トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > オペラ > 兄シュペリングの『アウリスのイフィゲニア』(ワーグナー改訂版)

兄シュペリングの『アウリスのイフィゲニア』(ワーグナー改訂版)

2014年2月24日 (月)

グルック:『アウリスのイフィゲニア』(ワーグナー改訂版)
ニールンド、エルスナー、他
クリストフ・シュペリング指揮ダス・ノイエ・オルケスター


クリストフ・シュペリング[1959- ]は、弟のアンドレアス[1966- ]と共に、ドイツを中心に古楽系指揮者として活躍しています。  今回リリースされるグルックの『アウリスのイフィゲニア』は壮大な序曲でも知られるオペラです。
 「オペラ改革」で知られるグルック[1714-1787]の作品は、E.T.A.ホフマンを通じてその思想である「神話的題材を使う作劇法」に触れたワーグナーに大きな影響を与えています。円熟期に書かれた『アウリスのイフィゲニア』は、新様式を模索するグルックの意欲作で、その壮大で美しい序曲は特に有名。初演されたのは1774年のパリであり翌年には改訂、テキストはフランス語、タイトルも『オーリードのイフィジェニー』というものでした。
 ワーグナーがこの作品に接したのは、それから70年以上を経てのことで、ドレスデンでオペラの指揮者として活躍していた時期に当たります。当時のワーグナーはすでに『タンホイザー』まで発表しており、その技量には高度なものがありましたが、ここでワーグナーがおこなったのは、ドイツ語ヴァージョンに仕立て、管弦楽の編曲など自身の作曲も加えるという改作でした。
 改作により、オリジナルのフランス語版とはまた違った魅力をもつことになった『アウリスのイフィゲニア』にはモダン楽器演奏のアイヒホルン盤などがありましたが、今回はオリジナル楽器での演奏と言うことで仕上がりが期待されます。
 さらに、余白には、ワーグナーが終結部分を書き足したヴァージョンの序曲も追加収録されているのも興味深いところです。(HMV)

【収録情報】
グルック:
・歌劇『アウリスのイフィゲニア』全曲(1847年、ワーグナー改訂版 WWV77)
・演奏会用序曲(1854年、ワーグナー編 WWV87)

 イフィゲニア:カミッラ・ニールンド(ソプラノ)
 クリュテムネストラ:ミケーレ・ブリート(メゾ・ソプラノ)
 アキレス:クリスティアン・エルスナー(テノール)
 アガメムノン:オリヴァー・ツヴァルク(バス)
 カルカス:ライムント・ノルテ(バス・バリトン)
 アルテミス:ミリアム・エンゲル(ソプラノ)
 パトロクロス:リヒャルト・ロギエヴァ(バリトン)
 アルカス:ティリオ・ダールマン(バス)
 コーラス・ムジクス・ケルン
 ダス・ノイエ・オルケスター
 クリストフ・シュペリング(指揮)

 録音時期:2013年4月3-10日
 録音場所:ケルン、ドイツ放送室内楽ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

『アウリスのイフィゲニア』ワーグナー改訂版全曲 シュペリング&ダス・ノイエ・オルケスター、ニールンド、エルスナー、他(2013 ステレオ)(2CD)

CD 輸入盤

『アウリスのイフィゲニア』ワーグナー改訂版全曲 シュペリング&ダス・ノイエ・オルケスター、ニールンド、エルスナー、他(2013 ステレオ)(2CD)

グルック (1714-1787)

価格(税込) : ¥3,877
会員価格(税込) : ¥3,374
まとめ買い価格(税込) : ¥2,521

発売日:2014年03月26日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です