トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ロック > UK/インディ > ジャック・ホワイト、待望のソロ第二弾!全米1位獲得!

ジャック・ホワイト、待望のソロ第二弾!全米1位獲得!

2014年6月19日 (木)



6月ニュー・アルバム発売のジャック・ホワイト、最新シングル「ラザレット」のPVも公開!


6月11日に、ソロ名義としては二作目となるアルバム『ラザレット』をリリースしたジャック・ホワイトが、全米ビルボード・チャートで1位を獲得し、これによりソロ名義では二作連続での全米1位を記録。
更に、“ウルトラLP”と称された今作のアナログ盤は、1991年にサウンドスキャンが統計を開始して以来の、最高初週セールスを記録した。
ザ・ホワイト・ストライプスでの活動をはじめ、様々なアーティストとの競演なども経て、20世紀のロックンロール・リヴァイヴァル・ムーヴメントを牽引するミュージシャンの一人と称されてきたジャック・ホワイト。2011年にザ・ホワイト・ストライプスの解散を突如発表した後、翌年には初のソロ名義アルバム『ブランダーバス』をリリースし、自身初の全米1位を獲得。それ以来約2年振りとなる新作『ラザレット』が、いよいよ本日6月11日にリリースとなる。
先日公開されたリード・シングル「ラザレット」の衝撃的なミュージック・ビデオも話題沸騰中の中、発売直前の6月6日〜8日にニューヨークのランデール島で開催されたガバナーズ・ボール・フェスティバルで、二日目のヘッドライナーを堂々と務め、圧巻のパフォーマンスを披露した。

(以下松永尚久氏によるライヴレポート)

摩天楼をバックにしたステージ上が青の照明に照らされるなか、花柄のシャツにサスペンダーを付けた黒のパンツという衣装であらわれたジャック。ショーをおこなうごとに、個性的なバンド・メンバーを従え話題となっている彼だが、今回は女性ストリングス、黒人の男性ドラマーとキーボーディスト、白人の男性ベーシストに、テルミンなどさまざまなアナログ楽器を担当する男性という6人編成。彼らと冒頭からこれまで以上にキレ味の鋭い10分にわたる白熱のセッションを繰り広げ、会場を埋め尽くした観客を魅了させていた。そんななか、2曲目に早くも最新アルバムのタイトル・トラックである「ラザレット」をパフォーマンス。すでにそのエモーショナルなサウンドが話題になっているナンバーゆえに、イントロの重低音ギター・リフが流れた瞬間から熱狂の渦が巻き起こる。ニューヨーカーの間ではアンセムになっている印象だ。それに呼応するように、ジャックのシャウトもキレが増していて、ライヴという空間だからこそ巻き起こる刺激を改めて噛み締めることができた。以降も、最新作からの楽曲を多数披露。どの楽曲も、ライヴ映えのするスリリングな展開で、アルバムをじっくり聴いてステージを体感したら、さらなる興奮が味わえるような気がした。

 また最新の楽曲ばかりでなく、ザ・ホワイト・ストライプスやラカンターズの楽曲もアレンジを変更してパフォーマンス(ピアノの弾き語りや、女性ストリングス奏者とのデュエットも)。どの曲も、よりブルースなどアメリカン・ルーツ音楽に根ざしたサウンドに進化していて、今の彼の音楽性をうかがわせるものになっていた。  アンコールで「セヴン・ネーション・アーミー」を披露すると、観客があのギター・リフを熱唱、それをバックにジャックが歌うというユニークな展開もあった90分に及ぶステージ。日々さまざまな文化が行き交うNYの街が、この瞬間だけロック一色に染まった気がする。

「Lazaretto」ミュージック・ビデオ

今まで様々なビッグ・アーティストとの競演を果たし、映画への出演やサウンドトラックなども手掛けたほか、2009年には自身のレーベル“サード・マン・レコーズ”を設立し、アナログ盤レコード産業において革新的なビジネスを生み出すなど、プレイヤーとしてのみならず、経営者としても現代のロック・シーンを担う人物であるジャック。

前作『ブランダーバス』リリース以降も、ベックとのスプリット・シングルの発表やデッド・ウェザーの新曲公開、今年リリースされる予定の二―ル・ヤングのアルバムにも参加しているなどのニュースが続いていた中での、全世界のロック・ファンが待ち望んでいたセカンド・アルバム完成となった。
ジャックは今夏、ボナルー・フェスティバルのヘッドライナーとしての出演を始め、北米各地のフェス出演も決定している。

17年のキャリアを誇りながらも、全く勢い落とすことなくスケールを増していくジャック・ホワイト。ソロ第二章となるニュー・アルバムは、今年最も重要なアルバムの一枚になるに違いない。

【『ラザレット』収録曲】
01. Three Women
02. Lazaretto
03. Temporary Ground
04. Would You Fight For My Love?
05. High Ball Stepper
06. Just One Drink
07. Alone In My Home
08. Entitlement
09. That Black Bat Licorice
10. I Think I Found The Culprit
11. Want And Able

(メーカー・インフォメーションより)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

Lazaretto

CD 輸入盤

Lazaretto

Jack White

ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥2,376
会員価格(税込) : ¥1,677
まとめ買い価格(税込) : ¥1,521

発売日:2014年06月10日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

Lazaretto

CD

Lazaretto

Jack White

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,376
会員価格(税込) : ¥2,186

発売日:2014年06月11日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

ファーストアルバム

Blunderbuss

CD 輸入盤

Blunderbuss

Jack White

ユーザー評価 : 4.5点 (2件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,376
会員価格(税込) : ¥1,677
まとめ買い価格(税込) : ¥1,521

発売日:2012年04月24日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%