トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > 【特集】 lecca ニューアルバム『tough Village』セルフライナーノーツ

【特集】 lecca ニューアルバム『tough Village』セルフライナーノーツ

2014年7月23日 (水)

2010年の大ヒットアルバム『パワーバタフライ』以来、4年振りに“夏”にリリースされるフルアルバムが到着!
leccaのルーツの一つであるレゲエミュージックを中心にした、この夏のマストアイテム『tough Village』を、leccaさん自身に楽曲解説していただきました。


   上がるLIFE
「アガル」ってそれ一言だけだといろんな意味にとらえられると思うんですが、ここで私が使っている意味は上にのぼっていくという「上がる」。
まぁ、特に女性の人生にいえることですが最も自由で華やか(で、ちやほやされる?)な華の20代が過ぎれば、後は容姿や体力ややる気やその他もろもろが全て下降線をたどるのでは…という刷り込まれた古い価値観がもしかしたらあるとして、しかしそれって違うんじゃあないか?
人の知恵をもってすれば、いくらでも下降せずにむしろ上げていく方法はあるんじゃあないか、ということを歌った曲です。私自身も、昨日より今日、今日より明日に理想の自分に近づいていたいと思います。コントロール可能な自分の人生は楽しいです。

   INSIDE WARRIOR
街を歩いていて、ひそやかな闘志を秘めたような顔つきでイヤホンをしながら前方をにらんで進んで行く若者たちを見ながら浮かんだ曲です。
自分の体の外側と内側で温度差や違和感を感じることがあったとしても、それを表に出しながら喧嘩をしていくのではなくて、自分の中で信じる何かを大事に保ちながら進んで行く。そんな本当のWARRIORたちには、きっといつでも自分を鼓舞してくれるような音楽も必要で。
私自身、世界と自分のかけ離れた距離や趣味嗜好の違いに悩んだ青春時代はよくイヤホンのなかに逃げ込んでいたような気がします。
音楽がくれる勇気。いまでもそれを信じて。

   Vibes Up feat. JUMBO MAATCH
レゲエってなんだろう。レゲエミュージックの良いところ、強さって一体どういうところなんだろう。というのをデビュー以来初めてこんなに真摯に考えて作った今回のアルバムの、姿勢を一途に表現してくれるのがこの曲かもしれません。大好きで、初めてフェスでステージを見たときからファンでもあるJUMBO MAATCHさんを迎えて、トラック作りからテーマ選びまでちまちま嫌がらせのようにご意見を伺いつつ作りましたが、JUMBOさんはとっても優しくその制作に付き合って下さいました。
こんなに元気の出る音楽、他にはない。こんなに熱いメッセージや魂を内包している音楽って、これしかない。そう信じる気持ちをのせて、ビデオにはさらにレゲエダンスのチャンピオンを呼び集めて努(オンナマタヂカラ)がフリやフォーメーションを考えて合わせてきてくれました。なんかバイブスあがる。それに尽きる問題だったりもします。

   きっと大丈夫
誰だって心弱くなるときはあるもんです。パワーやエネルギーが自身からは生まれてこない、長い人生のなかにはそんなツライ時期もあるもんです。そんな時こそ、その人を取り囲む周りの人間の出番。あなたが元気ないなら、私が元気だしていくわ。あなたが前に進めないなら、私が進んであなたのことも引っ張ってくわ。そんなメッセージを単刀直入に歌ったとってもシンプルでまっすぐな曲でございます。人はどうやら、良い時ばかりではないし悪い時ばかり続くわけでもないものだから。だからこそ、もちつもたれつがいい。自分てきにはあと、サビ最後の「まじめにひたむきにただ歩いてく〜」のラインが気に入ってたりします。日本人最高!

   あきらめ女とラレ男
確か大阪ビルボードで一日限定のスペシャルライブをやらせて頂いたときの一回目の公演のMCで何故かヒートアップして私が言ったこと。それは、「もう、男たちのことは、あきらめましたー!」という内容のことだったと思いますが、この日のお客さんの中に私の高校時代の友人も混じっていて、後日改めてこの台詞にはいたく同感だったと説かれて。なんだ、あんだけ歌って感動したのはそこかと思う一方、よっしゃこれは歌にせねばと決意しました。
とかいって超書きやすかったのでリリックは多分2時間以内で書きました。説明はあえてしません。ちなみにフィクションなので、登場人物は実在する誰かではありません…。あえて言うなら私のチェックする某大手の主婦さんたちが日々のあれこれを書き込むサイトにたくさんヒントがありました。

   busy ガール
『働く♀の子』、の続編のような曲を、ととある事情があって注文されて作り始めた曲ですが、『働く♀の子』よりさらに進化して「内なる美」みたいなものも持っていたいわなんていう欲さえ垣間見えてくる女の子が主人公です。とりあえずこの現代社会のハードコアさは私たちの父ちゃん母ちゃんにも到底理解できないほどのめまぐるしさ、男性にとっては自分らの父ちゃんを手本にしては自身のプライドを保つのが難しいような、女性にとっては自分らの母ちゃんを見本にしては自分が女性失格に思えるような、そんなクロスジェンダーな意味でも大変ハードモードな毎日だと思われます。私たちの見本は多分同世代しかなり得ないのかもしれないですね〜。だって時代は昔と違うもん。 さぁそんなわけで今日もみなさんお仕事です。

   SUKI!
M4とM7はHAZARD BEATSによる生演奏でお届けしております!生演奏だけでは他の曲からやや浮いてしまいがちなデジタルな音色のプラス部分はMi3くんにお願いしました。こっちの曲は合わせていくほどに全員の呼吸がひとつになっていって、レコしたのは4月頭でしたが既にもう南国の空気が運ばれてくるようなあたたかさに包まれているスタジオでした。この曲は聴きようによってはそれが何を表すのか、というのが人によって全然違うと思います。
私は自分の好きな事を想定しましたけど。好きな人とかでもいいのかもしれない。好きだからこそ、とことんやりきるぞ!ってこのトラックでいわれると何だかポジティブで良さげですね。

   君にしかないもの
タイトルにはそこまで意味はないですが、自分という人間がだめになりそうな時も身近で笑顔をわけてくれる存在、それが恋人でも家族でも友達でも、がいると、ぐっと自分の背中を押してってくれたりするものです。私にはないなぁ、その才能!というような特性/特徴を持っている魅力ある人物って、ぐるりと周りを見渡してみるとかなりたくさんおりまして。私も人の背中を押せるような存在になりたいわぁ、なんて思いつつ、いつも感じるのは押されている側の自分だったりします。
意外と、伝えたいこととか、伝えるべきことって、シンプルだったりしますね。そして、見習いたい、なんて思えるそんな相手がいる人生や世間にも感謝したいです。
私はこの曲はラブソング!のつもりで書きました!

   JUST 1 TIME
初めて人からご紹介頂いた774[DIGITAL NINJA RECORDS]のトラック先行の曲です!たくさん格好いいトラックを聴かせて頂いたんですが、一番先に歌入れしたくなったのがこれでした。テーマは、例えばスポーツ選手の人生。私もスポーツを見て応援するのが好きで、今年はフィギュアやサッカーや野球をちらちらを見させてもらってますが、その人にとってそこで頑張るということはその人自身が子どもの頃からの夢や犠牲やすべてをかけて捧げながら追い求める人生そのものであって、「たった一度でも」その夢を叶えるまでは、想いを捨て去るなんてことはできないのだろうなぁと思います。シンクロして私もそう思います。そのたった一度、が、例えば試合の勝利なのか、トーナメントの優勝なのか、最高点なのか、それは何なのかわかりませんが、その人にとってのたった一度が果たされるまで、きっと努力をやめるなんていうことはできないのだと思います。(勝手にキングカズや浅田真央ちゃんを見て想像しながらあれこれ考えてしまいました。)

   Soldiers feat. Spinna B-ILL
ビルさんと一緒にやるなら…といくつかテーマや曲調を考えたなかで、私が好きなビルさんの歌にはとても強い心の芯があるということを再確認しました。その一言で、聴いた人のこころにぽっと光をともすような暖かくて力のある歌を歌えるのがビルさんという人です。この曲ではビルさんには自由に今最も伝えるべき、伝えたいメッセージを歌にしてもらいつつ、私自身はそれを説明するというよりも同列に立ちながら違った目線で口にする、そんな雰囲気で構成させてもらいました。トラックアレンジはMi3くんです。アルバムでも最もsmorkyな一曲かもしれません。人生の底、にいるように感じるその時にも、こんなのはよくある話だ。と言えたとしたらとても強いことですね。

   充分エブリディ
個人的にこういう曲がとても好きです。世の中には電波にのせちゃあいけないことやあまり公には言ってはいけないこともたくさんあることがわかりましたが、音楽の中では嘘はつきたくないものです。人がしあわせに生きるために、必要なものというのはそんなに山ほどあるわけではないと思います。むしろ人の気持ちというのはとてももともとは質素で、それを消費や見栄に結びつかせているのはどこかから受ける煽りなのかも。
こんなにたくさんあったら、もういいじゃない。そんな気持ちで書いたリリックだったので、すごく楽しかったです。トラックは『君にしかないもの』の縄田さん!レゲエのことは分かりませんと言いながら、いつも最高なアレンジです!

   growing
WolfJunkくんのトラック先行の曲です。彼の曲はポップでキャッチーで大好きです。テーマはずばり「成長」で、ある時ふと思ったのが人ってたくさん間違いがあってたくさんおかしな出来事やよくない結果も経て、それでむしろどうしたら自分はまっとうな道をゆけるだろうかと考えてより成長できるのではないかと。そんな思いを詰め込んだ一曲なわけですが、聴くたびにやっぱり自分という人間が変わっていってもいいのだ、古いところに固執することはないのだと思うと胸のすく思いです。積み重ねるというよりも、展開していく人生。そんな人生を送っていけるように私もがんばりま〜す。

   Brave New World
リリックの面で少々悩むところもありましたが、結局悩んだところはなおさずそのまま入れました。子ども全員に届けたい曲です。どんな子どもとは限らず、全ての子ども=全ての親を持つ大人たちも含めての「子ども」に。核家族化が進むほどに子ども同士の格差も広がって、貧困すら遺伝すると言われる現代日本。わりをくうのはいつだって小さな弱い人たち。親からもらった世界でしか生きれないと思い込んだまま人生を送り、終わらせることはない。歌詞の中でも言っているので、あまり説明する必要もないですね。すべての子ども達を育てて導いて行く義務はすべての大人にあると思います。
「家族」が稀薄なら、「社会」が濃密になることだってできるのではないか。私はそうも考えます。

   proud of me [Bonus track]



▼ 本人より直筆メッセージ到着!





【HMV ONLINE オリジナル特典】 応募抽選で直筆サイン入りポスターを5名様にプレゼント

lecca 『tough Village』(CTCR14831/B・CTCR14832) および『LIVE TOUR 2014 TOP JUNCTION』(CTBR92099・CTXR92098)を期間中にご購入されたお客様の中から抽選で5名様に直筆サイン入りポスターをプレゼント!

購入対象期間 ( 〜2014/08/20 ※予約の方も対象となります)
応募対象期間 ( 2014/08/05〜2014/08/27)
(当選は賞品の発送をもってかえさせていただきます)
※応募方法:対象商品出荷後に、メールで応募フォームのURLをお知らせ致します。
※HMV本サイト及びHMVモバイルサイト以外からのご購入、非会員でのご購入は特典対象外となります。
※商品出荷のタイミングによっては応募対象期間を過ぎる場合がございますことをご了承下さい。
※HMVストア(店舗)、HMV 楽天市場ストアでのお買い上げは対象外です。

 lecca 『tough Village』[2014年08月06日]

lecca 『tough Village』 “いつも笑わせてくれる 背中を押すようにして...” 愛する人への感謝と、共に生きる喜びを歌った爽やかで感動的な「君にしかないもの」、大阪レゲエシーンの雄、Mighty Jam RockのJUMBO MAATCHを迎えたこの夏必聴のダンスホールチューン「Vibes Up feat. JUMBO MAATCH」、“Mr.ライオンの子”Spinna B-ILLとの感動的な社会派ラガバラード「Soldiers feat. Spinna B-ILL」など、今作も話題作が満載!更に、Bonus trackとして「proud of me」も収録! leccaのルーツの一つであるレゲエミュージックを中心にした、この夏のマストアイテムが誕生!!

ご購入はこちら

▼ 同時発売で、LIVE DVD&Blu-rayもリリース!

 lecca 『LIVE TOUR 2014 TOP JUNCTION』[2014年08月06日]

lecca 『LIVE TOUR 2014 TOP JUNCTION』 2014年3月、北海道から沖縄まで大盛況のうちに終えた「lecca LIVE TOUR 2014 “TOP JUNCTION”」から、Zepp Tokyo公演の模様を完全収録!RHYMESTER,、TEEとのパフォーマンスも必見!

ご購入はこちら
Twitter【 最新J-POP情報つぶやき中! HMV J-POP Twitter!】
HMVの邦楽バイヤーによる、邦楽専門アカウントです。独自の視点でオススメ作品をご紹介!特集・連載企画などもバシバシUpしていきますよ。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

フィーチャー商品

tough Village (+DVD)

CD

tough Village (+DVD)

ニッチェ

価格(税込) : ¥3,456
会員価格(税込) : ¥3,110
まとめ買い価格(税込) : ¥2,938

発売日:2014年08月06日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

フィーチャー商品

  • tough Village

    CD

    tough Village

    ニッチェ

    価格(税込) : ¥3,024
    会員価格(税込) : ¥2,782
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,570

    発売日:2014年08月06日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ 対象商品です

フィーチャー商品

  • LIVE TOUR 2014 TOP JUNCTION (DVD)

    DVD

    LIVE TOUR 2014 TOP JUNCTION (DVD)

    ニッチェ

    価格(税込) : ¥5,184
    会員価格(税込) : ¥2,074

    発売日:2014年08月06日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • LIVE TOUR 2014 TOP JUNCTION (Blu-ray)

    Blu-ray Disc

    LIVE TOUR 2014 TOP JUNCTION (Blu-ray)

    ニッチェ

    価格(税込) : ¥6,264
    会員価格(税込) : ¥5,638
    まとめ買い価格(税込) : ¥5,324

    発売日:2014年08月06日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ 対象商品です