トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > クレツキのシベリウス2番、XRCD化

クレツキのシベリウス2番、XRCD化 名演奏家たちへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2014年3月21日 (金)

シベリウス交響曲第2番
クレツキ&フィルハーモニア管
ステレオ初期の名演奏のXRCD化!


パウル・クレツキがフィルハーモニア管弦楽団を指揮したシベリウスの交響曲第2番は、1955年にステレオでセッション録音されています。
 クレツキの芸風は、ドライで各楽器をよく鳴らすもので、ここでもデニス・ブレイン存命時のフィルハーモニア管弦楽団から魅力的な響きを引き出しています。
 ポーランド生まれの指揮者で作曲家のパウル・クレツキ[1900-1973]は、若い頃にすでにフルトヴェングラーやトスカニーニ、アルフレート・アインシュタインなどから作曲家としての才能を絶賛されるほどの存在で、特にフルトヴェングラーとはプライヴェートでも親密な関係にあったようですが、ナチスの台頭によってイタリアに逃れることとなります。しかし、ファシスト政権下で強まる反ユダヤ主義的傾向に嫌気が差したクレツキは今度はソビエトに逃れますが、ここでもスターリンによる粛清の恐怖に苛まれ、結局は夫人の祖国でもあるスイスに落ち着きます。
 その間、アンチェル同様、ナチスによって両親や姉妹を虐殺されたクレツキは、深い打撃を受け、1942年以降は作曲をすることができず、指揮に専念することになったようです。以後は世界各地で活躍しますが、1973年、リヴァプール・フィルとのリハーサル中に倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまいます。

 クレツキのシベリウス第2番は、かつてPROFILEシリーズで発売されていたことがありますが、今回は、音質向上に定評のあるXRCD化ということで、マスターテープ・クオリティの音を期待したいところです。(HMV)


【収録情報】
シベリウス:
・交響曲第2番二長調 op.43

 フィルハーモニア管弦楽団
 パウル・クレツキ(指揮)

 録音時期:1955年6月15,16日
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

 原盤:EMI
 Produced by Walter Legge
 Engineered by Douglas Larter and Neville Boyling

 MASTERED IN 24-BIT, FROM THE ORIGINAL ANALOGUE MASTER TAPES
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲第2番 クレツキ&フィルハーモニア管弦楽団

CD

交響曲第2番 クレツキ&フィルハーモニア管弦楽団

シベリウス(1865-1957)

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥3,996
会員価格(税込) : ¥3,676
まとめ買い価格(税込) : ¥3,397

発売日:2014年04月05日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です