トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > バレンボイムのエルガー交響曲第2番

バレンボイムのエルガー交響曲第2番

2014年4月17日 (木)


エルガー:交響曲第2番
バレンボイム&シュターツカペレ・ベルリン


若い頃にイギリスを拠点に生活していたバレンボイムは、バルビローリとの関わりもあってか、エルガーの作品には特別な親しみを感じていたようで、実演だけでなくレコーディングにも早くから取り組み、交響曲や管弦楽曲、協奏曲で成果を上げてもいました。
 今回、近年では珍しいセッション・レコーディングという形で取り組む壮大な交響曲第2番は、1972年にロンドン・フィルとSONYに録音していたので、41年ぶりの再録音ということになります。
 各楽章の演奏時間を見る限りでは大きな違いはありませんが、41年という長い年月がバレンボイムの作品解釈にどのような変化をもたらしたか、あるいはロンドン・フィルとシュターツカペレ・ベルリンの違いや、SONYとDGの録音の個性の違いといった要素がどのような変化をもたらしているかなど注目ポイントも多そうです。
 2012年にリリースされたエルガーのチェロ協奏曲(とカーターのチェロ協奏曲)がライヴ録音ながら音もなかなか良く、仕上がりも素晴らしいものだっただけに、今回の録音も期待されるところです。なお、交響曲第1番については来年録音予定ということです。(HMV)

【新旧演奏時間】
2013 18:28 + 14:01 + 8:01 + 15:32 = 56:02
1972 18:51 + 14:19 + 8:01 + 15:19 = 56:30

【収録情報】
・エルガー:交響曲第2番変ホ長調 op.63

 シュターツカペレ・ベルリン
 ダニエル・バレンボイム(指揮)

 録音時期:2013年10月28日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲第2番 バレンボイム&シュターツカペレ・ベルリン

CD 輸入盤

交響曲第2番 バレンボイム&シュターツカペレ・ベルリン

エルガー(1857-1934)

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,484
会員価格(税込) : ¥1,875
まとめ買い価格(税込) : ¥1,615

発売日:2014年05月13日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です