トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 古楽 > 鈴木雅明&BCJ/バッハ:世俗カンタータ第4弾!

鈴木雅明&BCJ/バッハ:世俗カンタータ第4弾! SACDニュースへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2014年4月13日 (日)

祝! 鈴木雅明&バッハ・コレギウム・ジャパン
第45回サントリー音楽賞受賞
BCJの最新アルバムは世俗カンタータの第4弾!


SACDハイブリッド盤。バッハの教会カンタータの全曲演奏・録音を達成したバッハ・コレギウム・ジャパン。また第45回サントリー音楽賞受賞でも話題となるなか、期待の最新アルバムは2013年7月に名古屋のしらかわホールで収録された、バッハの世俗カンタータ・シリーズの第4集です。
 『破れ、砕け、うち壊て』(鎮まりしアイオロス)は、ライプツィヒ大学の哲学講師アウグスト・フリードリヒ・ミュラーの命名日を祝って書かれた作品で、初演は1725年8月3日です。学芸の女神パラス、果樹の女神ポモナ、西風の神ゼピュロス、風の神アイオロス、そして「風ども」の演ずる音楽劇です。編成から見て戸外で演奏されたものと考えられています。
 『鳴り交わす絃の相和せる競いよ』は、ライプツィヒ大学の法学博士ゴットリープ・コルテの教授就任祝賀用として作曲され、初演は1726年12月とされています。歌詞の内容から察して、コルテを慕う、裕福な学生の依頼で作曲されたと言われております。曲は「幸福」「感謝」「勤勉」「名誉」という寓意的人物を中心に繰り広げられる音楽劇です。曲中にはブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調の第3楽章の改作も含まれており、華麗な協奏楽章が含まれるのも当作品の魅力のひとつと言えましょう。(キングインターナショナル)

【収録情報】
J.S.バッハ:世俗カンタータ 第4集
・『破れ、砕け、うち壊て(鎮まりしアイオロス)』 BWV.205
・『鳴り交わす絃の相和せる競いよ』 BWV.207

 ジョアン・ラン(ソプラノ)
 ロビン・ブレイズ(カウンターテナー)
 ヴォルフラム・ラトゥケ(テノール)
 ロデリック・ウィリアムズ(バス)
 バッハ・コレギウム・ジャパン
 鈴木雅明(指揮)

 録音時期:2013年7月
 録音場所:名古屋、しらかわホール
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

世俗カンタータ『破れ、砕け、うち壊て(鎮まりしアイオロス)』、他 鈴木雅明&バッハ・コレギウム・ジャパン

SACD 輸入盤

世俗カンタータ『破れ、砕け、うち壊て(鎮まりしアイオロス)』、他 鈴木雅明&バッハ・コレギウム・ジャパン

バッハ(1685-1750)

価格(税込) : ¥3,121
会員価格(税込) : ¥2,716
まとめ買い価格(税込) : ¥2,029

発売日:2014年05月27日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です