トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > タバコフのショスタコーヴィチ交響曲第8番

タバコフのショスタコーヴィチ交響曲第8番 ショスタコーヴィチ・ニュースへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2014年5月29日 (木)


ブルガリアの名指揮者エミール・タバコフの
ショスタコーヴィチ交響曲全集第2弾!
日本語解説付き!


タバコフ指揮のブルガリア国立放送響による『ショスタコーヴィチ:交響曲全集』の第2弾。ブルガリア国立音楽院でコントラバスと指揮を学んだエミール・タバコフ(1947年生まれ)は、作曲家としても活動し、様々な方面で活躍しています。彼の名が、日本のリスナーも含めて広く知れ渡ったのは、1990年前後に録音したソフィア・フィルとのマーラーの交響曲全集でした。アンサンブル的には決してヴィルトゥオーゾとはいえなかったオーケストラを率いて、非凡なマーラーを聴かせ、カルトな人気を得ました。2008年からブルガリア放送響のシェフに招かれて、オーケストラ・ビルダーとしての手腕を発揮し、同響の演奏レベルをメキメキと上げてきました。
 タバコフの指揮は、オーケストラの機能をいかに発揮するかに主眼が置かれ、作曲家らしい音楽の流れを重視した自然体の解釈に好感が持てます。例えば、楽句のセクションごとの区分が明確で、どのフレーズもクリアに聴き分けられて、見通しが良好。そして長大な両端楽章とスケルツォ的な第2、第3楽章、そして陰鬱な第4楽章の対比も鮮やかで、それぞれの音楽の性格が適切に描かれています。両端楽章中間部の強奏部は、ただ音が大きく力技で押し切るのではなく、厳しさの点に於いて、どことなくムラヴィンスキーを彷彿とさせる部分もある、というのは言い過ぎでしょうか。
 加えて、本盤は録音の良さも特筆に値するでしょう。このシリーズが完成すればマーラーに代わるタバコフの代表盤となるでしょう。(TOBU)

【収録情報】
・ショスタコーヴィチ:交響曲第8番ハ短調 Op.65(演奏タイミング 28:41/6:32/6:21/11:38/13:33)

 ブルガリア国立放送交響楽団
 エミール・タバコフ(指揮)

 録音時期:2013年1月
 録音場所:ソフィア、ブルガリア国立放送スタジオ1
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲第8番 タバコフ&ブルガリア国立放送交響楽団

CD 輸入盤

交響曲第8番 タバコフ&ブルガリア国立放送交響楽団

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

価格(税込) : ¥2,473
会員価格(税込) : ¥2,152
まとめ買い価格(税込) : ¥1,608

発売日:2014年07月05日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

交響曲第4番 タバコフ&ブルガリア国立放送交響楽団

CD 輸入盤

交響曲第4番 タバコフ&ブルガリア国立放送交響楽団

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,473
会員価格(税込) : ¥2,152
まとめ買い価格(税込) : ¥1,608

発売日:2014年04月03日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です