トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 声楽曲 > 特価 カラヤン/四季、ミサ・ソレムニス、ドイツ・レクィエム(5CD)

特価 カラヤン/四季、ミサ・ソレムニス、ドイツ・レクィエム(5CD) 名演奏家たちへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2015年7月15日 (水)

ヘルベルト・フォン・カラヤン
オフィシャル・リマスター・エディション
『四季』『ミサ・ソレムニス』『ドイツ・レクィエム』


1972年から1976年にかけておこなわれたEMIへのセッション録音から、ハイドンの『四季』、ベートーヴェンの『ミサ・ソレムニス』、ブラームスの『ドイツ・レクィエム』という演奏会用の宗教大作3曲を収録した5枚組ボックス。アナログ完成期の録音で、LP時代の音質は申し分ないものだっただけに、新たなリマスターによってさらなる音質向上も期待できます。

【四季】
1972年イエス・キリスト教会での録音。ロンドンで大きな編成による大作の演奏に刺激を受けた晩年のハイドンが書き上げた傑作オラトリオ『四季』に対して、カラヤンは20世紀型大編成演奏で臨み、起伏の大きな演奏を聴かせます。
 畑仕事の場面での『驚愕』交響曲のユーモラスな引用から、鉄砲が炸裂する狩の場面、ダイナミックなフーガに、賑やかに盛り上がるワイン祭りの場面にいたるまで、ハイドンが神に自然に感謝するさまが伝わってくるかのようなこの作品の持ち味を壮大なスケールで聴かせます。ヤノヴィッツらの洗練された歌唱、ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団の表情豊かな合唱も聴きものです。

【ミサ・ソレムニス】
1974年フィルハーモニーザールでの録音。この作品を得意としたカラヤンには数多くの録音が遺されていますが、最も耽美的な演奏と言われるのがこの74年盤です。オーケストラの馬力のある表現はクレードやグローリア、アニュス・デイを聴きごたえあるものとしていますし、合唱ヴァージョンを採用したサンクトゥスでのウィーン楽友協会合唱団の陶然とするばかりの歌唱も立派。続くベネディクトゥスではコンサートマスターのブランディスがとろけそうに美しいヴァイオリン・ソロを聴かせてくれるのも最高です。
 ちなみにこの録音、これまでの海外盤CDのリマスターは、LP時代のサウンドとはだいぶ傾向が違って冴えなかったので、今回の原点回帰リマスターは期待されるところです。

【ドイツ・レクィエム】
1976年フィルハーモニーザールでの録音。ミサ・ソレムニスと同傾向のサウンドで、大編成によるドイツ・レクィエムならではの劇的な盛り上がりを楽しめる演奏に仕上がっています。ミサソレと同じくこれまでの海外盤CDのリマスターは、LP時代のサウンドとはだいぶ傾向が違って冴えなかったので、今回の原点回帰リマスターは期待されます。

【カラヤン・オフィシャル・リマスター・エディション】
没後25周年記念企画。カラヤンがEMIで制作した音源を、アビー・ロード・スタジオでオリジナル・マスターテープから新たに24bit/96kHzリマスターしたシリーズ。初登場となる音源も含まれる注目の大規模企画で、全部で13の限定ボックスをリリース。(HMV)

【新リマスター】
ヘルベルト・フォン・カラヤン没後25年記念盤のリリースに向け、4人のエンジニアがロンドンのアビー・ロード・スタジオで、オリジナル・アナログ音源を収録した歴史的EMIレコーディングを新たにリマスターしました。サイモン・ギブソン、イアン・ジョーンズ、アンディ・ウォルター、アラン・ラムゼイは、EMIやその他のレーベルのアーカイヴ録音を長年にわたってリマスターしてきたエンジニアです。
 作業に取り掛かるにあたり、常に最初におこなうことは、ロンドンのEMIアーカイヴに保管されているすべてのレコードやテープを探しだし、さまざまなソースやすでにCDとして発売された多数の音源と比較するということです。
 次に、録音セッションについてエンジニアやプロデューサーが書き残した録音に関する記録ファイルをひとつひとつ参照します。そうすることで、テープのセットが複数存在する理由がわかることもあります。
 1940年代から1980年代にかけて収録された録音は、78回転のSPレコード、モノラルやステレオのアナログテープ(1/4インチ)など多岐にわたります。すべてのテープが良い状態で保存されており、録音の特徴を再現できるよう入念に調整した上で、1/4インチ テープ用のStuder社製A80の機材で再生しました。
 今回のリマスタリングによって、オリジナルのスタジオ サウンドに、より近い音質を再現することができました。Prism社製ADA-8コンバーターを使用してアナログから96 KHz/24 bitに変換し、SADiE社製Digital Audio Workstationに取り込んでいます。
 1970年代のカラヤンの録音の中には、1インチ、8トラックのアナログテープによるものもありましたが、私たちはそれを2トラックのステレオマスターテープにリマスターしました。8トラックのアナログを新たにステレオ ミックスすることにより、オリジナルのマスターテープを使用したかのような優れたサウンドを実現しています。例えば、ワグナーの前奏曲や、クレーメルが協演したブラームスのヴァイオリン協奏曲をお聴きになってみてください。これらはすべて8トラックのオリジナルテープをリマスターしたものです。
 そして、リマスタリング作業の最後に、EMI独自のアナログEQ(TG12412とTG12414 トーンコントロールボックス)を使用し調整をおこないました。リスナーの皆さまへ今までにないほど鮮明で繊細な音色をお届けいたします。(サイモン・ギブソン、2014年3月)

【収録情報】
Disc1〜2
・ハイドン:オラトリオ『四季』
 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(Sp)
 ヴェルナー・ホルヴェーク(T)
 ワルター・ベリー(Bs)
 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団
 録音:1972年

Disc3〜4
・ベートーヴェン:ミサ・ソレムニスOp.123
 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(Sp)
 アグネス・バルツァ(Ms)
 ペーター・シュライヤー(T)
 ホセ・ファン・ダム(Bs)
 ウィーン楽友協会合唱団

 録音:1974年

Disc5
・ブラームス:ドイツ・レクィエムOp.45
 アンナ・トモワ・シントウ(Sp)
 ホセ・ファン・ダム(Bs)
 ウィーン楽友協会合唱団
 録音:1976年

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

カラヤン・エディション/ハイドン:四季、ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス、ブラームス:ドイツ・レクィエム 1972〜1976(5CD)

CD 輸入盤

カラヤン・エディション/ハイドン:四季、ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス、ブラームス:ドイツ・レクィエム 1972〜1976(5CD)

カラヤン、ヘルベルト・フォン(1908-1989)

ユーザー評価 : 4.5点 (3件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥3,132
会員価格(税込) : ¥2,725
まとめ買い価格(税込) : ¥2,349

発売日:2014年06月28日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

参考ディスク

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です