:1976年

Disc30
● ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』
 ヘザー・ハーパー(Sp) ヘレン・ワッツ(A) アレグザンダー・ヤング(T) ドナルド・マッキンタイア(Bs) ストコフスキー(指揮)ロンドン交響楽団
 録音:1967年
● ベートーヴェン:エグモント序曲
 ストコフスキー(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1973年

Disc31
● ベルリオーズ:幻想交響曲
 ストコフスキー(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1968年
● べルリオーズ:『ファウストの劫罰』より妖精の踊り
 ストコフスキー(指揮)ロンドン交響楽団
 録音:1970年
● ラヴェル:バレエ音楽『ジャンヌの扇』よりファンファーレ
 ストコフスキー(指揮)ヒルヴェルスム放送管弦楽団
 録音:1970年
● ラヴェル:ダフニスとクロエ第2組曲
 ストコフスキー(指揮)ロンドン交響楽団
 録音:1970年

Disc32
● ムソルグスキー(ストコフスキー編):展覧会の絵
 ストコフスキー(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1965年
● ムソルグスキー:『ボリス・ゴドゥノフ』(ストコフスキー管弦楽編曲集)
 ストコフスキー(指揮)スイス・ロマンド管弦楽団
 録音:1968年
● ムソルグスキー(ストコフスキー編):禿山の一夜
 ストコフスキー(指揮)ロンドン交響楽団
 録音:1967年
● チャイコフスキー:イタリア奇想曲
 ストコフスキー(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1969年

Disc33
● R=コルサコフ:シェエラザード
 ストコフスキー(指揮)ロンドン交響楽団
 録音:1964年
● R=コルサコフ:スペイン奇想曲
 ストコフスキー(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1973年
● ボロディン:だったん人の踊り
 ストコフスキー(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1969年

Disc34
● チャイコフスキー:交響曲第5番
 ストコフスキー(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1966年
● グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲
 シルヴィア・マルコヴィチ(Vn)
 ストコフスキー(指揮)ロンドン交響楽団
 録音:1972年

Disc35
● チャイコフスキー:白鳥の湖(抜粋)
● チャイコフスキー:眠れる森の美女(抜粋)
 ストコフスキー(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1965年
● チャイコフスキー:ロメオとジュリエット
 ストコフスキー(指揮)スイス・ロマンド管弦楽団
 録音:1968年
● チャイコフスキー:スラヴ舞曲
 ストコフスキー(指揮)ロンドン交響楽団
 録音:1967年

Disc36
● ヴィヴァルディ:協奏曲集『四季』
 ヒュー・ビーン(Vn)
 ストコフスキー(指揮)ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1966年

Disc37
● ワーグナー:夜明けとジークフリートのラインへの旅立ち
● ワーグナー:ワルハラ城への神々の入場
● ワーグナー:森のささやき
● ワーグナー:ジークフリートの葬送行進曲
● ワーグナー:ワルキューレの騎行
● ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲
 ストコフスキー(指揮)ロンドン交響楽団
 録音:1966、1972年

Disc38
● バッハ:トッカータとフーガ ニ短調BWV.565
● バッハ:前奏曲変ホ短調BWV.853
● バッハ:ゲッセマネのわが主イエスよBWV.487
● バッハ:コラール前奏曲『われらは唯一の神を信ず』BWV.437
● バッハ:コラール『キリストは死のとりことなれり』
● バッハ:パッサカリアとフーガ ハ短調BWV.582
● ラフマニノフ:前奏曲Op.3-2
 ストコフスキー(指揮)チェコ・フィル
 録音:1972年
● バード:ソールズベリー伯爵のパヴァーンとガリアード
● クラーク:トランペット・ヴォランタリー
● シューベルト:楽興の時D.780-3
● ショパン:マズルカ第13番
● チャイコフスキー:無言歌Op.40-6
● デュパルク:恍惚
 ストコフスキー(指揮)ロンドン交響楽団
 録音:1972年

Disc39
● 黄河協奏曲
 イレーナ・ヴェレッド(P) エルガー・ハワース(指揮)ナショナル・フィル
 録音:1972年
● モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番
 イレーナ・ヴェレッド(P) ローレンス・フォスター(指揮)ロイヤル・フィル
 録音:1973年

Disc40
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番『ワルトシュタイン』
● シューベルト:さすらい人幻想曲
● ストラヴィンスキー:『ペトルーシュカ』からの3楽章
 イレーナ・ヴェレッド(P)
 録音:1977、1975年

Disc41:ボーナスディスク
● American Revolutionary War(ボブ・シャープルズ編)
● Russian War 1812(ボブ・シャープルズ編)
● United States Civil War(ボブ・シャープルズ編)
● Crimean War(ボブ・シャープルズ編)
● World War One Medley(ボブ・シャープルズ編)
● Battle Of Britain(ボブ・シャープルズ編)
 ボブ・シャープルズ(音楽監督)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

デッカ・フェイズ4ステレオ・ボックス(40CD+ボーナスCD)

CD 輸入盤

デッカ・フェイズ4ステレオ・ボックス(40CD+ボーナスCD)

ユーザー評価 : 4点 (2件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥14,472
会員価格(税込) : ¥12,591
まとめ買い価格(税込) : ¥9,407

発売日:2014年09月20日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

3/26(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です