インタビュー : PERSONZ ジャパニーズ・ポップス・インタビューへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2014年3月13日 (木)

インタビュー : PERSONZ

結成30周年を迎えるPERSONZ。この30年、その歩みを止めることなく走り続けてきた彼らの、テイチク時代のアルバム7作品が再リリースされることに。インディーズ時代のLPを1枚にした『Romantic Revokution/POWER PASSION』から6thアルバム『MOVE』まで。彼らの、息遣いや勢いがそのまま詰まった作品への想いとその時代を、JILLと渡邉貢が振り返る。
取材・文/えびさわなち

--- 今回再発となる7作品について語っていただくわけですが、『Romantic Revolution』はどんなレコーディングだったんですか?

JILL:これと『POWER PASSION』はインディーズなんですけど、それまではいわゆる、東京でしかライブが出来ていなかったのを、広げるために、社長が、インディーズアルバムを作らないかって言ってきたから。そこでなんとか作ろうっていうお話になって、最初に『Romantic Revolution』というミニアルバムの4曲を作って、1曲オマケがついてたのかな、を作って。ソノシートか。おまけのヤツで『TV AGE』をつけたんですよね。もしかしたらこのレコードの方が、ファーストアルバムよりも「出来た」感が強いですね。LPで山積みになっているのを見て、小躍りしたなって、いまだに憶えてますから。当時は曲もあまりなかったから、ライブでやってた曲を収録したんだったのかな?

渡邉:どうだったかなぁ…。書き下ろしはなかったかな。

JILL:『DEAR FRIENDS』はもうやってたしね。ライブでやっていた曲を散りばめて。流れも何も関係なく収録した感じでしたね。

--- 『POWER PASSION』はインディーズチャート1位にもなっているので名前を知られるようになったきっかけでもあるんでしょうか?

JILL:広がりましたね。それでツアーも出来て。博多まで行けたのもこれが最初だったのかな。

--- その後、メジャーアルバム『PERSONZ』発売。インディーズのレコーディングとメジャーのレコーディングとでは違いはあったんですか?

JILL:もっとあるかと思ったら、もっと大変だった(笑)。まだその頃、バンドの規模も小さかったから、夜中に必ずレコーディングだったんですよ。一般の人たちが使い終わったあとの、12時から朝の5時までが使える時間なんだけど、若い頃だから乗り切れたけど、結構、続いたんですよね。

渡邉:広い部屋になったけどね。それと当時はコンビニがなかったから。夜中に何か買ってくるなんてできなかった。メシする時間もなかったけど。あとセッティングも自分たちでやらなきゃいけなかったし、原状復帰で片付けもやらなきゃいけなかったからね。

JILL:でも一番記憶に残ってるレコーディングだな、と思いますね。

--- ライブの定番曲というイメージのあるアルバムですよね。

JILL:当時はもう、ここの曲しかライブでやる曲がなかったですからね。この年に2枚の作品を出しているんですけど、次の『MODERN BOOGIE』と『NO MORE TEARS』も出すまでに1年開いてないですよね。だからこの頃はかなり矢継ぎ早に曲を作りなさいって言われてました。

渡邉:『MODERN BOOGIE』からが完全に書き下ろしなアルバムですよね。それまではレコーディングの前にライブでやってきていた曲でもあったので。

--- 書き下ろしがあったからなのか。非常に統一感のあるアルバムな印象があります。

JILL:そうね。『BE HAPPY』のような、当時は斬新な曲もありましたしね。シーケンスを使った曲だったりとか。それまではビートも、いっせーのせ、でバーっと鳴らすことが多かったのが、バリエーションが増えましたよね。このアルバムが出来て、ライブでやれる曲が増えたんですよね。それでまた色々と出来るようになってきたところで、『NO MORE TEARS』では「どうかね?TDを海外でやってみないかね」って言われて。「行く!行く!」って即答でしたね。

--- 海外でのTDで作った『NO MORE TEARS』の制作はどんな思い出がありますか?

JILL:でもこのアルバムには『DEAR FRIENDS』が入るってことが決まっていたから、核がハッキリしている大きな存在の曲があるからこそ、ほかにも大きな曲を作らなきゃいけないよねって言う意思がはっきりしていたような気がします。この時に海外でTDをやって、向こうで見たり聞いたりしたことがものすごくその後に生きる経験になったんですよね。だからこそ全部、レコーディングもやりたいって言って、『DERAMERS ONLY』は全部向こうに行くことになったから。非常にこの頃はバンドとして貪欲だったんでしょうね。

--- どう違ったんですか?海外と日本とでは。

JILL:う〜ん…。結構、エンジニアさんを選んだんですよ。ロジャーに辿り着くまでに。リストを見て、誰の作品を手掛けてるか、とか。どういう音作りを好むのか、とか。ただ音を聴くとパワー感が違うし、声とかもダイナミックに聴こえるというか。それと大きな存在感の曲が多かったので、それは良かったなぁって感じていましたけどね。

--- そうして完成した『DREAMERS ONLY』も名曲揃いですよね。

JILL:今もライブでやっている曲が多いですよね。レコーディングだけでなく、ライブのリハもPVの撮影も向こうでやってきたり、音楽漬けの生活だったのはすごくいい経験になりましたね。

--- このアルバムで日本武道館2daysも敢行。

JILL:当時のことはあまり憶えてないんですよ。武道館に立てるというのは本当に嬉しかったんです。わたし自身はエアロスミスの武道館のステージを見て、バンドをやろうと思った、自分もあそこに立とうと思ったことがきっかけでしたし。あそこは大きいんだけど、すり鉢感があって、お客さんとの距離が近い感覚があるんですよね。でもそのときは無我夢中でしたからね。

--- この『DREAMERS ONLY』を冠したツアーの最中に、次のアルバム『PRECIOUS?』がリリースとなります。

JILL:これはアバコスタジオっていう日本のスタジオでレコーディングをしたんですけど、これもツラかった…。

渡邉:このときはエンジニアのロジャーを日本に呼んでやってみたんですけど。

JILL:この頃はみんな行き詰ってた頃だよね。『PRECIOUS?』は特に。『DREAMERS ONLY』までが一気にきたから、次はどんな作品にしよう、とか、世界観にしようとかって言うアイディアも枯渇してたというか。要求されているものも、別に言われないんだけど、『DEAR FRIENDS』みたいなものを、とか。『7COLORS』みたいなものをって言われているような感覚だったから胃薬が手離せなかったですしね。

--- それでも『PRECIOUS?』とつけられたのはなぜ?

JILL:このときは湾岸戦争があった年だったのかな、ちょうど。これを作っている最中にそれがあって、なんとなくきな臭い感じはあったし、時代は景気がいいんだけど、これでいいのかなぁみたいなものがなんとなく頭をよぎっていたのは憶えてますね。このアルバムは曲にもバリエーションを作らなきゃいけなかったんだけど、歌詞もそういうのがあったかもしれない。違う目線を作らなきゃって。まぁ、曲が13曲もあればひとりで歌詞を書いているので大変でしたよね。でも『NO MORE TEARS』、『DREAMERS ONLY』、『PRECIOUS?』の3枚はPERSONZの土台になっているアルバムですよね。

--- そして『MOVE』へ。

JILL:バンドとしてもここまで一気に突っ走ってきて、なんか疑問を持ったりもしているし、このままいくかどうかはわからないっていうのがあったんだろうなぁ。でも実際に今も核になっているのはこの時代のものだなぁ、と改めて感じますね。

--- このアルバムのツアーのあと本田毅さんが脱退。

JILL:大転機になりましたよね。うん。ここまでが前半での、オリジナルメンバーでの活動ですよね。後半でまた一緒にやることにはなるんだけど。だからここで解散していると思っているリスナーもいるんじゃないかと思いますね。でもデビューが87年で、ここまで来るのに大した年月は掛かってないと思います。『MOVE』のツアーが終わるのが、92年とかですよね。あっという間でしたね。

--- 今回初期作品7枚が再発。最後にその7枚を聴いてくれる方へメッセージを。

JILL:今回再発されるアルバムに収録されている曲を今もライブでやっていますし、やっていて時代感がないんですよ。昔の、80年代なんだけど、すごく古いねと思わないし、変わらなく聴こえるのがいいし、何十年ぶりかにリスナーさんが来てくれたときに、やっぱりライブで繋がれるし。それをただただやるんじゃなくて、バンドの中でアレンジを加えていったり、もっと楽しめるようにしたりするのも楽しいかなぁ。やっぱりこの時代のアルバムを、実家に置いてきちゃってもう聴けないんです、とか。見当たらなくなっちゃったんです、とか言って下さる方も多いので、こういう形で聴いてもらえるのは嬉しい機会ですね。ぜひ聴いて頂きたいです。


☆★☆「the music & movie master」も必見!☆★☆

HMV店頭にて配布中のフリーペーパーでは、別内容のインタビューを掲載中!ぜひこちらもご覧ください。
PERSONZ

結成30周年を記念しBAIDISレーベルからリリースされた初期名盤7タイトルが、HMV限定発売で登場!
この発売を記念して、フリー・ライブ&サイン会を実施!

【日程】4月12日(土)
【時間】15:00〜
【会場】 イオンモール高崎  専門店街1階セントラルコート

【日程】4月26日(土)
【時間】16:00〜
【会場】 イオンモール船橋  イオンバンク前

【日程】5月3日(土・祝)
【時間】15:00〜
【会場】 イオンモール成田  1F ガーデンコート

【サイン会参加方法】
・イベント対象店舗、またはイベント当日のCD売り場にて、3/26(水)発売 『NO MORE TEARS』など対象商品7タイトルいずれかをお買い上げの方に先着でサイン券を差し上げます。
・このサイン券をお持ちの方はミニ・ライブ終了後のサイン会にご参加頂けます。
・サイン券1枚につきサイン会に1回ご参加頂けます。
・なおサイン券の枚数分のCDにサインさせて頂きます。
・サインはCDジャケットにさせていただきますので、予めご了承願います。
・事前にご購入された方は、当日CDお持ち下さい
・入場整理番号の配布はありません。

BEAT AGAIN

『BEAT AGAIN』シリーズ始動!想い出のビート、再び!
かつて音楽ファンを魅了しながら現在では入手が難しいロックバンドたちの名盤・名曲を現代に蘇らせるべく発足したHMVの「BEAT AGAIN」シリーズ!
KATZE、UP-BEAT、マルコシアス バンプ、REACTIONに続いて、第三弾として、今年で結成30周年!!!PERSONZが決定!!
☆★☆ 高音質SHM CDで復刻!!! ☆★☆


動画コメント到着!



★☆★【HMV企画・BEAT AGAIN第三弾!】PERSONZ 7タイトル限定復刻★☆★

PERSONZ

『PERSONZ』

初SHM-CD化!メジャー移籍1枚目のオリジナルアルバム。
オリジナル・リリース:1987年9月21日


MODERN BOOGIE

『MODERN BOOGIE』

初SHM-CD化!2ndオリジナルアルバム。2ndシングル「BE HAPPY」と3rdシングル「CAN'T STOP THE LOVE」を収録。
オリジナル・リリース:1988年7月21日


NO MORE TEARS

『NO MORE TEARS』

初SHM-CD化!オリコン週間アルバムチャートで初登場第2位を獲得したPERSONZの3rdアルバム。ドラマ「ママハハ・ブギ」(TBS)の主題歌「DEAR FRIENDS」やヒット曲「7COLORS(Over The rainbow)」を収録。
オリジナル・リリース:1989年3月14日


DREAMERS ONLY

『DREAMERS ONLY』

初SHM-CD化!オリコン週間アルバムチャートで初登場第1位を獲得した4thアルバム。6thシングル「Fallin' Angel〜嘆きの天使〜」を収録。
オリジナル・リリース:1989年12月6日


PRECIOUS?

『PRECIOUS?』

初SHM-CD化!オリコン週間アルバムチャートで初登場3位を獲得した5thアルバム。
オリジナル・リリース:1990年11月30日


MOVE

『MOVE』

初SHM-CD化!6thアルバム。7thシングル「True Love(涙にぬれて…)」を収録。
オリジナル・リリース:1991年12月4日


Romantic Revolution/POWER-PASSION

『Romantic Revolution/POWER-PASSION』

初SHM-CD化!インディース時代にリリースした『Romantic Revolution』 と『POWER-PASSION』の2枚のミニアルバムをCD化したアルバム。大ヒットシングル「DEAR FRIENDS」のオリジナル版が収録されている。
オリジナル・リリース:1992年12月16日



【BEAT AGAIN第二弾】UP-BEAT、マルコシアス バンプ、REACTION!

【HMV企画・BEAT AGAIN第二弾!】UP-BEAT、マルコシアス バンプ、REACTION!!
UP-BEAT、マルコシアス バンプ、REACTIONの3バンドのベストアルバムがLoppi・HMV限定で発売決定!!

【BEAT AGAIN第一弾】KATZE 6タイトル限定復刻!!

【HMV企画・BEAT AGAIN第一弾!】KATZE 6タイトル限定復刻決定!!
入手困難だったKATZEのオリジナル・アルバムと初DVD化のライブ映像がHMV企画「BEAT AGAIN」よりリリース決定!

Twitter【 最新J-POP情報つぶやき中! HMV J-POP Twitter!】
HMVの邦楽バイヤーによる、邦楽専門アカウントです。独自の視点でオススメ作品をご紹介!特集・連載企画などもバシバシUpしていきますよ。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

PERSONZ 7タイトル限定復刻!

3/26(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です

フィーチャー商品

  • 渋谷公会堂20131026

    DVD

    渋谷公会堂20131026

    PERSONZ

    価格(税込) : ¥5,143
    まとめ買い価格(税込) : ¥4,372

    発売日:2014年02月26日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ このアイコンの商品は、 厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ 対象商品です

BEAT AGAIN第二弾!

  • THE BEST 【Loppi・HMV限定】

    SHM-CD 限定盤

    THE BEST 【Loppi・HMV限定】

    UP-BEAT

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484

    発売日:2014年02月19日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • THE BEST 【Loppi・HMV限定】

    SHM-CD 限定盤

    THE BEST 【Loppi・HMV限定】

    マルコシアス・バンプ

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484

    発売日:2014年02月19日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • THE BEST 【Loppi・HMV限定】

    SHM-CD 限定盤

    THE BEST 【Loppi・HMV限定】

    REACTION

    ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484

    発売日:2014年02月19日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

BEAT AGAIN第一弾!


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • BLIND 【Loppi・HMV限定】

    SHM-CD 限定盤

    BLIND 【Loppi・HMV限定】

    KATZE

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,214

    発売日:2013年12月31日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • STAY FREE 【Loppi・HMV限定】

    SHM-CD 限定盤

    STAY FREE 【Loppi・HMV限定】

    KATZE

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,214

    発売日:2013年12月31日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Good Times Bad Times 【Loppi・HMV限定】

    SHM-CD 限定盤

    Good Times Bad Times 【Loppi・HMV限定】

    KATZE

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,214

    発売日:2013年12月31日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • LOVE IS HERE 【Loppi・HMV限定】

    SHM-CD 限定盤

    LOVE IS HERE 【Loppi・HMV限定】

    KATZE

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,214

    発売日:2013年12月31日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • GOD SAVE THE ROCK’N ROLL 【Loppi・HMV限定】

    SHM-CD 限定盤

    GOD SAVE THE ROCK’N ROLL 【Loppi・HMV限定】

    KATZE

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,214

    発売日:2013年12月31日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • GOD SAVE THE ROCK’N ROLL (DVD)【Loppi・HMV限定】

    DVD 限定盤

    GOD SAVE THE ROCK’N ROLL (DVD)【Loppi・HMV限定】

    KATZE

    価格(税込) : ¥6,048

    発売日:2013年12月31日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

3/26(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です