トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 古楽 > パイプ・オルガンによる平均律クラヴィーア曲集

パイプ・オルガンによる平均律クラヴィーア曲集

2014年3月25日 (火)


バッハ:平均律クラヴィーア曲集全曲(4CD)
フレデリク・デザンクロ(オルガン)


バッハの平均律には楽器指定が無いため、ピアノ単独、チェンバロ単独での主流派演奏のほか、クラヴィコードでの演奏や、ピアノとチェンバロ、オルガン、フォルテピアノなどを弾き分けた演奏までさまざまな録音がおこなわれてきました。背景には、長大な曲集を多彩な音色で表現しようという意図があるものとも思われますが、そうした趣旨にふさわしいものとしては、数多くのストップを備えたパイプ・オルガンによる演奏が挙げられます。
 たとえば、フランスのオルガニスト、ルイ・ティリによる演奏は、冒頭の前奏曲第1番での色彩的で軽快な演奏から新鮮で、速めのテンポで繰り出されるアルペッジョでは、多彩なストップを備えたオルガンならではの美しさを聴かせる一方、一部のフーガなどではペダル鍵盤も駆使した荘厳な響きをつくりだして圧倒的な存在感を示してもいました。  しかし、そのティリー盤は廃盤になって久しいため、同じくフランスのオルガニストによる全曲盤の登場は非常に歓迎されるところです。
 演奏のフレデリク・デザンクロは、1961年に音楽一家に生まれており、アンドレ・イゾワールとガストン・リテーズに師事して腕を磨き、各種コンクールで賞を得た後、今ではフランス屈指のオルガニストとして知られる存在になっています。
 当アルバムの演奏は1998年から2001年にかけて録音されたもので、ティリ盤から四半世紀を経たものということで、音質面でも期待ができるところです。(HMV)

【収録情報】
J.S.バッハ:
・平均律クラヴィーア曲集第1巻 BWV.846-869
・平均律クラヴィーア曲集第2巻 BWV.870-893

 フレデリク・デザンクロ(オルガン)

 録音時期:1998-99年(第1巻)、2001年(第2巻)
 録音場所:
 Oud Katholieke Kerk de La Haye, Holland / l' Eglise Saint-Vincent, Lyon, France(第1巻)
 Saint-Etienne-de-Baigorry au Pays Basque, France / Kerk St-Maarten, Zaltbommel, Holland (第2巻)
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 原盤:仏Triton
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 (全2巻)〜オルガンによる全曲録音 フレデリック・デザンクロ

CD 輸入盤

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 (全2巻)〜オルガンによる全曲録音 フレデリック・デザンクロ

バッハ(1685-1750)

価格(税込) : ¥5,173
会員価格(税込) : ¥4,501
まとめ買い価格(税込) : ¥3,984

発売日:2014年04月30日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です