トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > リントゥのトゥーランガリーラ交響曲がSACDで登場!

リントゥのトゥーランガリーラ交響曲がSACDで登場! SACDニュースへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2014年4月12日 (土)

メシアン:トゥーランガリーラ交響曲
ハンヌ・リントゥ&フィンランド放送交響楽団
ヒューイット、アールマン=クラヴリー


クーセヴィツキーに作曲を委嘱され、バーンスタイン指揮ボストン響が初演したメシアンの『トゥーランガリーラ交響曲』は、20世紀中盤の作品としては親しみやすいこともあってか、かつてN響アワーの開始音楽としても使用された人気作品でもあります。
 にぎやかなオーケストレーションの施された交響詩のようなこの音楽では、大編成のオーケストラに加えて、ピアノと不思議な音のオンド・マルトノも大活躍。オーディオ的にも聴きごたえのある作品だけに新たな録音のSACDでの登場は歓迎されるところです。
 指揮はフィンランドのハンヌ・リントゥ。震災直後にも来日してダイナミックな指揮をしていたリントゥは、幅広いレパートリーの持ち主ですが、これまでのレコーディングは、リゲティやエネスコなど近現代音楽が中心でした。今回も20世紀作品ということになりますが、解釈や録音による変化の違いが楽しめる場面も多い名曲だけに、仕上がりに期待のかかるところです。
 オーケストラは、現在、リントゥが首席指揮者を務めるフィンランド放送交響楽団。ピアノにイギリスのアンジェラ・ヒューイット、オンド・マルトノにフランスのヴァレリー・アールマン=クラヴリーという国際的女性奏者をゲストを迎えての注目盤の登場です。(HMV)

【収録情報】
・メシアン:トゥーランガリーラ交響曲

 第1楽章:序章 (Introduction)
 第2楽章:愛の歌1 (Chant d'Amour 1)
 第3楽章:トゥーランガリーラ1 (Turangalila 1)
 第4楽章:愛の歌2 (Chant d'Amour 2)
 第5楽章:星たちの血の喜悦 (Joie du Sang des Etoiles)
 第6楽章:愛のまどろみの庭 (Jardin du Sommeil d'Amour)
 第7楽章:トゥーランガリーラ2 (Turangalila 2)
 第8楽章:愛の敷衍 (Developpement d'Amour)
 第9楽章:トゥーランガリーラ3 (Turangalila 3)
 第10楽章:終曲 (Final)

 アンジェラ・ヒューイット(ピアノ)
 ヴァレリー・アールマン=クラヴリー(オンド・マルトノ)
 フィンランド放送交響楽団
 ハンヌ・リントゥ(指揮)

 SACD Hybrid
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

トゥーランガリーラ交響曲 リントゥ&フィンランド放送響、ヒューイット、アルトマン=クラヴリー

SACD 輸入盤

トゥーランガリーラ交響曲 リントゥ&フィンランド放送響、ヒューイット、アルトマン=クラヴリー

メシアン、オリヴィエ(1908-1992)

価格(税込) : ¥2,797
会員価格(税込) : ¥2,434

発売日:2014年06月24日
メーカー取り寄せ

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item