トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > トスカニーニの第9、オープンリール・テープ復刻

トスカニーニの第9、オープンリール・テープ復刻

2014年6月25日 (水)

トスカニーニのベートーヴェン第9
ファン待望のオープンリール・テープ復刻登場!


【制作者より】
トスカニーニのオリジナル・モノラルによるオープンリール・テープは中古市場でも非常に珍しいものですが、その中でもベートーヴェンの交響曲第9番『合唱』(EC-52)は特に入手難として知られています。しかし、2014年になって幻化していたテープを入手、CD化にいたりました。音質は予想以上に情報量が多く、特に中低域は豊かで、全体的には非常に肉厚で艶やかです。また、モノラルながら広がりも十分で、残響が意外に多いことにも気づかされます。従来のディスクではいかにも窮屈に鳴っていた印象が、大きく変わってくるものと思われます。
 解説にはジョン・M・コンリーが月刊誌に掲載した「トスカニーニ『第9』を録音」を掲載しています。これはこのディスクの録音セッションを詳細に伝えた文章で、準備の段階から指揮者の登場、セッション中の様子、休憩時間のトスカニーニ、録音の完成と指揮者の許諾、トスカニーニ家の再生装置のことなど、演奏内容とぴたりと一致した読み物です!(平林直哉)

【収録情報】
・ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

 アイリーン・ファーレル(ソプラノ)
 ナン・メリマン(メゾ・ソプラノ)
 ジャン・ピアース(テノール)
 ノーマン・スコット( バス)
 ロバート・ショウ合唱団(合唱指揮:ロバート・ショウ)
 NBC交響楽団
 アルトゥーロ・トスカニーニ(指揮)

 録音時期:1952年3月31日、4月1日
 録音場所:ニューヨーク、カーネギー・ホール
 録音方式:モノラル(セッション)
 使用音源:RCA (U.S.A.) EC-52(2トラック、19センチ、オープンリール・テープ)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲第9番『合唱』 トスカニーニ&NBC交響楽団(1952)(平林直哉復刻)

CD 輸入盤

交響曲第9番『合唱』 トスカニーニ&NBC交響楽団(1952)(平林直哉復刻)

ベートーヴェン(1770-1827)

ユーザー評価 : 5点 (3件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,905
会員価格(税込) : ¥1,390
まとめ買い価格(税込) : ¥1,390

発売日:2014年08月02日

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です