トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 協奏曲 > ヘルムヘン/モーツァルト:ピアノ協27&15番

ヘルムヘン/モーツァルト:ピアノ協27&15番 SACDニュースへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2013年11月6日 (水)


モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番、第15番
ヘルムヘン、ニコリッチ&オランダ室内管弦楽団


ドイツのピアニスト、マーティン・ヘルムヘンによるモーツァルトのピアノ協奏曲集第2弾は同じ変ロ長調という調性の第15番と第27番の組み合わせ。どちらも現在はモーツァルトの傑作として親しまれているもので、特に第27番は澄み渡った美しさで人気があります。
 ヘルムヘンの演奏スタイルは、抜群のリズム感をベースに、優雅な繊細さからダイナミックな音楽まで縦横に弾き分けるもので、その表現力にはかなりの幅があります。
 共演のゴルダン・ニコリッチは、現在、ロンドン交響楽団のコンサート・マスターとオランダ室内管弦楽団のコンマス兼アーティスティック・リーダーを務めるセルビア出身のヴァイオリニスト兼指揮者です。

【マーティン・ヘルムヘン】
1982年ベルリン生まれ。6歳からピアノを習い始め、ハンス・アイスラー音楽大学のガリーナ・イワンゾーヴァに師事し、その後ハノーファー音楽・演劇大学でヴァルディの教えを受けます。
 2001年、クララ・ハスキル・コンクールでグランプリを獲得し、2004年、ヤング・アーティスト・オヴ・ザ・イヤー賞、2006年、『エコークラシック賞』の新進演奏家賞をそれぞれ受賞。
 ソリストとしての活動に加え、室内楽の活動にも熱心で、石坂団十郎、マリー=エリザベート・ヘッカー、ユリア・フィッシャー等20代の仲間と共演している。またギドン・クレーメル、クリスティアン・テツラフ、タベア・ツィンマーマン、ラルス・フォークトらとも共演を重ねています。
 CDは、ソニー、ベルリン・クラシックス、クラーヴェスからリリースされ、最近はペンタトーンでの制作が主体となっています。(HMV)

【収録情報】
モーツァルト:
・ピアノ協奏曲第15番変ロ長調 K.450
・ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595

 マーティン・ヘルムヘン(ピアノ)
 オランダ室内管弦楽団
 ゴルダン・ニコリッチ(指揮)

 録音時期:2013年1月
 録音場所:アムステルダム、NedPhO-Koepel
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

ピアノ協奏曲第27番、第15番 ヘルムヘン、ニコリッチ&オランダ室内管

SACD 輸入盤

ピアノ協奏曲第27番、第15番 ヘルムヘン、ニコリッチ&オランダ室内管

モーツァルト(1756-1791)

価格(税込) : ¥3,121
会員価格(税込) : ¥2,621
まとめ買い価格(税込) : ¥2,341

発売日:2013年12月24日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です