トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > ヤンソンス&バイエルン/悲愴、ショスタコ6番

ヤンソンス&バイエルン/悲愴、ショスタコ6番 ショスタコーヴィチ・ニュースへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2014年4月17日 (木)

ショスタコーヴィチ:交響曲第6番、チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』
ヤンソンス/ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団(2013)


奇しくも同じ「ロ短調」という調性が付された2つの「第6番」の交響曲。書かれた年代は、ショスタコーヴィチが1939年、チャイコフスキーが1893年と、46年もの開きがあるものの、どちらの作品もメロディは深淵であり、至る所にため息が聴かれる闇を纏ったものです。ショスタコーヴィチの6番には、標題は付けられていないものの、第1楽章は重く暗く、また曲の終結部のチェレスタは神秘的かつ不気味なもの。かのバーンスタインも、この曲とチャイコフスキーの悲愴との共通点に目を付けていたことが知られています。当時の不安な世界情勢を反映した楽章ですが、第2楽章と第3楽章のからっとした明るさには、当時のショスタコーヴィチの皮肉な感情が込められていると言えるでしょう。かたや、チャイコフスキーの交響曲における副題「悲愴」は作曲家自身によるもので、曲自体の雰囲気が良く捉えられています。ヤンソンスの指揮は、この2つの曲の関連性を見事に引き出しつつ、どちらも決して重苦しさを引き摺ることなく、バイエルン放送響の実力を極限まで使って、極めて壮快に、かつ推進力ある音楽を引きだしています。どちらの作品も第1楽章が聴きもので、これまでなかったかのような「鮮やかな暗さ」を堪能できる名演です。(ナクソス)

【収録情報】
・ショスタコーヴィチ:交響曲第6番ロ短調Op.54
・チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調『悲愴』Op.74
 バイエルン放送交響楽団
 マリス・ヤンソンス(指揮)
 録音時期:2013年3月18-21日(ショスタコーヴィチ)/2013年6月4-7日(チャイコフスキー)
 録音場所:ミュンヘン,ヘラクレス・ザール(ショスタコーヴィチ)/ミュンヘン,フィルハーモニー・イム・ガスタイク(チャイコフスキー)
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

ショスタコーヴィチ:交響曲第6番、チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』 ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団(2013)

CD 輸入盤

ショスタコーヴィチ:交響曲第6番、チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』 ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団(2013)

チャイコフスキー(1840-1893)

ユーザー評価 : 5点 (3件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,797
会員価格(税込) : ¥2,434
まとめ買い価格(税込) : ¥1,819

発売日:2014年05月29日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ このアイコンの商品は、 厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ 対象商品です
3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です