トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > デイヴィス/『オックスフォード』ほかハイドンの交響曲集

デイヴィス/『オックスフォード』ほかハイドンの交響曲集

2014年5月16日 (金)

コリン・デイヴィス&ロンドン交響楽団
活き活きとした表情、風格あふれる佇まい
『オックスフォード』ほかハイドンの交響曲集


コリン・デイヴィスがロンドン響を指揮してハイドンの交響曲を演奏したセットが「LSO Live」より登場。もちろんすべて初出で、ベルリオーズ、シベリウス、ヴォーン・ウィリアムズの未発表音源が投入された愛蔵家版ボックス「サー・コリン・デイヴィス・アンソロジー」につづいて、こうして次々とかけがえのないドキュメントが日の目をみるのはなんともうれしい限りです。
 1970年代半ばから80年代初めにかけて、デイヴィスはコンセルトヘボウ管を指揮して、『ザロモン・セット』を含むハイドンの交響曲19曲をオランダの「Philips」にセッション録音していますが、その優美で格調高い演奏内容は、モダン楽器のオーケストラによる古典派演奏のひとつの頂点を築いたデイヴィスのベスト・フォームとして、いまなお多くのファンの根強い支持を得ています。
 以来、アルバム収録の5曲すべてが、デイヴィスにとっておよそ30年以上を経ての再録音となるハイドンの交響曲は、2010年と2011年に、最晩年にしてまだまだ意欲旺盛な巨匠がニールセンの交響曲全曲にあらたに挑むということでも話題を集めたコンサート・シリーズで、各回の前半に演奏されたプログラム。ガーディアン紙をはじめ、演奏会評もこぞってたいへん好意的であっただけに出来ばえにはおおいに期待が高まります。
 加えて、デイヴィスが同じくロンドン響を指揮してライヴ収録した2007年10月の『天地創造』(LSO0628)2010年6月の『四季』(LSO0708)でも確かめられるように、前回からここに至るピリオド・アプローチの成果も適宜盛り込まれるなど、新旧の比較も聴きどころのひとつといえそうです。(キングインターナショナル)

【収録情報】
ハイドン:
・交響曲第92番ト長調 Hob.I:92『オックスフォード』(録音時期:2011年10月2,4日)
・交響曲第93番ニ長調 Hob.I:93(録音時期:2011年12月11,13日)
・交響曲第97番ハ長調 Hob.I:97(録音時期:2010年5月6,9日)
・交響曲第98番変ロ長調 Hob.I:98(録音時期:2011年12月4,6日)
・交響曲第99番変ホ長調 Hob.I:99(録音時期:2011年5月26日、6月2日)

 ロンドン交響楽団
 サー・コリン・デイヴィス(指揮)

 録音場所:ロンドン、バービカン・ホール
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)
 プロデューサー:ジェイムズ・マリンソン
 エンジニア:ジョナサン・ストークス&ニール・ハッチンソン
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲第92、93、97、98、99番 コリン・デイヴィス&ロンドン響(2010、11)(2SACD)

SACD 輸入盤

交響曲第92、93、97、98、99番 コリン・デイヴィス&ロンドン響(2010、11)(2SACD)

ハイドン(1732-1809)

価格(税込) : ¥4,093
会員価格(税込) : ¥3,562
まとめ買い価格(税込) : ¥2,661

発売日:2014年07月16日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です